こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■令和最初の天皇誕生日に天皇誕生日の話
 本日、2/23 は祝日。天皇誕生日です。
 昨年(2019年) 5月には今上陛下は御即位なさって、令和という新元号に変わ
 りましたが、ご即位時点では既にその年の誕生日を過ぎておりましたので昨
 年は、「天皇誕生日」という祝日のない、寂しい年になってしまいましたの
 で、今年、令和二年の今日が令和最初の天皇誕生日となりました。

◇昔の天皇誕生日
 平成の時代の天皇誕生日は12/23。この辺はまだ記憶に新しいところですが
 その前はというと、「知りません」という世代も増えてきたことでしょう。
 平成の一つ前、昭和の時代の天皇誕生日は4/29。もちろん昭和天皇の誕生日
 です。

 4/29といえば、気候もよい時期であり、 5月のゴールデンウィークと時期が
 近かったので大型連休の一部となって、有り難い存在でした。
 そのためか、天皇誕生日でなくなった後も

  「みどりの日」→「昭和の日」

 と名前は変わりましたが、今でも祝日の一つとして残っています。

 「天皇誕生日」という呼び名は戦後に作られた「国民の祝日に関する法律」
 から使われるようになったもので、それ以前の帝国憲法時代の天皇誕生日は
 「天長節」とよばれていました。
 天長節の「天長」は、老子の第七章の

  天は長く地は久し(天長地久)。
  天地の能(よ)く長くかつ久しき所以のものは、
  その自ら生ぜざるを以てなり。

 からとられたそうです。
 天は永遠であり地はいつまでもある。天が永遠で地がいつまでもあるのは、
 自身の命を育てようとしないからであると云った意味でしょう。

 天皇の徳を天に例え天が永遠であるように、天皇の治世が末永く続くように
 という意味なのでしょう。明治以降は一世一元が原則となりましたから、天
 皇の治世が末永く続くということは、同時に天皇陛下の長寿を祝うことにも
 なります。

 ちなみに、もととなった老子の「天長地久」から、天皇陛下の誕生日を天長
 節と呼んだように、皇后陛下の誕生日は地久節と呼ばれました。

◇天皇誕生日(天長節)の日付の変遷
 明治以降の天皇誕生日(天長節)は、
  11/03 (明治時代)
   8/31 (大正時代)
   4/29 (昭和時代)
  12/23 (平成時代)
   2/23 (令和時代)
 となっています。

 さて、上記の天長節の中で、昭和時代の4/29日以外にも何となく見覚えがあ
 る日付がありますね。それは明治天皇の天長節、11/3。現在の「文化の日」
 の日付です。

 明治天皇の天長節は、「明治天皇の遺徳を仰ぐ」ということで昭和に入って
 から再び、「明治節」という祝日(昭和2年〜22年)となっていたなじみ深
 いものだったためか、名前は変わりましたが、現在も祝日となっています
 (日本国憲法の公布日というのが公の理由ですが)。

 脱線ついでですが、明治天皇の誕生日は、嘉永 5(1852)年 9月22日。
 11月 3日はこの日付を新暦に直したものです。

◇天長節にまつわる雑話
 天長節(天皇誕生日)に関係する話として思い出すのは、「天長節祝日」と
 いうちょっと変わった名前の祝日。
 これは、大正時代(ただし大正 3年から)限りの祝日でした。
 天長節祝日という祝日があったからといって「天長節」はなかったのかとい
 うわけではありません。天長節は天長節で、ちゃんと存在しています。

  天長節 8/31
  天長節祝日 10/31

 どちらが大正天皇の誕生日かと云えばこれは天長節。
 では天長節祝日は何かというと、病弱でいらした大正天皇が残暑の厳しい時
 期に天長節の各種式典を行うことを厭われたため、式典は寒暑の厳しくない
 時期に行うことにしたため、これが「天長節祝日」となったのでした。

 以上、天皇誕生日にまつわる、本日の曆のこぼれ話でした。
 取り留めの無い話で済みません(いつものことか)。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/02/23 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック