こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■奈良県の「山の日・川の日」
 今日は 7月の第 3月曜日。普通の年であれば「海の日」という祝日のはずの
 日でした。

 予定通りなら今週末には「オリンピック開会」で盛り上がっているはずだっ
 たのですが、それがなくなってしまった(現時点では延期か)のですが、そ
 の余波で特例的に日付が変更されてしまった祝日の「海の日」は戻ってこな
 かったので、平日になってしまっていました。例年通りなら今年の海の日は
 この祝日がまだ固定祝日だった時代に戻った年だったのですけどね。

 と今週の後半に移動してしまった海の日の話をひとしきりしたところで、や
 っとこさ表題の「山の日・川の日」の話に入ります。

◇海の無い県
 海洋国といわれる日本ですが、だからと言ってどこもかしこも「海」がある
 わけじゃありません。日本には海岸線を持たない、つまり海と接していない
 県も有ります。こうした、海岸線を持たない県を内陸県と呼ぶそうです。ち
 なみに、1都1道2府はみんな海岸線をもっているので、海岸線を持たないの
 は「県」のみです。

 さて、この内陸県はどことどこ? 地図帳を開いて探してみましょう。
 探した結果見つかった県は 8つ。

  栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県
  そして 奈良県

 奈良県だけ 2行目に分けて書いたのには理由が有ります。
 それは、奈良県だけ孤立した県だからです。

 8 つの内陸県のうち 1行目に書いた 7県はそれぞれが他の 6県のどれかと県
 境を接していて一続きになっているのですが、奈良県だけは、他の内陸県と
 は県境を接しておりません。
 さすが、「国のまほろば」と称えられた奈良。
 一人、孤高を保っている感じですね。

◇それはさておき、「山の日・川の日」
 海洋国日本には数少ない内陸県の中でも、孤高を保つ奈良県。
 その奈良県が、内陸県の誇りを賭け(←この部分は、かわうその勝手な思い
 込み)作ったのが

  山の日・川の日

 一般的な年であれば「海の日」になる7月の第3月曜日は奈良県にあっては
 「山の日・川の日」でも有るのです。

◇奈良県山の日・川の日条例
 この条例の制定は平成20年 7月11日。
 内容を知るために、その条例の一部を抜粋してみましょう。

 --------------------------------------
 奈良県山の日・川の日条例
 (目的)
 第一条
  この条例は、奈良の山と川が県民をはじめ奈良を訪れる人々にとって共
 通の貴重な財産であることにかんがみ・・・中略・・・奈良県山の日・川
 の日を設け、もって県民が誇りと愛着を持つことのできる奈良の美しい山
 と川をはぐくみ、次世代に引き継ぐことを目的とする。

 (奈良県山の日・川の日)
 第二条 奈良県山の日・川の日は、七月の第三月曜日とする。
  《奈良県条例第九号より抜粋》
 --------------------------------------

 日付を決めた第二条に、「七月の第三月曜日」とあることから、この山の日
 ・川の日は毎年、祝日の「海の日」と被ることになります(今年のような特
 例の年は除いて)。毎年、海の日がやってきたら、

  ああ、今日は「奈良県山の日・川の日」だったな

 と思い出して下さい。
 もちろん「海の日」もたいせつですから、海も山も川も分け隔てすることな
 く大切にして、この美しい国を守って行きましょう。
 ああ、目出度し目出度し。

◇しかし・・・
 さて目出度し目出度しと大団円を迎えた、日本全国の「海の日」と奈良県限
 定の「山の日・川の日」の話でしたが、現在は少々事情が複雑になっていま
 す。それは、この条例が出来た後に追加された祝日「山の日」の存在です。

 折角、海のない奈良県が海の日に対して「山の日・川の日」という記念日を
 条例まで制定して作ったというのに、その努力を無駄にするような無粋なま
 ねを何処かの国(おっと、日本だった)が行ってしまったのです。
 祝日としての「山の日」は2016年から。

 奈良県の作った「山の日・川の日」は祝日の「海の日」と同じく7月の第3月
 曜日ですから、新しい祝日「山の日」は奈良県の「山の日・川の日」と同じ
 日付となるわけはありません。となると新しく生まれた「山の日」は奈良県
 の「山の日」の発展形というわけではない、別系統の「山の日」。

 こうして別系統の「山の日」が登場して、しかもこちらは歴とした祝日とな
 ると、奈良県独自の「山の日・川の日」の存在意義は?

 海といえば山、「海の日」があれば「山の日」があってもよいかなと作られ
 たという気のする、意義のよくわからない後発の祝日「山の日」に名前を奪
 われてしまう(半分だけど)、「山の日・川の日」が可哀想。まったく無粋
 なまねをしたものです。そう思うのは祝日の「山の日」制定に批判的なかわ
 うその偏見かな?

 今年は、祝日の「海の日」「山の日」はオリンピック開催予定の余波で本来
 とは異なる日付になってしまいましたが、孤高の奈良県「山の日・川の日」
 の日付は変わらず、7月の第3月曜日。
 奈良県の皆さん、おめでとうございます。

 なお、今年の「山の日・川の日」は何をするのかなと奈良県のHPをのぞいて
 見たのですが・・・なんか、昨年からこの日についてのHPの更新が止まって
 しまっているようです。 どうしてしまったんでしょう。
 日刊☆こよみのページの話のタネのためにも、頑張って「山の日・川の日」

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/07/20 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック