こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■旧暦八月朔日・雑感
 今年2020年は今日、9/17から旧暦の八月の朔日にあたりますので、旧暦の八
 月や八月朔日にまつわる話を少々。

◇「八月大名」の話
 まずは目出度い話から。
 旧暦が使われていた時代には「八月大名」という言葉がありました。

 一年中、自然と向き合い、忙しい日々を過ごしている農家の人たちですが、
 この時期は丹精込めた稲たちも大きく育って、後は刈り入れを待つばかりと
 なり、ちょっと一息。骨休めして、後は怖い台風さえ来なければ万々歳。ま
 るで大名のように安楽な日が過ごせる(大名は大名で大変だったでしょうけ
 れどね)月でした。

 また、八月は農閑期となると云うことで、忙しい時期には行えない諸行事、
 法事や嫁取りなどが集中するという月でもありました。こうした行事には祝
 いの膳が並ぶわけですので、連日ご馳走がいただける、楽しい月であったこ
 とでしょう。

 こうして生まれた言葉が「八月大名」でした。

◇「二八月荒れ右衛門」の話
 目出度い話の後はちょっと心配な話。
 「二八月荒れ右衛門」の話です。

 二八月荒れ右衛門とは、旧暦の二月と八月は嵐の多い月だということから嵐
 への注意を喚起するために生まれた言葉です。旧暦の二月、八月はそれぞれ
 春分、秋分の時期の月で季節が大きく変わる時期、天候が荒れる日が多い月
 だったのでした。

 既に書いたとおり八月は収穫の月でしたが、同時に台風が来襲する月でもあ
 り、十分な備えをしておかないと、折角一年丹精した稲が収穫目前で駄目に
 なってしまうこともあったわけです。

 今でもこの季節には台風が日本に接近し、被害が発生する季節です
 今なら、気象衛星の情報などで、台風襲来の時期や、台風の経路などはある
 程度、事前に予測してそれに応じた対策もとれるようになりましたが、そん
 なものが無い時代には、風が強くなったなと思ったら翌日には立っているこ
 とも難しい強風豪雨となって、収穫前の稲をなぎ倒して行くといったことも
 あったことでしょう。そう考えると台風は、今の何倍も恐ろしい自然の災害
 だったのです。

 そういえば、嵐に注意すべき日とされた三大悪日、

  二百十日(8/31)・二百二十日(9/10)・八月朔(9/17)

 はみなこの時期に集中しています。三大悪日の一つ、「八月朔」は八月朔日
 の意味ですから、まさに旧暦八月の始まった今日も、三大悪日の一つだった
 わけです。

 出来ることなら、今年の旧暦八月は「二八月荒れ右衛門」はほどほどで、楽
 しい方の「八月大名」がいっぱいとなって欲しいところです。
 そうなってくれるといいですがね。どうでしょう?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/09/17 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック