こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■明日は「後の月見」
 本日の旧暦の九月十二日。明日は九月十三日。
 旧暦の九月十三日といえば、その夜の月は「後の月」と呼ばれる中秋の名月
 と並ぶ月見の月。もう一つの名月です。
 本日は、この九月十三夜の「後の月」にまつわる話を取り上げます。

◇後の月と月見
 お月見といえば、中秋の名月の月見がまず浮かびますが、九月十三夜の後の
 月も、月見の月として知られるもう一つの名月です。

 ちなみに、中秋の名月は「芋名月」と呼ばれるのに対して、後の月は「栗名
 月」と呼ばれます。
 どちらも、秋の実りに感謝するのは同じですが、芋の方が、栗より収穫時期
 が速いためかな?

 もっとも、こうした秋の実りの収穫時期による呼び名は、収穫時期が地域に
 よって異なる、名月の異称にもこれが影響して地域によっては他と異なった
 異称の例もあります。

 さてさて、名月といえばつきものなのが「お月見」。
 中秋の名月を祀り、これを鑑賞する月見の行事は中国にも同種の行事があり
 ます(というより、元々中国の中秋節の行事が日本に伝わったもの)が、そ
 の点では十三夜の月見は日本独特の風習ということが出来ます。

 後の月見の始まりについては宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞
 したこととも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦 919年)に開かれた観月
 の宴が風習化したものとも言われていますが、おそらくは先に十三夜の月を
 祀る月見行事があり、宇多法皇の話などは、後追いで作られたものではない
 かと私は考えています。

 そうとでも考えないと、なぜ宇多法皇がわざわざこの日に月見をして

  「無双の月」

 なんて評することになったのか、その辺の理由がわかりません(この辺りは
 勝手な推測ですが)。

◇両方見ないと縁起が悪い?片月見 
 東京近辺では、十五夜の月と十三夜の月は同じ庭で見るものとされ、別の所
 で見ることを「片月見(かたつきみ)」あるいは「片見月(かたみつき)」
 といって嫌ったそうです。私の生まれたところでは聞かない風習です。

 一説には、この慣習は江戸の遊里、吉原の客寄せの一環として生まれたと云
 うものがあります。中秋の名月の日を吉原で遊べば、片月見を避けるために
 は必然的に後の月の日も登楼しなければならないようになると言うわけです。

 これだけが本当に片月見の禁忌の原因かは疑わしいところもありますが、そ
 の影響もきっとあったろうとは考えられます。吉原ではどちらの月見の日も
 「紋日」という特別な日とされ、客達はいつも以上に気前のよいところを見
 せるために散財したとか。

  月宮殿へ二度のぼるいたい事 

 ちなみに「月宮殿」は吉原の別名。
 見栄を張る客達の懐は大分「痛い事」がわかります。

 さて、どうやら明日はよい天気となりそうですので後の月見をして、両夜の
 月を楽しむことにしようかな?
 仕事早く、終わったらの話ですけどね。

◇ちょっとオマケ
 地域によって違う名月の異称の件でちょっとふれた秋の収穫と月見の関係に
 ついてですが、月見には「収穫物への感謝の祭り」の性格があるため、同じ
 日本でも、農作物の収穫時期の差によって、中秋の名月と後の月の重みの度
 合いに違いがあるようです。日本の主要な作物である稲の収穫時期の遅い関
 東〜東北地方では、南方の地域よりも「後の月」が盛んであるようです。

 ちなみに後の月の時期でも収穫が終わらなかった、東北地方などでは後の月
 のさらに一月ほど後にやってくる「三の月」(十日夜の月)の行事が比較的
 盛んだったとか。三の月のころと云えば、もう初冬の時期ですが、現在より
 も、晩稲(おくて)と呼ばれる収穫時期の遅い稲が多く栽培されていた時代
 には、こんな時期まで米作りの作業が続いていたのですね。大変だ。

 なお、現代は月見の収穫祭的な意味が大分薄れてきているようなので、今後
 もこのような地域による月見の重みの違いはなくなってゆくかもしれないな
 と考えていますがどうでしょう?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/10/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック