こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■七五三(2020)
 今日、11/15 は、七五三の日として知られる日です。
 最近は11/15 に限らずにその前後の土日に七五三を祝うことが多くなってき
 ましたが、本日は日曜日。七五三の祝いには丁度よかったわけです。
 武漢肺炎騒ぎはまだ終息していないので、例年どおりとは行かないとは思い
 ますが、それでもきっと今日は各地の神社(と写真館)は七五三の祝いで、
 そこそこ賑わうことでしょう。

◇七五三の祝いは十一月の鬼宿日に
 11/15 が七五三の日となったのは江戸時代のこと。
 それまで七五三の祝いは「十一月の吉日を選んで行う」とされていたそうで
 す。これが「十一月十五日」に固定されるようになったのは江戸時代、三代
 将軍家光が後の五代将軍綱吉の袴着(はかまぎ)の儀式をこの日に行ったか
 らだと言われます。
 ちなみに、袴着の儀式と七五三の祝いの一つで、男児 5歳の祝いとされます。
 初めて袴という男子の公的な場での着衣を着けるというものです。

 将軍家の七五三がこの日となったのは、十一月十五日が「鬼宿日」と呼ばれ
 る吉日にあたっていたためです。

◇十一月十五日は鬼宿日?
 「鬼宿日」とは日の吉凶判断などに使われる日の二十八宿の一つで、二十八
 宿中の最良の日とされています。
 中国では星座のことを「星宿」といい、二十八宿は中国で「暦を作るため」
 に月の存在する位置を示す目印として選ばれた二十八の星座のことでした。

 ちなみに、鬼宿は現在の星座で言えばかに座、その中にあるプレセペ星団と
 いう散開星団を指すとされます。
 中国では「鬼」とは亡くなった人のこと(人が亡くなることを「鬼籍に入る」
 と言いますが、これはここから生まれた言葉です)。鬼宿という星宿にあた
 るプレセペ星団は沢山の星が集まっている天体で、肉眼で見ると小さな星々
 が集まってぼんやり輝いているように見えます。この青白くぼんやり輝いて
 いる様子が、亡くなった人のぼんやりした霊のように思えたから、この名が
 ついたのではないでしょうか。

 閑話休題
 さて、この二十八宿ですが、日の吉凶判断に使われる場合二十八宿とその変
 形である二十七宿の二つがあります。日本に暦が導入されてから江戸時代に
 改暦が為されるまでは、日本では二十七宿方式で暦に記載されたことから、
 二十七宿を「古法」などと呼ぶことがあります(暦の歴史からすれば、二十
 八宿方式の方が古いのですが)。

 先に書いた三代将軍家光の治世ではまだこの古法がつかわれておりました。
 古法では旧暦の暦月の一日が二十七宿のどれになるかが決まっています。
 十一月は一日が「斗宿」と決まっていてここから、

  一日・斗宿、二日・女宿、三日・虚宿、・・・、十五日・鬼宿、・・・

 という順に巡ります。毎年十一月一日が斗宿と決まっていますから、十一月
 十五日は毎年必ず二十八宿でもっとも目出度い鬼宿の日に当たります。この
 ため、将軍家の七五三の祝いにはこの十一月十五日が選ばれるようになりま
 した。
 なお、鬼宿の日が目出度いのは、お釈迦様の誕生日が鬼宿の日だったと信じ
 られているからだとか。

◇今年の鬼宿日は?
 今年(2020)の鬼宿日は

 ・二十八宿方式 11/13,12/11
 ・二十七宿方式 11/ 5,12/ 2
 ※日付はいずれも新暦

 二十七宿方式での鬼宿日として書いた12/2が、旧暦の十一月十五日にあたり
 ます。

 一週前の日曜日、近所の橋の上で、正装した親子とすれ違いました。男の子
 の手には千歳飴の包みが。七五三の宮参りの帰りだったようです。
 この日はもちろん鬼宿日ではありません。週末で両親ともそろって出かける
 と言うことで、都合のよい日を選んでお祝いしたのでしょう。

 伝統行事といっても、時代が変われば全てを昔どおりに行うなんて言うこと
 は出来ません。時代時代で少しずつ変化しながら形作られたものが伝統行事
 の今の姿なのですから。時代に合わせて姿は変わってゆくとしても、祝う心
 さえ残ってさえいればね。

 徐々に忘れられてゆくことに関しては、とりあえず「こよみのページ」辺り
 に、まとめて書き留めておきますから知りたくなったら見に来てください。
 と最後は体よく宣伝でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/11/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック