こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「バカヤローの日」に思う
 1953年(昭和28年)に当時の吉田茂首相が衆議院予算委員会の席で

  「バカヤロー」

 と発言したことが問題となり、これがきっかけで衆議院が解散にまで至って
 しまった、有名な「バカヤロー解散」のきっかけになった日です。

 経緯はよく知らなくても「バカヤロー解散」と呼ばれる衆議院の解散があっ
 たと言うことだけは知っているという方は大勢いらっしゃるのでは。確かに
 インパクトのある名前ですからね、バカヤロー解散って。

 さてさて「バカヤロー解散」なんていうと、なんだか大声で「バカヤロー」
 と叫んだかのような錯覚をしてしまいますが、事実はさにあらず。
 西村議員との質疑がつづき、その答弁後に吉田首相が自席に戻ろうとしたと
 きに「バカヤロー」と呟いただけです。

 この「バカヤロー」の呟きをたまたまマイクが拾ってしまったため、これが
 議会軽視の発言とされて懲罰動議が出され、やがて内閣不信任決議案が提出
 されるまでの騒動となりました。この内閣不信任決議案は可決され、この結
 果を受けて、吉田首相は衆議院を解散することになりました。

 口は禍の元と言います。
 吉田首相も、腹立ち紛れで呟いた「バカヤロー」の一言が禍の元となってし
 まいました。

 当時と今とでは、国会の雰囲気も違うかもしれませんが、近頃の国会の中継
 などを見ていると、確かに

  「バカヤロー」

 の一言くらいつぶやきたいようなつまらないやりとりが続くことが多いよう
 に感じます。予算委員会のような重要な委員会では、ほとんどの閣僚が議場
 に居並ぶことになりますが、その様子を見ている国民の一人としては、こん
 なやりとりのためにその場に座っているより、それぞれの所管する省庁で、
 しっかり指揮を執ってくれた方が、よっぽど国民のためになるんじゃないの
 かな・・・なんてね。

 昔と違って現在は、情報を双方向で共有することが容易に出来る様になって
 きましたから、国会のインターネット中継中に、視聴している国民の評価も
 リアルタイムに表示されるようなシステム、取り入れてくれないかな。

 こうした評価は、普通はGoodとBadの評価なんでしょうが、国会中継に関し
 ては、バカヤロー解散に敬意を表して、Bad ボタンじゃなくて

  「バカヤロー」ボタン

 なんかがいいんじゃない?
 だとしたら、Good ボタンは「ガンバレ」ボタンかな?

 そして、この評価結果が、その質問や答弁をした議員や大臣毎に記録されて
 一覧出来るようにするとか。こんな風に出来たら、国会中継に映りたいばか
 りに(?)、くだらない質問を長々と行う人も減るんじゃないかななんて。

 「バカヤロー」と言いたいのは、国民の方だぞ! ってね。
 しまった、妄想が膨らんで止まらない・・・。
 あまり続けると、読者からの「バカヤロー」の声が聞こえてきそうなので、
 本日はこの辺で。

 以上「バカヤローの日」の暦のこぼれ話でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2021/02/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック