こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■紅花栄う(七十二候)・雑感
 2021/5/26〜30は、二十四節気、小満の次候「紅花栄う」です。
 本日はもう、5/29なので少々遅れましたが、ひとまず期間内ということで、
 お許しください。

  紅花栄う (べにばな さかう)

 ここで登場する「紅花(ベニバナ)」は紅の染料となることや、最近ではそ
 の種子から得られる食用油(紅花油)で知られ花の名前です。紅花という名
 前から

  赤い(紅色の)花?

 と思う方もいるようですが、花の色は黄色がかったオレンジ色。紅色の花で
 はありません。原産地は東アフリカだとも、北部アジアとも言われますが、
 原種は定かでは有りません。

 この花から、見事な紅色の染料が得られることは古くから知られており、日
 本には古墳時代には既に紅花が持ち込まれていたと考えられています。
 黄色い花なのに得られるのは紅色の染料というのが不思議なところですが、
 一定の手順で処理することで紅色の染料が得られます。

 ちなみに、この一定の手順てどんなものかなと思ってインターネットで調べ
 てみたら、山形県川北町役場のHPに「誰にでも出来る紅花染」という記事が
 有るのを見つけました。この記事によると

 --------------------------------------------------------------------
  1 花びらを摘む。(花の色が黄色から山吹色に変わり、朱色がさした頃)
  2 水洗いする。
  3 軽く絞ってビニールの袋に入れて密封する。
  4 一昼夜のちに取り出し、すり鉢でつぶす。

    ・・・息切れしたので途中省略・・・

  12 また新しい炭酸カリ8%溶液に11番の工程を繰り返す。
  13 12番の工程をもう一度繰り返し、都合3回分の液を作る。
  14 3回作った液を一緒にする。
     これが、紅染めをする紅汁の染料である。

 ※河北町役場HP 「誰にでもできる紅花染」より抜粋
  https://www.town.kahoku.yamagata.jp/9630.html
 --------------------------------------------------------------------

 うーむ、「誰にでもできる」かと言われると・・・。
 ま、頑張れば出来ますね(私は無理かな?)。
 このHPの説明には更に、この染料を用いて布を染めるところまで記事が続い
 ておりますので、興味があって、私よりずっと根気のある方は読んで、紅花
 染にチャレンジしてください。

 結構手間がかかっていますけれど、よくこんな手順を踏むと見事な紅色が得
 られるとわかったものですね。こういうことを調べてみると、現代人は昔の
 人より進歩しているとか、知識が豊富だとか、恥ずかしくて言えないなと思
 ってしまいます。

 おっと、脱線しすぎか。
 閑話休題

◇紅花の名前色々
 紅花は有用な植物として盛んに栽培されるようになり、江戸時代には藍・麻
 と並んで「三草」と呼ばれるほどになりました。
 これだけ拡がった花ですから、紅花以外にも色々な異称が生まれました。そ
 の異称を拾い出してみると

  紅藍花(ベニバナ)、紅粉花(ベニバナ)、紅(クレナイ)、
  呉藍(クレノアイ)、紅藍(コウラン)、紅花(コウカ)、
  韓紅(カラクレナイ)、末摘花(スエツムバナ)

  英名:サフラワー (safflower)

 と言った具合。ちなみに、「呉藍(クレノアイ)」は呉国から伝えられた染
 料を得る花という意味でしょうか。
 この「クレノアイ」が転じて紅(クレナイ)になったと言われます。

 異称のほとんどは紅花から得られる色と関係するのですが、その中で色とは
 関係の無い異色(色でないのに「異色」とは皮肉な)なものが一つ混じって
 います。「末摘花」がそれです。

 この色と関係無い「異色」な名前は、先端の花から摘んでゆくことから生ま
 れたようです。紅花は、その先端(先っぽ)から花が咲き始め、徐々に根元
 の方の花へと移って行くそうです。染料を得る目的では、咲き始めたばかり
 の花がよいので、花は先端から摘むことになります。

 根元が「元(モト)」なら、先端は「末(スエ)」。
 この末から花を摘んで行くので、「末摘花」なのだそうです。
 こんな風に名前の語源を辿ってみると、染料を取る目的からついた名前なの
 で、関係無さそうにみえていましたが、やっぱり「色」と関係があるわけな
 んですね。

◇「紅花栄う」と紅花の季節
 「紅花栄う・雑感」とはしましたが、とはいえ暦のこぼれ話ですので、ちょ
 っとくらいは暦や季節と関係の話をしておかないと格好がつきませんから、
 最後の最後にちょっとだけ、暦と関係した話。

 現在、「紅花の産地」と言われて真っ先に浮かぶのは山形県。
 この話でも既に登場して頂いた河北町も山形県にある町です。
 山形県は県の花が「紅花」となっているくらいです。

 さて、この紅花の本場とも言える山形ですが、山形での紅花の花の時期はい
 つ頃かというと、6月末から7月頃。ちょっと、暦の上の「紅花栄う」と時期
 が違っている感じです。それで、七十二候の「紅花栄う」の紅花は、紅花で
 はなくて、「紅色の花」ではないかと考える人もいるようです。例えば、山
 躑躅(ヤマツツジ)のような紅色の花ですね。

 この辺の謎はどうやら、紅花の種蒔き時期の違いによるもののようです。
 雪の多い山形県での紅花の種蒔き時期は3〜4月頃。春撒きが主なようで、こ
 の時期に撒いた紅花の花期が6月末〜7月頃となります。

 ですが、紅花という植物は結構寒さにも強いので関東以西(と言うか関東以
 南)では10〜11月の秋撒きもよく行われるようで、秋撒きだと花の時期はち
 ょうど、七十二候の「紅花栄う」時期。

 七十二候に「紅花栄う」が取り入れられたのは、日本が最初に作った独自の
 暦、貞享暦から(あの、渋川春海の作った暦)。
 江戸時代には三草と呼ばれたほど、栽培が盛んになった紅花。季節の節目を
 表す、誰もがよく知る花だったと言えますね。

 以上、辛うじてですが「暦のこぼれ話」の面目を保った本日の「紅花栄う」
 の話でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2021/05/29 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック