こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■そろそろ梅雨明け? 暦の上の出梅の話
 近畿、東海地方では記録的に早い梅雨入りとなった(関東以北はかえって遅
 めだったかな?)今年の梅雨ですが、7月も中旬にはいってくると、ぼちぼ
 ち明けないかななんて思っちゃいますね。
 令和3年の気象庁の梅雨明けの速報を見ると

  沖縄 7月2日頃 平年より11日遅い
  奄美 7月3日頃 平年より 4日遅い

 となっています。
 現在住んでいる近畿地方や、今年の春まで暮らしていた関東地方の梅雨明け
 は平年ではどちらも7月19日となっていますから、もうそろそろですね。
 ちなみに本日は朝から晴れ。大分蒸し暑い日曜日となり、窓を開けると蝉の
 鳴く声が騒がしく感じるほど。冷房が嫌いな私でも、冷房入れちゃおうかな
 と考えるような天気です。でも、まだ梅雨明けの宣言は出ないみたいだな?

◇暦の上での「出梅」
 気象庁からの梅雨明け宣言はまだのようです(沖縄、奄美地方の皆さん、ご
 免なさい。私の住んでいる近畿地方基準で話を進めさせてもらいます)が、
 暦の上ではどうでしょうか?

 現在の国民生活に係わる暦の情報は基本的に国立天文台が作成し公表してい
 ます。その暦情報の中には

  「入梅」

 と言う文字が登場します。暦の上の梅雨入りの日です。
 暦の上の梅雨入りの日の計算方式はいくつかありますが、国立天文台が発表
 する現在の計算方式では、太陽の中心の視黄経(黄道座標とよばれる天球の
 座標の経度方向の角度)が80°を通過する日となっていて、今年(2021年)
 は6月11日が、その「暦の上の入梅」の日でした。

 さてさて、暦の上の梅雨入りがあるのであれば、これに対応する暦の上の梅
 雨明けの日がありそうですが、国立天文台が作成した暦要項には「入梅」の
 文字はあるのですが、これに対応する梅雨明けを意味する「出梅」の文字は
 ありません。あらら、なんだかアンバランス。

 では、暦の上には「出梅」は無かったのかというと、古い暦には「出梅」の
 日があった時代もありました。

 暦の上には暦と季節の動きを結びつける季節点が幾つもあります。有名なと
 ころは、二十四節気がそれです。今回取り上げようとしている出梅やこれと
 対となる入梅などもまたそうした暦と季節をつなぐ季節点の一つです。

 こうした季節点の多くは現在は太陽の黄道上の位置で決められていて、既に
 書いたとおり、入梅なら太陽の視黄経が80°となる日といった具合です。
 現在は、ダイレクトに太陽の黄経と結びつけて求めることが多いのですが昔
 は、二十四節気との関係で表すことが多く、

  「入梅は『芒種』以後の最初の壬(みずのえ)の日」

 のように決めることが普通でした。
 二十四節気は太陽の位置に基づいて決定されているものですから、二十四節
 気を基準にすると言うことは、間接的にやはり太陽の位置から求めていると
 言うことが出来ます。「最初の壬(水の兄)の日」辺りには、梅雨だから水
 の気と関係が有るに違いないという、五行説の考えが垣間見えます。

 さて、「出梅の話」なのに入梅の話ばかりしておりますが、その理由は出梅
 は入梅に比べるとあまりぱっとせず、定義もはっきりしないからです。
 入梅は太陽視黄経が80°の日とされているのですが、出梅はというと、はっ
 きりした定義は無さそうです。

 入梅があって出梅がないというのもバランスの悪い話ですので、何か手がか
 りはないかというと、昔の出梅の定義が有りました。それは

 「出梅は『小暑』以後の最初の壬の日」

 と言うものです。
 入梅が芒種以後の最初の壬の日でしたから、出梅が小暑以後の最初の壬の日
 というのは、なかなか判りやすい。後半の「最初の壬の日」のために年ごと
 の入梅や出梅の日の太陽視黄経は同じ値にはならなくなってしまいますが、
 それでも平均すると入梅はだいたい現在の定義である太陽視黄経80°あたり
 となります。

 出梅もこれと同じ規則だと考えれば「小暑以後の最初の壬の日」の太陽視黄
 経は平均すると 110°程になります。
 これを現代の暦の上の出梅の定義だと考えて、この日を計算してみると、

  2021年の太陽視黄経が 110°となる日 → 7/12

 となります。明日ですね(だから、今日この話題にしたのですが)。
 ちなみに、古式ゆかしく「小暑以後の最初の壬の日」を計算すると、7/13と
 なります、先の太陽視黄経が 110°方式と1日だけ差。なかなかいい具合じ
 ゃありませんか。

◇今年の出梅の日
 現在の出梅の日にあたる気象庁による梅雨明けの日の発表は、近畿地方では
 まだ。それらしい話もまだ何も聞こえてこないので、もう少し先になるのか
 な? 暦の上の出梅の日は、そろそろなんですけどね?

 早くからっとした、夏の天気になって欲しいなと思う今日この頃のカワウソ
 でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2021/07/11 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック