恵方詣に、恵方巻・・・恵方ってどっち?
「今年の恵方は○○○の方角です。恵方詣には××神社へ」
元旦に届くチラシにこんなことが書かれていることがあります。
最近では、節分の頃にも「節分には○○○の方角を向いて恵方巻を食べましょう」というポスターを見かけることもあります。

恵方詣? 恵方巻?、恵方? さてなんでしょう?

現在はさすがに廃れたと思うのですが、昔は方角によって吉凶判断をよく行ったようです。どちらかといえば、「凶」の方に注意が向いて、凶の方向への旅や、引っ越し、嫁取りなどは避けようとしたようです(「方忌み(かたいみ)」)。またその方角へ向かう場合凶事を避けるため、一旦別の方向に向かってから出直す、方違え(かたたがえ)などを真剣に行っていたようです(源氏物語なんかに、頻繁に出てきます)。もちろん迷信に決まっていますので、気にしないことです。

歳徳神?さて、今回はこの「方角による吉凶判断」の「吉」の側の話です。
年末年始に町の本屋さんの店頭を飾る「高○易断××館 運勢暦」などの最初のページを開くと、乙姫様のような女神様の絵が描かれています。
この神様は吉神で、この神様のいらっしゃる方角はこの神様の力によって、他の悪い神様の影響を受けない方向とされ、明の方(あけのかた)あるいは恵方と呼ばれるようになりました。この目出度い神様は歳徳神と呼ばれます。

さてこの歳徳神様、移り気な性格というわけではないのでしょうが、年ごとにその居場所をかえます。このために冒頭に書いたように
 「今年の恵方は○○○」
となるわけです。

本当のところは、恵方は、元々は正月の神の来臨する方向であったが、九星術流行とともに「歳徳神」の所在する方向と考えられるようになったものなので、順序が違うのですが、現時点で考える限り、どちらでも同じことですので、気にしないで話を進めます。

「恵方」と年数の関係(年の十干で定まる)
年の十干方 角西暦年末尾
の数字
甲・己の年甲(寅卯の間)東北東4 または 9
乙・庚の年庚(申酉の間)西南西0 または 5
丙・辛の年丙(巳午の間)南南東1 または 6
丁・壬の年壬(亥子の間)北北西2 または 7
戊・癸の年丙(巳午の間)南南東3 または 8
恵方表示盤
恵方は、恵方詣や恵方巻を食べる際に必要になる方角ですが、今書いたように毎年変わります。困った・・・いえ、ご心配なく。年の十干さえ判れば次の五通(重複をのぞくと四通)しか無いのです(右表参照)。
表では、今ひとつわかりにくいという方は、表の最後の「西暦年の末尾の数字」で、該当する数をクリックして下さい。右の図で、その年の恵方の方角を示します。
(ついでにここにも。西暦年末尾1桁を並べてみました。クリックして遊んで下さい
  0 , 1 , 2 , 3 , 4 ,
  5 , 6 , 7 , 8 , 9 )

かわうそ@暦 2005.02.02

余 談
いつものことながら
泥縄である。
「今年の恵方はどっちですか?」
という質問が幾つも舞い込んできたので面倒になってこれを書いております。それも、節分前夜に(2005/02/02)。
まあこれで来年からこの質問が少しでも減るのならそれでいいのですがね。そう期待しながら、恵方巻にかぶりつくことにします。
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
■2010.6.1〜の記事の評価
 評価   , 閲覧数 
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0430.htm
暦と天文の雑学
http://koyomi8.com/
こよみのページ