暦と天文の雑学  border=http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0610.htm http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
秋の七草
    萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また 藤袴 朝貌の花
(はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな おみなえし また ふじばかま あさがおのはな)

山上 憶良

 秋の野に咲く代表的な花を数え上げた秋の七草
 万葉の時代から、現代に至るまで幾人もの人が、様々な秋の七草を数え上げてきましたが、万葉集(第八巻)に詠まれた山上憶良のこの七草を越えるものは現れなかったように思われます。

 この七草で尾花はススキ、朝貌はアサガオ(朝顔)ともムクゲ(木槿)ともキキョウ(桔梗)とも言われますが、どうでしょうか?。季節感と野の花のイメージから、私はここでの朝貌は桔梗であって欲しいと思うのですが、これはあくまでも個人的な見解。みなさんはどう思いますか?

 言葉としては、春の七草ほど有名ではありませんが、春の七草が七草粥(人日の節供参照)になることでもわかるように全て食用になるある種、実利的な植物を数えているのに対して、秋の七草は花としての価値で選ばれたもののようです(食用・薬用になる植物ももちろん入っているのですが)。

秋 の 七 草
はぎ すすき くず なでしこ おみなえし ふじばかま
萩の花尾花葛花瞿麦の花女郎花藤袴
ここであげている花の写真は、
今日のカレンダー」で表示している物です。
画像が小さいので見づらいでしょうが、ご勘弁下さい。

なお、前述したように「朝貌」については、
   桔梗(キキョウ)
   朝顔(アサガオ)
   木槿(ムクゲ)

を表示しています。

(女郎花・朝顔・木槿は、栽培されていた花を撮しました)
ききょう
あさがお
むくげ
朝顔の花
 こよみのページも、季節毎にオープニングの画面の花を選びますが、秋となればこの七草は欠かせません。みなさんの周辺でも、この七草を見つけることが出来るでしょうか?
後日追記
日本最古の漢和辞典「新撰字鏡」(898年頃)に「桔梗、加良久波又云阿佐加保」とあって、桔梗にあさがほの古名があるそうです。
 
秋の七草をお読み下さった、あぽりんさんから教えていただきました。有り難うございます。

余 談
秋の七草は何処へ
 「季節の花」などに使う写真をとることもあり、人よりは注意して花を見ているつもりですが、周囲に自然の沢山残っているここ舞鶴でも、秋の七草全部を見つけるのは容易ではありません。
 子供の頃は、よく見かけたように記憶している藤袴など、今は何処を探しても見つからなくなってきました。これは女郎花などについても同じ。自分の子供たちに、野原で秋の七草を教えてやることは、もう出来ないのでしょうか。
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 半夏生(はんげしょう)
  【↓】次の話題 しし座流星群
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0610.htm) 暦と天文の雑学