暦と天文の雑学  border=http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0725.htm http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
人日の節供(七草の節供・七草の節句)
   七草粥 五節供の一つ。旧暦正月七日の行事。
 七草の節供といわれるとおり、現在でも「七草粥」を食べて祝う行事が行われている。
 江戸時代の公式な祝日(式日)であった五節供の最初の節供。当時は七日の朝食に将軍はじめ皆が七草粥をたべたそうだ。
●「人日」の由来
 人日は、他の節供同様中国に由来するもの。
 古代中国では正月一日から、「鶏、狗、猪、羊、牛、馬」の順に獣畜の占いを立て、七日になって人の占いを始めたということで、人日。ちなみに翌日八日は穀の占いを立てた。
 この占いは、新しい一年の運勢を占うものである。なお、この日の天候もその一年を占うものであったらしく、晴れなら幸ありとされる。
 また、唐の時代には「七種菜羮」を食べて無病のまじないとしたとのことで、日本の七草粥と通じる。
●七草粥について
 セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、春の七草と続く七草。現在のように粥にして食べる様になったのは室町時代以降。鎌倉時代には既に現在の七種が七草となっていたらしいが、その時代は粥ではなく羮(あつもの。汁)だったらしい。
●もっと昔の七草
 万葉集にも既に前日に七草用の若菜摘みをしたことが詠われていることから料理こそ違え奈良時代には既に現在に近い行事があったと思われる。ただし、奈良時代のそれは、米・粟・稗・ミノ・ゴマ・アズキ・キビなどの穀類を使ったらしい。日付も正月十五日と現在の七草の節供とは異なる。
 思うに現在の七草行事は、元もと存在していたこの宮中行事と中国伝来の七種菜羮が組み合わさった形なのだろう。
 聞くところによると、宮中で行われる七草粥の行事では、前述した穀類が使われ、日付も正月十五日。「古式」に則った行事が生きているらしい。
●七草と七草囃子
春の七草 庶民においては七草は前日に摘んで、年棚(歳神を祭った棚)の前で七草囃子(ななくさばやし)を唄いながら刻んだとか。
 この七草囃子、地方により幾種類かあるそうだが、大体は次のようなもの。

「七草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、セリこらたたきのタラたたき」

読めば判るが、鳥追い歌である。穀物を作る上では害となる鳥を追うという意味もあるが、古代では疫神は外界からやってくるものという考えがあり、「外界から来るもの → 渡鳥」という連想で、「鳥は疫神を運んでくる」という発想になったのではないか。

後日追記(2007.1.5)

この「唐土の鳥」は、荊楚歳時記に記載の有る
  「正月夜多く鬼鳥渡る」
の「鬼鳥」を指しているようだ。
この鬼鳥の羽毛が人家に落ちれば「凶」。外部から不吉を運ぶ存在と考えられている。

いずれにせよ、年頭に一年の無病息災を願う有り難い行事である。
出来れば、家族みんなで「七草粥」を食べたいものである。

余 談
今は昔の七草粥?
 正月のお節料理に疲れた胃をやすめるために七草粥を食べると言いますが、皆さんはもう食べました?
最初に書いたように、旧正月七日(旧正月は初春である)の行事であるから、「七草を摘む」ことも可能であったが、現在の正月では、まだ七草も育っていないか?。
初春の野は、スーパーに立場を譲ってしまった。さ、スーパーで「七草粥セット」でも買ってこよう。
秋の七草
七草と言えば春ですが、秋にももう一つの七草である秋の七草が有ります。こちらの七草はがメインです。
祝・・・
 昨年の2月末、上巳の節供(桃の節供)から時期毎に書いてきた五節供、この「人日の節供」をもって完成。う、嬉しい。
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 節句の話・五節句(五節供)とは
  【↓】次の話題 桃の節供(桃の節句・雛祭り・上巳の節供)
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0725.htm) 暦と天文の雑学