暦と天文の雑学  border=http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0726.htm http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
桃の節供(桃の節句・雛祭り・上巳の節供)
    旧暦(陰暦・・)三月三日は「桃の節供」あるいは「雛祭り」。五月五日の端午の節供が男の子の節供といわれるのに対して、こちらは女の子の節供とされています。
ちなみに、節供は現在は「節句」という文字を使う多いのですが、元々は節日に供する供御を表す言葉で節供と書くのが本来でしたので、この説明文では節供の文字を使っています。

さて、この節供は江戸時代には五節供として、法制化された式日(当時の祝日みたいなもの)の一つでした。
桃の花 現在の三月三日では桃の花には早すぎるようですが、旧暦でいえばもう少し遅い季節になりますのでちょうどよい季節だったようです(これを書いている2001年でいえば新暦3/27です)。まあ、こういった季節感のずれから「旧暦の方が便利」といった議論も起こるのでしょう。

 さて、三月三日は桃の節供と書きましたが、もとは「上巳の節供」「元巳」といわれました。「上巳(じょうし)」とは旧暦三月の上旬の「巳の日」と言う意味で、三日に固定されていたわけでは有りません(2001年だとこれに当たる日は新暦3/31)。「元巳(げんし)」も同様で最初の巳の日という意味です。現在のように三月三日に固定されるようになったのは中国の三国時代、魏(AD220-265)の国で。日付が固定されてからは三月三日と「三」が重なることから「重三(ちょうさん)の節供」ともいわれるようになりました。

 中国古代に於いては、上巳の節供には河で禊ぎを行い、穢れを落とし(これを「上巳の祓(じょうしのはらえ)」という)、その後に宴を張る習慣がありました。また同じ日に「曲水の宴」も行われ(河での禊ぎと宴をミックスし優雅にしたものが「曲水の宴」じゃないのかなとも思うのですが・・・あくまでも私の憶測)、奈良〜平安時代に日本の貴族階級に取り入れられたのが、日本での桃の節供のスタート。

流雛 ところがどうしたことか、河での禊ぎはあまり一般化しなかったようで、この日に形代(かたしろ・人形)で体をなで、これに穢れを移して川や海へ流すと言う日本独特の行事が生まれた。今でもこの「流し雛」の行事が残る地域が有ります。

立雛 さてこの形代、いつの頃から公家や上流武家の間で上司への贈答の品となった。こうなると「質素な形代→豪華な人形」へ変化した理由は説明するまでもないでしょう。やがて河に流すものでなく、家に飾るようなものも作られるようになりました。その一方で公家の子女が「雛遊び」として人形や小型の調度品を並べて遊ぶままごとがあり、この両者が融合して「雛人形」への道を歩むことになりました。雛人形を河に流すことなく家に飾ることが主となったのは室町時代頃といわれます。

 さて、貴族階級に属していなかっただろう我が先祖にも桃の節供の習慣が浸透し始めたのは江戸時代。一般庶民(ことに農民)にとっては桃の節供を過ぎると秋の収穫期まで続く農作業の季節。楽しみの少ないこの時代、これから始まる辛い労働に備えて十分に休養をとり、また楽しく遊ぶという意味で「磯遊び」「浜下り」という磯や砂浜で潮干狩りのような遊びをしたといわれます。おそらく「浜で遊ぶ」ということは、元々の「水に入って禊ぎする」という本来の行事が姿を変えたものだと思われます。
 そういえば、旧暦の三日と言えば、海の潮は大潮に近く、潮干狩りにはもってこいというのも有ったのかも。現在でも桃の節供には蛤を食べる習慣が残っているようですが、この辺も磯遊びの時代の名残でしょうか。
後日追記 雛祭りと蛤(はまぐり)
 貝合わせの遊びがあるように、蛤の貝は他の貝とぴったり一致することがないことから貞操を、水の汚れを嫌うことから純潔を意味すると考え、女児の節供を象徴するものと考えられたのです。
(以上、N.M さんから教えて頂きました。 2005.02.05)

 現在の雛人形の形は元禄時代にほぼ完成したといわれます。この時代は庶民の経済力が著しく増した時代で、経済的に余裕の出来た庶民が競って豪華な雛飾りを作るようになり、雛壇にたくさんの人形を飾る者も現れ現在に至る。

 さて最後になってしまいましたが、桃の節供の「桃」については旧暦当時の三月を代表する花であるということ、桃は「女性」を思い起こさせる花であると言うことから女の子の節供には「桃の花」となったのでしょう。桃の花が女性を象徴すると言う考え方は中国の影響か。周の時代に成立したといわれる詩経に王が佳い嫁を探す歌が有りますが、その中に既に「桃の花のような女性」と謡われています。こういった古典に親しんでいた平安貴族にとって女性の節供の花は桜でも梅でもなく「桃」だったのでしょうね。

「桃の節供」にまつわる話題、あれこれ
こんな話も書いております。
興味のある方は、お読み頂けると嬉しいです。

余 談
雛人形の左右の配置
 現在、関東では向かって左が御内裏様(親王:男)、右が御雛様(内親王:女)。関西では反対となっているそうです。
 古来日本では左が上位(左大臣は右大臣より偉い)。ただこの左右は一番偉い人が下位の者を見た場合の左右なので、雛飾りでいえば御内裏様から見た左右。そのため、御内裏様、御雛様を見上げる立場からすると向かって右が上位と言うことで御内裏様が向かって右、御雛様が左にある(別に男尊女卑論では有りません関西の方式が日本の古来からの方式といえそうです。
 これに対して関東方式は、明治以降ヨーロッパ等の習慣にあわせて女性を向かって右に配する方式を日本の皇室が採用した(西洋式の行事について)ことから、東京の人形商協会が向かって右を女性、左を男性の配置を正式すると決定したためだそうです。
雛人形を早く片づけないといけない理由
「節供を過ぎたら雛人形を早く片づけないと婚期を逃す」といった話を聞いたことは有りませんか?
まあ大きなお世話だと言えなくもないのですが、「早く片づけないとよくないことが起こる」という考えには理由があります。
本文でも説明したとおり、雛人形のルーツは、形代(人形)に身の穢れを移してこれを流し汚れを払った、その形代です。本来なら、穢れを移し、これを流すことによって穢れを払い、禍を遠ざけたのですから、その人形をいつまでも飾っておくことは、穢れと禍をいつまでも身近におくのと同じです。
ですから、早くしまわなければならないと考えられたわけです。
(この部分、追記 2005.02.10)
桃の節供に菜の花菜の花
 季節の花ということで、ポピュラーであること、春をイメージさせる暖かい花であるためか、桃の花の他に菜の花を飾る習慣も有るそうです。
後日追記(2005.02.05) 菜の花について
菜の花は早世した子供達をしのんで手向けたもののようです。これは菜の花が、菜種油を取った事からお灯明を意味するものと考えたからのようです。
(N.M さんから教えて頂きました)
草餅の節供
 桃の節供は別名、草餅の節供。草餅づくりに欠かせない蓬の若芽がでる頃でしょうか。そういえば雛飾りに添える菱餅は、白餅・草餅・桃色の餅の3色でしたかね。
河での禊ぎが日本で定着しなかったこと
 個人的には嬉しい。だって、3月下旬〜4月上旬といえば水ぬるむころとはいいながら河の水は冷たい。かわうそを自称しておるが、冷たい水は嫌い!
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 人日の節供(七草の節供・七草の節句)
  【↓】次の話題 端午の節供(端午の節句)
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0726.htm) 暦と天文の雑学