以下のデータの最終入力は、2006.1.6に行いました。

改暦ノ布告

(旧暦から新暦へ。明治改暦の条文)
太政官布告 第三百三十七号(明治五年十一月九日)
今般改暦ノ儀別紙 詔書ノ通被 仰出候条此旨相達候事
 (別紙)
詔書写

朕惟フニ我邦通行ノ暦タル太陰ノ朔望ヲ以テ月ヲ立テ太陽ノ躔度ニ合ス故ニ二三年間必ス閏月ヲ置カサルヲ得ス置閏ノ前後時ニ季侯ノ早晩アリ終ニ推歩ノ差ヲ生スルニ至ル殊ニ中下段ニ掲ル所ノ如キハ率子妄誕無稽ニ属シ人知ノ開達ヲ妨ルモノ少シトセス盖シ太陽暦ハ太陽ノ躔度ニ従テ月ヲ立ツ日子多少ノ異アリト雖モ季候早晩ノ変ナク四歳毎ニ一日ノ閏ヲ置キ七千年ノ後僅ニ一日ノ差ヲ生スルニ過キス之ヲ太陰暦ニ比スレハ最モ精密ニシテ其便不便モ固リ論ヲ俟タサルナリ依テ自今旧暦ヲ廃シ太陽暦ヲ用ヒ天下永世之ヲ遵行セシメン百官有司其レ斯旨ヲ体セヨ

   明治五年壬申十一月九日

今般太陰暦ヲ廃シ太陽暦御頒行相成候ニ付来ル十二月三日ヲ以テ明治六年一月一日ト被定候事
但新暦鍍板出来次第頒布候事
一ケ年三百六十五日十ニケ月ニ分チ四年毎ニ一日ノ閏ヲ置候事
時刻ノ儀是迄昼夜長短ニ随ヒ十二時ニ相分チ候処今後改テ時辰儀時刻昼夜平分二十四時ニ定メ子刻ヨリ午刻迄ニ十二時ニ分チ午前幾時ト称シ午刻ヨリ子刻迄ヲ十二時ニ分チ午後幾時ト称候事
時鐘ノ儀来ルー月一日ヨリ右時刻ニ可改事
但是迄時辰儀時刻ヲ何字ト唱来候処以後何時ト可称事
諸祭典等旧暦月日ヲ新暦月日ニ相当シ施行可致事
太陽暦 一年三百六十五日 閏年三百六十六日四年毎ニ置之
一月大三十一日其一日即旧暦壬申十二月三日
二月小二十八日閏年二十九日其一日 同  癸酉正月四日
三月大三十一日其一日 同二月三日
四月小三十日其一日 同三月五日
五月大三十一日其一日 同四月五日
六月小三十日其一日 同五月七日
七月大三十一日其一日 同六月七日
八月大三十一日其一日 同閏六月九日
九月小三十日其一日 同七月十日
十月大三十一日其一日 同八月十日
十一月小三十日其一日 同九月十二日
十二月大三十一日其一日 同十月十二日

大小毎年替ル ナシ
時刻表
午前 零時 即午後十二時 子刻 一時 子半刻 二時 丑刻 三時 丑半刻
四時 寅刻 五時 寅半刻 六時 卯刻 七時 卯半刻
八時 辰刻 九時 辰半刻 十時 巳刻 十一時 巳半刻
十二時 午刻  
午後 一時 午半刻 二時 未刻 三時 未半刻 四時 申刻
五時 申半刻 六時 酉刻 七時 酉半刻 八時 戊刻
九時 戊半刻 十時 亥刻 十一時 亥半刻 十二時 子刻
右之通被定候事

神武皇紀使用の根拠

太政官布告 第三百四十二号(明治五年十一月十五日)
今般太陽暦御頒行 神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト被定候ニ付其旨ヲ被為告候為メ来ル廿五日 御祭典被執行候事

閏年の定義

勅令 第九十号(明治三十一年五月十一日)
朕閏年ニ関スル件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム
神武天皇即位紀元年数ノ四ヲ以テ整除シ得へキ年ヲ閏年トス但シ紀元年数ヨリ六百六十ヲ滅シテ百ヲ以テ整除シ得ヘキモノノ中更ニ四ヲ以テ商ヲ整除シ得サル年ハ平年トス
このページのトップへ戻る
国民の祝日に関する法律
こよみのページのトップへ戻る

PV ( ) since 2008.7.8