〜風のたより〜 いわし猫 (石川県・奥能登)


目 次        閲覧者 総数 7777 / 本日 4 昨日 4

2004-08-02 我ら海の子

海水浴

 いや〜、毎日暑いですね〜.ニュースで最高気温更新の情報を聞く度にクラクラしています.
 ところで、うちの子どもたちが通っている小学校にはプールがありません.夏はどうやって過ごすかと言うと、海で遊びます.比較的波が穏やかで遠浅な海まで歩いて5分以内で行けてしまう環境にあるので、海の一画を区切ってプールのように(?)して、PTAで「海当番」を回します.先日そのお当番が当たり、行ってきました.監視役の親は、浜に立てたテントの中で、危ないことが起きないように見張るのです.
 これがけっこう楽しかった.テントの中からただボーっと海を見る.聞こえるのは波の音、視界を遮るものはない.ただの田舎の浜なのですが、能登でもハワイでも沖縄でも海の本質は一緒かな〜、なんて大胆なことを言ってみたり.こんな夏です.

  • 水遊び、やっぱり海がいいですね。うちの子達は膝までの人工川。しょっぱくて、ザブンと波のある自然は魅力的です。我が家の夏の旅行は北陸地方を予定しています。子ども達は北陸の海水浴楽しみにしています。 -- 2004-08-03 (火) 09:44:57
  • 海は大好き。泳ぐのも眺めるのも。私が幼児の頃、愛知県の伊勢湾にはまだ石油コンビナートも無く、海水浴や潮干狩りにはもってこいだったそうです。先日写真を整理していたら、当時の海水浴場で、うら若い両親に抱かれている自分の写真を見つけました。学生時代に初めて北陸を旅した時に、改めて気がついたのですが、大平洋の海と日本海の海では、実に色が違うのですね。 -- 2004-08-03 (火) 21:22:39
  • >うさぎ様、私はしばらく大平洋の海を見ておらず、色も風の感じも忘れてしまいましたが、日本海の海の色とは微妙に違うかもしれませんね・・ -- 2004-08-13 (金) 16:32:56

お名前:

2004-07-20 満月の夜の祭り

満月とキリコ

 昨日は「海の日」で祝日でした、そして今日はここらの小中学校は終業式で、明日から夏休みです.
 海の日も、去年までは「20日」だったのに、今年からは「七月の第3月曜日」ということで、ちょっと混乱しかけました.ライフスタイルの変化に伴い仕方のない面もあるのでしょうが、能登のお祭り等でも、開催日を「第○土曜日」「第□日曜日」に変更する所も出てきました.七月二、三日に行われた能都町宇出津の「あばれ祭り」はその一つです.
 去年までは「七月七日は宇出津のあばれ祭り」だったのですが、今年からは第一金土曜日の開催になりました.旧暦では15日と言えば「満月」の日で、7,8日(もしくは22,23日)は「半月」で、その日に祭りが行われたり、市が立ったり、人が集うことと月の満ち欠けは社会的にも関係が深かったのでしょうね.
 どういう偶然の巡り合わせか、今年のあばれ祭りは満月の夜の祭りになりました.右側に写っているには、ご神灯の役目を果たす「キリコ」です.能登の祭りの風物詩です.

  • お祭りとは関係なくて申し訳ないのですが、わが家の軒下のツバメたち、巣立ったと思ったら、またご夫婦がよく帰るようになりました。どうしたのかと思ったら、何と、再び子育てをしています。今度は3羽。まだ小さくて、顔の半分が口、という雛がいます。いわし猫さんのお宅は、二番子(にばんごって、こちらでは言うそうです)はいませんか? -- 2004-07-25 (日) 22:09:11
  • そちらはとても伝統的なお祭りですね。私も今日、夏祭りをアップしました。が、小さな町の夏祭りです(^^; 8月のお盆休みには、金沢へ行きますよー。 -- 2004-07-26 (月) 11:58:18
  • 朧月夜さん、お返事遅くなりました.うちでも「二番子」、いますよ〜.納屋の階段に一番近い巣に、ひなが4、5羽姿が見えましたので、今度写真を取りますね. -- 2004-08-02 (月) 05:58:16

お名前:

2004-06-26 ツバメが・・

肩のりツバメ

 我が家の納屋には、毎年のようにツバメが巣をつくり、ヒナを孵します.今年も例年のように忙しく出入りを繰り返す親鳥と、巣の中で親を待つ健気なヒナ鳥の姿を見ていました.
 ところが、今年はこの1週間で何か様子が変なのです.巣から幼鳥が落ちてしまうのです.二回続けて落ちたヒナを、その度に少しこちらで餌を与えてから巣に戻しました.その行動が野生の怒りをかったのか、三度めに巣から落ちた時、その幼鳥は冷たくなっていました.
 そして昨日、最初は5羽いたはずのヒナが残り2羽となっていた時、犬の散歩に起きた義母が血相をかえて台所にやってきました.「あの親鳥、残ったヒナを攻撃している」と.私達の行動が親鳥のバランスを崩したのかどうかは不明ですが、ただならぬ様子.義父母は脚立を使って巣に残っていた最後の1羽を救い出し、昨日1日、鳥かごに移して餌を与え続けました.(「日本野鳥の会」には黙っていて下さい~(^^;)
 学校から帰ってきた長男(10歳)が手を出したら、動物に好かれるタイプの彼の手をツツッとつたい歩き、ヒナはなんと肩にまでのってしまいました.「手のり文鳥」ならぬ「肩のりツバメ」です.私達はこのヒナを、無事巣立たせてあげることができるのでしょうか???

  • 自己レスですみません.気がつけば1000アクセス超えていました.きっとマイHPよりペース早いと思われます. -- 2004-06-26 (土) 06:23:15
  • わが家のツバメは巣立ち間近です。ツバメって、家の玄関の中にでも巣を作るほど人に慣れている野鳥のように思えますが、わが家で子育て中のツバメも、私たちが下で巣を見上げていると、雛に餌をやりません。巣から落ちた雛は助けてあげたくなるのが人情ですよね。それがよかったのかどうかなんて、誰が言えるでしょうか?雛が無事巣立ってくれることを祈っています。 -- 2004-06-26 (土) 21:44:16
  • 事後報告です.この記事をアップしてすぐ階下に下りていったら、「玄関を開けたら親鳥が入ってきて、子ツバメを迎えに来た」と義母が報告してくれました.よかった、と胸をなで下ろしました.(子供達には不満が残ったようですが・・) -- 2004-07-01 (木) 06:01:23
  • こちらでも書き込みは、初めましてですね。息子さんの肩に乗るだなんて、ツバメって懐くんですねー。驚きです。ホタル、私はこの年齢になって初めて観ました。都会で暮らしていたわけではないのですが、観る機会がなくて(^^; 綺麗ですね、ホタル -- 2004-07-02 (金) 09:58:20
  • もしも人間だけで育てなければならなくなったら、ミルワームを購入してお与えになるといいかもしれません。でも戻って良かった。他の雛に人から見ては判らない病気等が有ったのかもしれません。上手く巣立って欲しいですね。(あ、私は野鳥の会だったりして。でも会費納めているだけでモノを知らなくて。会長さんは近所…と言っても田舎の距離感覚ではありますが…に住んでます。) -- 2004-07-04 (日) 00:31:30
  • うさぎさん、こんにちは.身近にいる可能性は高い、と思っておりましたが、野鳥の会の方でしたか.でも無事、親鳥が連れて行ってくれたのでよかったです.その後、娘に責められた挙げ句、「文鳥」を飼うことになりました.手乗りにすべく、羽を切ったり、声をかけたり、世話が大変そうです(私は関知しないようにしていますの・・). -- 2004-07-06 (火) 08:56:14

お名前:

2004-06-10 ホタル

 昨晩、今年初めてホタルを見ました.
 学校でのPTAの打ち合わせからの帰り道、学校の「田植え」が行われた田んぼ脇の用水に、毎年ホタルが現れるのは知っていましたが、時期はよく把握していなくて、6月下旬頃だろうと思っていました.
 ところが、昨日、私が帰宅するなり子供が「かあちゃん、ホタル!」と言って、息子の頭髪にまぎれて光る「ホタル」を見せてくれました.夕食後の散歩に行って、散髪していない息子の髪の毛は草むらと間違えられたようです.今年は数も多い様です.写真は撮れなかったのですが、この感動を伝えたくて、コメントを残します.

  • そちらでも、蛍でしたのね。写真はシャッターを押しては雰囲気が壊れるから、ダメだそうです。三脚でシャッター無でじっと写すそうですよ。わたしは傘につけて、宿近くまで連れて帰りました。本当はお部屋に放して眺めたかった・・・川に放してあげました。とてもきれいで素敵な思い出の夜になりました。 -- 2004-06-10 (木) 16:33:33
  • 私も同じ頃、(6/13)蛍を見ました。家の裏の田圃で。まだ「群れ飛ぶ」という状態ではなく、稲の葉に留まったまま明滅する光点二つという状態でしたが。2004-06-21 (月) 09:23:22これから夏が楽しみです。 --

お名前:

2004-05-31 トトロの木

トトロの木

 西暦のカレンダーでは、今日で五月も終わりです.
 季節感溢れる、自分でも「これだ」と思えた写真がアップできたのは最初の1枚(海の桜)くらいで、あとはなんだかこじつけだったり、色が鮮やかでなかったりして、停滞気味です.ちょっと歩けば季節の花がいろいろ咲いているはずなのに、花の名前を知らないもので、シャッターチャンスを見のがしているのでしょう.

 家から車でなら10分もかからない所に、誰がつけたのか、「トトロの木」と呼ばれている木があります.造園土木の仕事をしている旦那に言わせれば、自然発生的にこのような形になったのだろう、ということ.よくみれば2本の木から成り立っている様子です.
 今、図書館から借りて読んでいる『二百年の子供』(大江健三郎/著)という本では、「千年スタジイ」の木のウロの中で子供が眠ると、その子供が強く願った時空に行ける・・というお話になっていますが、長い年月同じ場所に立っている木には、不思議な力があるのかもしれませんね.この「トトロの木」にそんな力があるかどうかはわからないけれど.

 閑話を一つ・・先日、「お悔やみ欄」を眺めていたら「四月朔日」と書いて「わたぬぎ」という名字の方の名前が目に入りました.旧暦の四月朔日には、今まで着ていた「綿入れ」を脱いで、春から初夏の着物に着替える、という話をどこかで聞いたか読んだかしたような.自分の旧姓がこのような名前だったら、また違う人生を歩んでいただろう、なんて考えました.(まとまりのない話ばかりですみません.)

  • わ♪ホントにトトロだぁ♪2004-06-01 (火) 12:49:20すごいですね、この木!実物を見てみた〜い(^0^) --
  • 四月朔日(わたぬき)さんのような、暦に関する珍しい姓については、暦と天文の雑学の最後の方に、暦に関係する難読姓として載せております。2004-06-01 (火) 12:53:27参考まで(と言いつつ宣伝) --
  • 大江さんの「二百年の子供」は、読売新聞掲載時、毎週楽しみに読んでいました。土曜日にしか読めないのが難点ですが、まとめて読めるのはよかったです。新聞小説って一度はまると止められませんね。大きな木は、ただそこに在るだけで、なにか、人智の及ばないものがあるように思うのは私だけではないでしょう。子供の頃、神社に大きな樫の木があり、その木だけはいたずら盛りの私たちも登ることも枝を折ることもしませんでした。『神様の木だから』って。 -- 2004-06-01 (火) 20:35:26
  • むらさきさん、そうなんです、こういう木があるのです.能登半島のどこかに.是非見に来てくださ〜い!<かわうそさん、該当ページ拝読しました.四月、八月、十二月と、四ヶ月おきなのは何故でしょう? 私の旧姓も日本では十位以内に入るありふれた名前です.>朧月夜さん、私が今までに見た最古の木は、屋久島の「縄文杉」ですが、本来ならあの木には、気安く近寄ったり荒らしたりしてはいけないようにも思いますよね.世界遺産になるのも考えものなのかも・・ -- 2004-06-03 (木) 09:36:34
  • 今度は、トトロの木の影でも欲しいな。というのはわがままでしょうか? -- 2004-06-04 (金) 04:49:01

お名前:

2004-05-14 田植え

早乙女たち

 先日、学校の田植えが行われました.今年度の私は役員(で閑人)なので、手伝いにかり出されました.ふつうの大きさの田んぼを、縦半分に区切った、ウナギの寝床のように細い空間を、四十名ほどの人数で植えていきます.もちろん「手植え」です.

 その日の天気予報は前日から「雨」で、関係者のほとんどは順延だろう、と思っていました.ところが、当日の早朝には小雨が降っていたのですが、学校の始まる時間になった時にはやみかけていました.行事は出来るだけ予定通りにこなしたい学校側としては、待ちに待った展開です.「なんとかお天気が持ちそうなので、実施の方向で」との連絡が回ってきました.総合的な学習・体験学習の一環なので、子ども達が短パンの体操着にサンダル履き、という姿でスタンバイしています.毎年の恒例行事なので高学年は慣れたものです.低学年はおっかなびっくり、でも保育所でもやっているし、家や実家で米を作っている家庭も多い地域なので、なんとかやりおおせました.
 とはいえ子ども達のやった後をそのままにしておくことはできません.「苗は三本くらい」というのに五本以上植えてある所もあれば、流れていたり、飛んでいる箇所も目立ちます.そこを役員や先生が補植していくのですが、私達には強い味方が.地域の御老人たちの公民館のグループが、在りし日の早乙女姿で控えているのです.上下のヤッケに長靴に、腰には苗を入れる籠.これは私達の仕事、とばかりに反対の側から黙々と植えていって下さるのです.ぬかるんだ泥に足を取られることもなく、嬌声をあげることもなく、安定した腰さばきで一歩一歩進みます.日本の農業の原風景を見たような気がしました.

そんな訳で、私は田んぼには入らず、写真ばかり撮っていました(^^;

  • 本宅近辺でも写真のような情景を見かけます。多くは田植機ですが、さほど広くない田圃だけを作っているところは手植えで行っているようです。2004-05-17 (月) 09:12:20昔はよく、田圃の畦に捨てられていた残った苗を田圃脇の湿地に植えて、自分だけの田圃を作って遊んだことなどありました(今を去る××年ほど前の小学生の時代の記憶)。 --
  • かわうそ様、お久しぶりです.「かわうそ日記」がなかなか更新されないので(あせらせる訳ではではありませんが)「今日は何の日?」とか「月暦カレンダー」などを見て楽しんでいます.そしたら私の誕生日は、室生犀星とベートーベンの命日でした〜.今日五月十八日は「ことばの日」だということもわかって、なんか得した気分です.我が家の周囲でも、田植えの主流は機械(田植機)ですが、その後の補植を手で行う方が多いです.補植をしてもしなくても収穫量はさして変わらない、と考える方もいますが、「苗の世話を最後まで」という感覚かもしれません. -- 2004-05-18 (火) 22:21:56
  • 立松和平さんの絵本に「田んぼの命」がありますが、いわし猫さんのコメントを読んでいて、ふと思い出しました。児童書のコーナーにあるのですが、大人の鑑賞に充分堪えうる本ですので、機会があればごらんください。 -- 2004-05-20 (木) 05:47:52
  • 朧月夜さん、絵本をご紹介いただきありがとうございます.本を探すのは苦ではないので、ちょっといろいろあたってみます.家の窓から見える田んぼの新緑は、この時期が一番初々しくてきれいと私は思っています. -- 2004-05-24 (月) 08:45:44

お名前:

2004-05-06 鯉のぼりとタケノコ

大谷川の鯉のぼり

奥能登の外浦の、大谷という集落の大谷川で、毎年5月の連休の時期に、「大谷川鯉のぼりフェスティバル」が行われます.川の両岸にロープを張って、鯉のぼりをたくさん泳がせるのです.私達が行った時は生憎の空模様で、気持ちよさそうに青空を泳ぐ鯉のぼりの写真は撮れませんでした.

この日の収穫は金魚すくいの金魚と朝掘りのタケノコ.タケノコは鮮度が命、と聞いたので、午前中に購入したものを帰宅後さっそく灰汁抜きして、そのまま自然に冷めるのを待って、夕食にタケノコ御飯と若竹汁と、煮物にしました.自分は夕方出かけたのできちんと味見をしないでいきました.すると家族の一部から「御飯がエグイ」との不評が.レシピを見直せば、「できれば一晩おいたタケノコを使いましょう」とのコメントが・・早く食べたい! でも時間も必要.う〜ん、料理の道は奥が深いなあ(苦手なので・・).

  • ええっ?一晩置くのですか?昔、京都府は長岡京市と言う、竹の産地に住んでいた頃、竹の子は掘ってすぐに「お刺身」にして、他は一刻も早く茹でてしまいました。生産者の家でもそうして瓶詰めにして、家の前で売っていました。新鮮なので灰も糠も入れずに茹でて、でも一度もエグかったことはなかったのになあ。品種とかで違うのかしら? -- 2004-05-06 (木) 11:15:14
  • あの少しエグイところが新鮮で美味しいのですよね。あまり気になりませんしそこが本物のタケノコの証拠。タケノコはすぐが一番ですよねー。わたしは小母に送ってもらっていた頃はそういうものがいただけましたが今無し。米のとぎ汁で煮たものを送ってもらってましたよ。うーーん。食べたいな〜。 -- 2004-05-06 (木) 22:37:52
  • 筍は 私もお米のとぎ汁で 茹でます。柔らかく あまりえぐみの 少ない所を薄味でいただく 筍ご飯などにし、えぐみの多い 硬いところは牛肉などと炊く 濃い味の料理に使っています。筍。。やっぱり 季節ものは いただきたいものですよねぇ 笑。 -- 2004-05-09 (日) 00:58:04
  • 私もみなさんと一緒で、ほったその日に米糠で茹でて、水にさらして、すぐ炊いて食べます。山椒の葉も、庭から摘んできて一緒に炊くと、本当に春をいただいている気がします。今年はどういう理由か、あまり筍がとれませんでした。しくしく。 -- 2004-05-09 (日) 19:14:36

お名前:

2004-04-21 旧暦弥生三日に

弥生雛

初めて自分で更新に挑戦してみます.うまく行ったらおなぐさみ!

★今日は旧暦の三月三日です.意地を張って今日まで客間に「雛人形」を飾っていました.といっても何段もあるような豪華なものではなく、立ち雛のシンプルなものです.(写真参照のこと).
義母に「まだ片付けんが?」(能登弁で「片付けないの?」という意味)と言われても、
「うちは(私は、か?)旧暦でやりますので」
と、はぐらかしていました.今年は閏月が二月に入ってしまったので、世間一般の標準より一ヶ月以上遅れてしまいました.なんだか年々温暖化が進んでいるようで、桜の開花も、暖かくなり始めるのも早いですよね.こうやってどんどん旧暦の季節感は失われていくのでしょうか.

奥能登では田植えの準備も始まり、今年も納屋にツバメが巣を作りました.ヒナが蛇にやられないよう、我が家の番犬にしっかり見張りをしてもらおうと思います.(いわし猫)

  • まあ!すてきなお雛様。こういう立ち雛がとても好きです。私も旧暦の方が節句の行事はしっくりくる気がします。地球温暖化で花々の開花も早め早めになって何か変ですよね。昔からの農暦が合わなくなりそうで、恐ろしいと言う人も。旧暦の3月3日らしく、我家は梅が8分咲、近くの桃と桜がちらほらです。 -- 2004-04-21 (水) 16:50:05
  • こちらのお雛祭りも旧暦です。そろそろ、あちこちの家で片づけているのでは?わが家は男の子ばかりですから、お雛様とはご縁がありませんが、こうしてよそのお家の雛人形を見せていただいて喜んでいます。こちらも田に水が張られ、田植えの準備が始まっています。初夏の陽気の今日この頃。 -- 2004-04-21 (水) 22:34:54
  • 我が家も子供は男二人ですので、雛人形はありません。2004-04-22 (木) 09:13:56「雛祭り、してもらったことないな」と妻が言っていたのを聞いたので、来年の三月には用意しておこうかなと思っています。本宅は温暖なところなので、新暦三月始めには、気の早い桃の花が咲き始めますから、新暦でかな? --
  • おひなさま、だ〜い好きです。男の子ばかりですから自分用にデパートで一番気に入ったものを。すごく素敵ですよー。それから、いろいろと集まっちゃいました。小さいのは浅草で買った、箱入りで一センチくらいのです。もー。かわいいー。毎年、みんな並べます。♪ -- 2004-04-23 (金) 00:29:52
  • この日(4/21=旧暦3/3)の夜、無事雛人形を箱にしまいました.来年また会う時まで元気でね. -- 2004-04-27 (火) 10:22:23

お名前:

2004-04-12 奥能登の「いわし猫」です.

★「こよみのページ」愛読者&「風信」メンバーのみなさん、こんにちは.
石川県は能登半島の奥能登から、お仲間に加えて頂きたく
投稿者に立候補しました「いわし猫」と申します.

プロフィールをみていただければ分かると思うのですが、
基本的に怠惰な人間で、最近まであまり食べる事にも興味がなかったような、
「めんどくさがり屋」でした.でも、能登で義父母と同居を始めてから
いろいろと鍛えられました.

ふきのとう・・山から採ってきて天ぷらにしました、
たけのこ・・お隣の方の竹林で取れたものを、毎年いただきます.
白菜を漁師の方に差し上げたら、お礼に「ずわいがに」を頂きました.等々
美味しい物が好きな方から見たら、
もしかしたらうらやましがられてしまうような環境にいるのかもしれません.
(本人はわかっていない)

最近、友人の旦那さんがオープンさせたカレー屋さんでアルバイトを始め、
料理修行パート2、とでもいうような状況にあります.
「料理は段取り!」「手順を守って!」と叱咤されつつ、
賄い御飯の美味しさにつられて、日々修行中です.
こんな私ですが、どうかよろしくお願いいたします.(いわし猫)

奥能登の桜
  • 初めまして!うわ〜!海だ!桜だ!こっちに無いものばっかりだ〜!(羨)いや失礼いたしました。今は長野県人になりましたが、それまでは三大首都圏のしかも都心ばかりを点々としてた元は街うさぎです。能登には昔京都で学生時代を送った頃に一度だけ。お金が無いので泊る事もできず、皆でただボロ車で日本海を見ながら走り回ったっけ(それでも楽しかった)。景色がそれは素晴らしかったのが印象に有ります。こちらこそどうぞよろしく。 -- 2004-04-12 (月) 15:21:29
  • よろしく〜。十二年も前になりますが金沢や能登、福井を旅行いたしました。和倉温泉に泊まりそちらへ行きました。温泉もかなり熱いけれども良いですよねー。羨ましい!! -- 2004-04-12 (月) 22:10:03
  • 初めまして、いわし猫さん。海と桜がとても美しいですね。2004-04-13 (火) 14:36:27羨ましい風景です・・・・。わたしも基本的には怠惰な人間なんですけど、ここに投稿させて貰うようになってからいろんなことに興味が出てきて本人が一番驚いていますwこんなわたしですが、今後とも宜しくお願いします! --
  • うさぎさん、十三夜さん、むらさきさん、早速のメッセージありがとうございます! -- 2004-04-13 (火) 17:37:25
  • 更新の仕方が良くわからず、改行キーを押したら更新されてしまいました.私が暮らしているのは和倉温泉よりもっと奥の、本当の「奥能登」ですが、今では有料道路や能登空港なんてものまで出来てしまい、金沢と東京へのアクセスだけは格段に良くなりました.わたしもここに書き込むことを励みに、季節のうつろいに敏感な生活をしたいと思います.末永くよろしくね!! -- 2004-04-13 (火) 17:43:02
  • こんばんわ はじめまして。私の近くには、海がないので・・『海』いいなぁ〜 うらやましいです。これからも 楽しみにしています。 -- 2004-04-14 (水) 21:26:09

お名前:

添付ファイル: fileyayoibina.JPG 1407件 [詳細] filetubame-01.JPG 1422件 [詳細] filetubakuro-01.JPG 690件 [詳細] filetotoro-02.JPG 1400件 [詳細] filetaue-02.JPG 1433件 [詳細] fileseaside-01.JPG 1395件 [詳細] filekoinobori-01.JPG 1424件 [詳細] fileabare-02.JPG 1393件 [詳細] file0410am11.JPG 1429件 [詳細]

再読   編集 トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS 投稿用 新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  
Last-modified: Fri, 20 Aug 2004 20:58:43 JST (5482d)