【慈雨】からの風のたより・・・兵庫県・神戸市

  • 目 次      お立寄 24283人【今日 42 / 昨日 49】

過去の記事は 風信慈雨総覧 からご覧下さい


20056-06-13 タコウインナの花

昨年見つけた、石榴の花。今年も咲いています。

この四月から、上の子どもに弁当がいるようになりました。

苦痛になりがちな朝の弁当つくり 楽しくするために 今流行っている「お絵かき弁当」に しています。

タコウインナ

ウインナで タコといえばお弁当の定番。

しかし肝心の食べる係りには 石榴の花とはわからない・・・・・

ええ、作るものの 自己満足です。


お名前:

2005-05-06 立夏

今日は立夏 暦の上で夏・・・・・   今年はいつまでも寒さが残り 春が ゆっくりだったように思います。   しかし GWはしっかりと気温が上がり 夏の気配。

ライラック

ライラックの花が 咲いていました。  木犀科だけあっていい香りです。   子どものころは 文学の中だけの憧れの花でした。  そして、その文学の5月を象徴する花

春の終わりを その香りで告げているようです

  • もう、「夏」ですか・・・  こちらは、やっと桜が散ってきているという時期なのに・・・ -- 2006-05-08 (月) 22:50:54
  • 今年は寒いので、本当に暦の上だけって感じです。北の方はまだ桜があるんですね -- 2006-05-12 (金) 12:45:19

お名前:

2005-04-12 さくらもち

昨日は上の子どもの入学式でした。  天気予報では 大荒れと言っていたので  しっかりと雨の用意で 出かけました。  強い雨脚に 桜の花もずいぶん散っていました。

道明寺桜餅

お祝いなのでお赤飯を炊いても良かったのですが 道明寺粉と桜の葉の塩漬けを買っていたので  電子レンジの簡単、道明寺桜餅を作りました。

ほのかなピンクがお祝いらしくて。

しかし 葉っぱを食べ残すところが 中学生になったとはいえ まだまだ子どもだなと 思いました。


お名前:

2006-3-2 いかなご

昨日、瀬戸内海(播州灘、大阪湾)のいかなご 新仔漁が解禁になりました。 昨年より6日早いのですが例年より遅め。 初せりは 一かご(25kg)が1万8千円で 例年よりやや高めだそうです。

この時期、各スーパーでは『いかなご特設売り場』ができ しょうゆ、ざらめ、シール容器、鍋が一緒に並びます。 郵便局も「釘煮用」ユーパックがあります。

住宅地を歩けば いかなごを炊くにおいが立ち込めて 春の訪れを感じます。 いかなごを炊く主婦方には とても気ぜわしい季節のよう・・・

私の実家では 釘煮を作らないのですが 姉の嫁ぎ先と 妹の姑さんが 作られます。 春休みはよく「おすそわけ」をいただき それぞれの家の味を堪能。 家によってみんな味が違うので、たくさん重なっていただいても 味比べが楽しい・・・

春の味、お袋の味、瀬戸内海の味・・・・ 普段でもしっかり頂く我が家が、ますますご飯が進む 悩ましい食べものです。

  • 「いかなご」 -- 2006-03-17 (金) 00:39:49
  • (失礼)。。は、関東ではあまり見かけないように思います(知らないの私だけかしら...)でも慈雨様の文章を読んでいると、魚好きの私は無性にいただきたくなってしまいました。今度探してみます。^^ -- 2006-03-17 (金) 00:43:59
  • 昨日、地元のデパートで買っちゃったもんね♪ -- 2006-03-17 (金) 13:07:29
  • わたし「いかなご」を知らなかったの。で、ネット検索したのね。そうだったのかー、「こうなご」のことなのね。自宅で作るということなんですか。25kg??そんなには買わないわよねぇ? -- 2006-03-17 (金) 13:17:08
  • あ・・・「小女子」のことだったんですかー「玉筋魚」とあったので別物かと。。。でも釘煮は初めて聞きます。こちらでは生姜を入れてお醤油で煮たりしますが・・・! -- 2006-03-17 (金) 15:09:51
  • 自分ではすっかり通じる言葉だと思っていました。こんな文がありました。 イカナゴは水面を長い群(玉)になって泳ぐので、 玉筋魚(いかなご)と呼ばれます。小さいものを小女子(こうなご)、大きいものを大女子(おおなご)と字をあてる地方もあります。名前の由来は「いか なる魚の子なりや」何の魚の子か判らなかったことからイカナゴと呼ばれるようになったと言われています。 -- 2006-03-24 (金) 15:01:05
  • ↑途中で切れました。1かご25Kgは市場の取引単位だと思いますが、中には多い方は 何日もかけて、何キロ、ナン十キロも炊くと聞いています。こちらでは桜を前に主婦の心はいかなごでいっぱいになるよう・・・ -- 2006-03-24 (金) 15:10:10

お名前:

2006-1-31 春節祭

少し寒さの緩んだ昨日

友人と神戸の元町方面へ出かけました。  折りしも春節祭 

元町には南京町があります。 神戸の中華街は「龍舞い」が有名。   龍に出会えるかしら?   期待しましたが・・・

春節祭

お昼ごはんを食べてから広場に差し掛かると、  ちょうど龍が退場するところ。

 おしっぽが少し見えただけでした。  残念   と歩いていると、大丸のショーウインドウ    

 春節祭のディスプレイがしてありました。   ちょっと愉快な怪獣といった趣の龍君ですが   「春節祭気分」 を醸し出していました。

中国の方は、しっかり旧暦のお正月を守って いらっしゃいますね。  

  • 現在の中国の正式な暦は日本同様グレゴリオ暦準拠の暦ですが、「春節」という祝日決定だけはには旧暦のが必要です(旧暦の元日だから)。2006-02-05 (日) 10:50:09このため春節は、日本の春分の日のように、政府発表まで日付が確定しない祝日でもあります。記事には直接関係ない余談でした。 --
  • 楽しそうでいいですね、うん、怪獣っぽいです。(笑 春はもうそこまでやって来てますね。 -- 2006-02-10 (金) 16:21:24
  • 新暦で生活しながら、動く祝日を気にかける生活も、楽しい気がします。 -- 2006-03-02 (木) 11:06:04
  • ぼんやりしてずいぶん遅いレスで失礼いたしました。さらに春がちかづいています。 -- 2006-03-02 (木) 11:07:39

お名前:

2006-1-16 松過ぎ

あらっと思うと、1月も半分過ぎました。 昨日は小正月、小豆粥を炊きました。 11日に鏡開きした時に多めに小豆を炊いて・・・ 冬至の日に「いとこ煮」にも小豆。   冬の行事に小豆はよく登場します。

小豆粥

MIKEOさんも書かれているように ことこと と 寒い冬に豆を炊くとほっとします。

昨日は「年賀葉書お年玉抽選」の日 でもありましたね。 以前は成人式が15日で その休日という感覚でしたが 3連休はうれしいけれど、時として固定の祭日が懐かしいことも。

3等賞が当たりました。 実は 4日前 「振り込め詐欺」に騙されかけて 「今年は早々についていない・・・」     と 思っていたのですが。    「ふるさと小包があたった」     それだけで、ちょっと気を取り直しているこのごろです。

  • 慈雨さん、こんにちは。私の家では昨日、小豆だけ炊いて、鏡餅をお下がりしたのをぜんざいにして食べました〜。15日が「成人式」で休日で左義長で年賀状の抽選日で・・・というのは、私にとっては一種の「ルール」だったのですが、近年はそれが崩れてしまい、寂しいというか悲しいというかです。3等、いいですね! うちは4等1枚だけかも・・。 -- 2006-01-16 (月) 21:31:18
  • 連休を増やすための祝日の変更、何かを祝うという祝日の意味が無くなってしまうようで、これでいいのかなと思うことがしばしば。どうなのかな。 -- 2006-01-19 (木) 10:17:28
  • ↑同感です。体育の日も成人の日も、その日に決まった経緯があったはずなのに、今では、単なる「休みの日」になっているみたいで、「記念日」の意味がわからなくなってますもの。これ以上は、こういう変更止めて欲しいですね・・・ -- 2006-01-19 (木) 12:37:48
  • いわし猫さま、うちも実家では鏡開きが15日の「お善哉」でした。 新しく祭日を作って、連休にするのは構わない、歓迎します -- 2006-01-31 (火) 12:42:33

お名前:

2005-12-15 運盛り

部屋の季節・行事おの飾りをきちんとするお作法を  「室礼(しつらい)」 というそうです。   (こよみのページでもリンクされています)  サイトでは2つほど流派があるようですが  私は 山本三千子さんの本を一冊持っています。   南宗瓶華4世に師事されたとか。

 私はエッセンスだけ参考にさせていただいています。   床の間とかがありませんので。

この季節は冬至の『運盛り』   もともと  冬至は南京を食べたらいいといわれています。 さらに  冬至の七種といって 

南瓜(なんきん)、にんじん、きんかん、れんこん、ぎんなん、かんてん、うんどん(うどん)

「ん」が2つつくこれらを食すと病気にかからず、来る年も健やかに過ごせるという言い伝えです。   うどんは運・鈍・根に通じ、出世するのだとか。               (サイト 室礼 冬至の由来より)

柳田國男を読んでいると昔の人は行事を行うとき   大体一週間前に準備を始めたとか。  今日は 冬至の一週間前です。

アドベント クランツ

 ちりめんを習ったのも   小さな手のひらに乗るような季節感が好きだったから

この  運盛りはちょっと大きくて!   リビングのテーブルに置くと    わんこが人参を狙っている!  運が入ってくるように玄関? 思案中・・・・

  • すてきなことを教えていただきました。 -- 2005-12-21 (水) 12:33:06
  • ↑(切れてしまい失礼・・・)来年の健康を祈って早速!わんこは人参が好きなんですか?(笑 -- 2005-12-21 (水) 12:37:11
  • 遅くなりまして。わんこは林檎やきゅうりも好きですが、病気の原因になり 食べさせないようにしています。 -- 2006-01-16 (月) 14:02:15

お名前:

2005-12-01 アドベント クランツ

この季節になると 私の頭の中に 『アドベント クランツに あかりがつくと、 神の子 イエスさまの お誕生が 近くなる・・・』 子どもの歌う声が響いてきます。

うちの子どもが通った保育園はカトリック系. クリスマスは一年の中でも大きな行事でした。

アドベント (Advent) とはキリストの降誕を待ち望む期間の事。 西方教会では、11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)からクリスマスイブまでの約四週間のこと。 日本語では「待降節」または「降臨節」という。

クランツとはドイツ語で「輪」 英語のリースのような意味だそうです。 もみの木で輪を作りそこへ4本のろうそくを立てる。 第一アドベントに1本、第二アドベントに2本、第三アドベントに3本、第四アドベントに4本のろうそくに灯をともす習慣がある。

ろうそくが明るくなって クリスマスが近づいてくる。 そんな風にクリスマスを心待ちにしていたとのこと。

アドベント クランツ

家にある材料に 赤いろうそくを足して、 即席『アドベント クランツ』。 これからいよいよクリスマスに近づいてきます

保育所の方法で 好きだったのは、 飾りを 一度にしてしまうのではなく、 朝に行けば ひとつ飾りが増えていて、 クリスマス会の日に完成させていました。 アドベントカレンダーのような楽しみ方です。

日本的にいうと年末年始の支度も加わり 毎日 クリスマス準備とは いかない気忙しい月ですが

今年はクリスマス準備、小出しにいってみようかなあ、 と思っています。


お名前:

2005-11-11 亥の子の祝い

今日は「鮭」「チーズ」「ポッキー」「煙突」など多くの記念日です。1が四つ並ぶのでいろいろと例えやすいようです。 旧暦の今日は10月10日こちらもぞろめ。 「亥の子の祝い」です。

猪の多産にあやかり、亥の日亥の刻(午後9〜11時) に、新穀で搗いた亥の子餅を食べ、無病と子孫繁栄を祈る そうです。

亥の子餅を作りました。 昔は7種や種という素材を使っていたようですが  今は胡麻、小豆、栗の三色  もしくは牡丹餅

(猪鍋を牡丹鍋といい、亥の子餅が牡丹餅  偶然でしょうか?)

故事にちなんで夜の9時に食べようかと思いますが  太らないように気をつけなければ。

亥の子餅

また今日から暖房器具を出せばよいそうです 「炉開き」

江戸時代には、亥の月の、亥の日から、暖房器具を使うと安全で火事にならないとされました。 根拠はいろいろ・・・

1.亥(イノシシ)は陰陽五行説でいう極陰(水性)にあたり、火難を逃れるという信仰のため。

2.猪が火の神の使いだから

茶道でも「炉開き」だそうです。

うちは次の亥の日にしましょう。

  • アア、形がほんと、亥(イノシシ)にそっくり。縞々にしたら瓜坊そのまま!何ておいしそうな亥の子餅でしょう。慈雨さまは9時にいただいたのでしょうか?御夜食にちょうどいいですね、^^。私は今日炉開きでした。 -- 2005-11-13 (日) 22:41:15
  • うりぼう、かわいいですからね。 -- 2005-11-26 (土) 21:10:34
  • ちょっと失敗気味で でこぼこしてきたので・・・「えい。猪だ」とかたちを -- 2005-11-27 (日) 16:00:47
  • 災い転じて・・・。神戸では六甲山のふもとの住宅地で 普通に 歩いている猪が見られます。 -- 2005-11-27 (日) 16:02:34

お名前:

2005-10-31 ハロウィン

今日はハロウィン。 私の住む街では昨日『ハロウィンフェスティバル』『収穫祭』がありました。

700人以上が参加するといわれる仮装パレード。 子どもは学校で『どんな格好にするの?』 と尋ねられたとか。 我が家は仮装はしませんが、多くの家族・グループの 工夫を凝らした姿を楽しませてもらいました。

魔女の扮装が一番多いですが ピカチュウ、ミスターインクレデブル、などのキャラクター  着ぐるみ、チャイナドレス、ウエスタン、女装浴衣・・・ 高校生ぐらいのお姉さんが化粧濃く扮装すると 仮装というより「コスプレ」

ハロウィン

収穫祭も同時に行われており 各地からの産地直送野菜がたくさん売られていたり  お餅つきや、串焼きなど実演販売など  我が家は もっぱらそちらを楽しみました。

近所にある食品工場から 「製造直送」の格安パン、デザートの販売もあり これは、この島ならではかしら

天気がよく楽しい一日でした。

  • ハロウィンは本来の意味より、なんとなく「収穫祭」と捉えてしまいます。イメージが南瓜をくりぬいた灯りだからでしょうか?楽しいお祭り☆なんていったら、キリスト教徒の方に叱られてしまうかしら?日本人的楽しみ方。 -- 2005-11-01 (火) 22:41:34
  • 収穫祭の要素もあったと思います。クリスマスほどは定着しませんが、実りの秋の行事として日本も楽しんだり、感謝したりしたらいいですよね。 -- 2005-11-11 (金) 16:36:34

お名前:

2005-10-23 灯りの散歩道

今日は霜降です。朝夕に寒さを感じるようになりました。

地域で行われたアートイベントに、子どもが学校の図工の一環として  参加した作品が 展示されることになりました。 タイトルは「灯りの散歩道」 

牛乳パックに絵を描き ろうそくの囲い(ランタン)にしたものを 美術館に続く石畳の道にならべたもの。

キャンドル

夕方から急に冷え込み、ライトジャケットを着込んで出かけました。 寒い空気の中の光の揺らめきはとてもきれいでした。

昨年も同じイベントがありました。 その日帰って聞いたニュースが中越地震。 今日ちょうど一年になります。

灯りの美しさと、あの日に地震があったなという思い。 まだまだたくさんの方が不自由な生活を送られています。

少しでも早い復興を願ってやみません。

  • ランタンはきれいですね。震災にあった人達にとってやさしい冬だといいですね。 -- 2005-10-23 (日) 20:07:04
  • 昨年は豪雪、これから寒い季節に向かうので気がかりです。 -- 2005-10-31 (月) 10:06:01

お名前:

2005-10-15 十三夜

今日は十三夜です。

残念ながら雨模様・・・心待ちにしていた人も多いと思うのですが。

普段の生活で「月が好きなんです」という会話はでてきません。 スヌーピー等は小物を持っていると「スヌーピー好きなんだね」とか タレントや映画音楽などは話題になりやすいけれど。 お天気の話はしても、夜に出るお月様の話しはほとんどない。

ずっと前に「月の本」を買ったとき この本を買っている人はどんな人かな なんて思っていました。

月うさぎ

かわうそ様の本の紹介に同じ本を発見。 しかし、出版社が違う? 私のほうが先に 別の出版社から出たものを買っていたのでした。 うれしくなってしまいました。

こちらのサイトには月が好きな方がいっぱい。

満月だけでなく十三夜もめでる 日本人っていいなあ。

  • ぶ゛あつーい雲に覆われてお月様全くお顔を見せてはくれません。残念・・・ -- 2005-10-16 (日) 00:42:15
  • わたしの生まれた日は「十三夜」でしたよん。だから -- 2005-10-16 (日) 01:01:35
  • し、失礼いたしました。力がこもってしまったのです。続きです。・・ことのほか十三夜が好き。もちろん、お月さま見るのが大好き人間です。不眠症の時にはちっとも辛くなかった。夜空があるからねー。 -- 2005-10-16 (日) 01:05:52
  • かわうそ様はひと時の月をご覧になったようですね。団子は用意しましたが、しっかりとした降りに早々にあきらめた私でした。 -- 2005-10-16 (日) 16:59:27

お名前:

2005-10-10 ふるさとは 祭り

夫の実家からさば寿司が届きました。 播州地方は秋祭りにはさば寿司が欠かせません。

実家の近くの祭りは子ども神輿が出て 「えーいやさー」と掛け声をかけ、村の中を一回りと簡単なものでした。 これが、浜手に行くと祭りへかける思いがぜんぜん違うのです。

有名なのは灘、松原神社の通称「灘のけんか祭り」 子どものころ桟敷で一度見せてもらったのですが 怒号、砂煙、たくさんの人、救急車の音と 恐ろしかったという思いだけでした。

さば寿司

高校生の秋祭りの頃 , 帰りの会の時 ある男子生徒が 「先生、明日は祭りなので休みます。」といったところ、 担任はむっとして 「そんなことが通用すると思っているのか」と怒鳴られました。 (ちょっとした進学校で、勉強の指導は熱心でした)

「祭りに出ないとうちは村八分になります」        彼のその言葉に先生がどう答えたか覚えていませんが, 彼は翌日休みました。 灘地区の人でした。 祭りに熱心になれるのがとてもまぶしく感じました。

もうすぐ、灘の祭りです。 彼は仕事を休んで参加していることでしょう。

ふるさとに,熱い祭りがあるってうらやましいなあと さば寿司を食べながら思い出します。

  • まぁー、おかしら付きなのね?初めて見ます。押し寿司になったサバ寿司はとても高価で思い切って買うのです。これもおいしそうねぇ。今コレステロール対策で青いさかなは率先して食べます。お酢のご飯は健康にも良いわね。羨ましいな。 -- 2005-10-12 (水) 15:34:46
  • 尾頭付きです。目とか少し怖いのですが、まるままの鯖が10匹位並んでいると豪快。田舎風です。 -- 2005-10-15 (土) 13:00:12
  • うちの会社にも、祭りを理由に休む人がいました。最初周りの人間ほとんどが目が・(点)になってしまいました。その後彼には、祭り男のあだ名が付けられた。今年も屋台の上にのるたのでしようか? -- 2005-10-16 (日) 00:48:54

お名前:

2005-10-02 スヌーピー誕生日

今日はスヌーピーの誕生日です。

人生の半分ぐらいスヌーピーが好きだったので、身の回りにはかなりたくさんのスヌーピーがいます。

「ちょっと集まれ」 と集合をかけても これだけ集まってしまいました。 「全員集合」をかけると大変なことになりそうです。

どの位、スヌーピーが好きかというと、子どもの誕生日を10月2日にしようかと思ったくらい・・・・

スヌーピー

一人目がとても難産の末に、帝王切開になったため、二人目はあらかじめ手術ということになっていました。         予定日は10月5日。  医師が「希望の日はありますか?」と尋ねたとき のどの先っぽまで「10月2日」が出掛かりました。

子どもの誕生日を、こんなことで決めるのも後ろめたく感じたため 医師にお任せしました。

子どもの誕生日は9月末になり、家族で祝います。 スヌーピーの誕生日は私ひとり こっそりと祝いましょう。

もう亡くなってしまったけれど シュルツさん        素敵な子どもたちが登場する 大人のコミック「ピーナッツ」をありがとう。

是で良かった。

  • ほのぼのした感じが伝わってきます。そうですか、誕生日でしたか・・・。^^ -- 2005-10-02 (日) 22:33:23
  • ずうっとファンでいることは幸せですが、大人らしくない? -- 2005-10-10 (月) 13:56:40
  • 作家の田辺聖子さんもスヌーピー好きということ、人生の大先輩がいるのが心強いです。 -- 2005-10-10 (月) 13:58:32

お名前:

2005-09-23秋分の日

秋分の日は やはり おはぎ。 子どもの頃、彼岸に作ってもらうおはぎは楽しみでした。 大きくてたくさん山盛り。近所からもおすそ分けで回ってきて。 ご飯におはぎ食べていました。 おはぎに、野菜の炊いたものなどのおかず。 今から考えるとちょっと不思議ですが、 お酒を飲まない、父と祖父はパクパク食べていました。 昼食、夕食と続き、翌日の朝食にはさすがに 「あき」ていました。

もち米がたっぷりあるわけでもなし、 量よりも質で、というわけではないのですが いつもの、餡と黄粉に加えて黒ゴマ、青海苔・・・ 4では数が偶数で落ち着きが悪いのでずんだに挑戦。

子どもに手伝ってもらって。 いろんな形になりました。

おはぎ

おはぎとはいいましたが「ぼたもち」は使いませんでした。 何か、お店で売っている和菓子という感じで。

おはぎとぼたもち、 つぶあんか、こしあんか いろんな説があるようです。

面白いなと思ったのは 春の牡丹餅(ぼたもち) 秋のお萩

夏と冬にも呼び名があるということ。  おはぎはお餅と違って 杵うすで搗かないので ぺったんぺったんと音がしない。  搗いていることを(周囲が)知らない  『搗くを知らず』から

夏は 《夜の船》 着いたのを知ず

冬は 《北窓》  月を知らず

風流ですが、あまり一般には通用しませんね。

  • 慈雨さんこんにちは、おはぎを食べながら、読みました。2005-09-23 (金) 21:59:38みていてちょこっとの文法的誤りを発見しましたので、勝手ながら余分な一文字を削除させて頂きました。文章などに手をつけたわけではありませんのでご容赦を。 --
  • どうして枠が入るのかわからず、いろいろ試したのですが消えませんでした。お手数おかけいたしました。 -- 2005-09-30 (金) 17:08:48

お名前:

2005-09-18 十五夜

一年に一度の七夕や十五夜は天候に左右される行事ですね。 その日が近づいてくると お天気が気になって仕方がない。  残念ながら私の近くは夜には雲が出るよう。

田舎で育った私の家の近くに いっぱいススキが生えていた。                                  秋になると さやさやと 風に揺れる当たり前の風景。

お月見にはやはりススキが欲しい。                                           住んでいる島の中にススキがあるのか、探検にいっておけば良かった。                              花屋さんにススキを見に行くと、お月見セットの中に黄色いまん丸の花。  

本当にお月さんのよう。 『ピンポンマム』                  菊の一種。               一目で気にいってしまった。 お月様の色。

月見

我が家はベランダの向きで早い時間の月が見えない。            部屋に月のみたてを取り込んで ささやかな月見の宴。                           といっても子どもは月より団子かな。

徒然草 百三十七段に

花は盛りに、月は隅なきをのみ見るものかは。 雨に向かひて月を恋ひ、垂れこめて春の行方知らぬも、 なほあはれに情け深し。 ・・・・・・・・・・・

すべて、月、花をば、さのみ目にて見るものかは、 春は家を立ち去らでも、 月の夜は閨の内ながらも思えるこそ、 いと頼もしうをかしけれ。 ・・・・・・・

兼好さんも月が見えない部屋の中からでも月見は楽しめると。

と、これは負け惜しみ。              やはりきれいなお月様を実際に見て楽しみたいです。  気力体力ができれば、近場でやっている観月会に 夜の散歩と洒落こみたいなあ。

各地できれいなお月様が見えますように。

  • ピンポンマムも素的ですね。日本人はえらい。こちらは最高のお月様でしたよ。 -- 2005-09-20 (火) 23:32:49
  • やごろうどんさんの自然豊かな中で見るお月様最高でしょうね!私はマンションの建物の間から見えるお月様です。少しオレンジがかった満月でした。 -- 2005-09-22 (木) 08:44:52

お名前:

2005-09-09 重陽の節供

今日は重陽の節供、菊の節供ですね。 この残暑の中、「菊の花」というのもピンときません。 このずれについて詳しいことは かわうそ様の「暮らしに生かす 旧暦ノート」  72ページに分かりやすく書いてあります! (もちろんこの暦のホームページ内にもありますが、本になるとさらに読みやすいです。・・・・)

また73ページ「元々は一族の長寿と繁栄を祈る行事でした」というところで では敬老の日はこの重陽の節供からきているのかも・・・ と思ったのですが 調べてみると

聖徳太子が四天王寺に悲田院(老人ホームのようなもの)を建立した日 という説が主流のようであとは 養老の滝説があるようです。

ひとつだけ ある花屋さんのホームページに                  敬老の日は重陽の節句からできました。 重陽の節句にちなみ、敬老の日に菊の花を贈りましょう。 そんな趣旨の宣伝がありました。

菊意匠

実際的には今日は救急の日。          

救命ということで命にかかわること。 9月は、9月1日の防災の日。二百十日二百二十日のように台風の厄日。 重陽の節句、敬老の日、お彼岸と     9月は「命、生きること」に関わっている日が多い気がします。

残念ながら先日の台風で高齢の方が多く被害にあわれました。 ずっと昔に中国で始まった「長寿と繁栄を祈る」行事。 今はかたちをすこし変えて考えるきっかけの日になればいいです。   菊の花、咲いていないし・・・・

  • うっかりしてました。そうだ重陽の節句だ。秋の深まりを感じて・・・といいたいところですが、本日は暑さが戻って夏の気温です。2005-09-09 (金) 12:16:24あ、それと本の宣伝ありがとうございます。 --
  • いえいえ、正しい旧暦をしっかり今の世代の人が知り、現代らしく活用できたらいいですね。素晴らしい本です。 -- 2005-09-18 (日) 11:20:50

お名前:

2005-09-04 吾亦紅

月に二回お任せの花の宅配をとっている。 今回は「ガーベラとワレモコ」とカードに書いてある。 「ワレモコ?」

吾亦紅でした。しかし、今までお任せとはいえ、 こんなに洋風と和風の取り合わせなんてなかった。 ちょっと不満に思いながら活けてみると、まあそれほど悪くない。

吾亦紅

吾亦紅のシンプルさのおかげかしら。 でもやはり吾亦紅なら、秋の野の草が一番似合うのだろな。

吾亦紅。 少女時代、漫画で「我も恋う」という表現をみてロマンチックな気分になっていました。 控えめだけど「私も赤い」とちょっと主張しているところ。 シンプルなところで、好きな野草のひとつ。

吾亦紅という漢字だが、語源は諸説あるよう。 又漢方薬であったり、江戸時代には新秋の七草のひとつとされたり。

昔から愛されたきた花。

『吾も亦 紅なりと ひそやかに 』 高浜虚子

大きな台風が近づいています。被害が小さいことを祈ります。 台風が過ぎたら、ガーベラの次の相方になる野の草を探しに行きましょう。

  • 吾亦紅、私も好きです。少しあるだけで「秋だなぁ」と思わせてくれる野草。でしゃばらず、かといって目立たないわけでもない・・・。台風、今鹿児島の沖に進んでいる模様、逸れてくれればいいのに。 -- 2005-09-05 (月) 19:22:14
  • 台風、九州を中心に大きな被害が出てしまいましたね。被災された皆様にお見舞い申し上げます -- 2005-09-09 (金) 10:03:56
  • 吾亦紅は、「変な草」と子供の頃には思っていました(花とは思っていなかった)。雑草と認識していたんです。2005-09-09 (金) 17:38:41それがなんだか「風情のある花」と思える年頃になったときには、雑草としての吾亦紅を野原で見かけることはなくなり、代わって花屋さんで切り花として見かけるようになりました。時代が変わって、なんだかちょっと寂しい気がします。 --
  • えのころ草(ねこじゃらし)も、吾亦紅も、おかしみという点で子供心に残る草でしたね。えのころ草はその辺にたくさんあるのですが。 -- 2005-09-18 (日) 12:40:41

お名前:

添付ファイル: filebe-60613.jpg 2336件 [詳細] filerairakku.jpg 2334件 [詳細] filesakuramoti.jpg 2273件 [詳細] filesyunsetu.jpg 2386件 [詳細] fileazukigayu.jpg 2353件 [詳細] fileunmori.jpg 2351件 [詳細] fileadobent kurantu.jpg 2388件 [詳細] fileinokomoti.jpg 2357件 [詳細] file1030-2.jpg 2332件 [詳細] filerousoku.jpg 2406件 [詳細] filetukiusagi.jpg 2321件 [詳細] filesabasusi.jpg 2313件 [詳細] filekiku.jpg 2388件 [詳細] fileohagi2.jpg 2420件 [詳細] filesunu.jpg 2448件 [詳細] filetukimi.jpg 2471件 [詳細] filewa.jpg 2446件 [詳細]

再読   編集 トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS 投稿用 新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  
Last-modified: Sun, 23 Sep 2007 23:31:00 JST (4041d)