の風のたより・・・岡山県倉敷

〜吉備の国から〜

2005-1-19 癸卯 新春茶香服大会!

茶香服 和束 001.jpg

遅ればせながら、おめでとうございます!!
本年もよろしくお願いいたします。

ところで先日、京都の和束で茶香服大会にはじめて参加してきました。『茶香服』とは、別名、闘茶、茶歌舞伎などとも呼ばれ、室町時代あたりに盛んに行われていたお茶当てゲームです。
この日は、5種類(写真)のお茶を当てる

茶香服 和束 005.jpg

茶香服だったのですが、飲み比べると言うか・・・嗅ぎ分けると言うか・・とにかく、持てる五感全開にして楽しんできました。
主催は和束のJA青年部で、全員お茶関係の方ばかりという緊張ムードいっぱいの真剣な会でしたが、すごくおもしろかったです。
もっとこの遊びが流行ればいいのになぁ〜と思っています。
(て言うか・・流行らせようと目論んでいます。キラリッ!)

  • はじめまして、おめでとございます。^^)茶歌舞伎という名で聞いた事あります。見るのは初めて。桃さんはいくつ当てられたのですか?・・・私なんかきっと最初のと最後のが、もうごっちゃになりそう・・・ -- 2005-01-21 (金) 02:30:44
  • はじめまして、SAYAさん! 点数の計算はご存知かもしれませんが、5種類を5回当てるので、満点で25点です。そして私は13点でした。39人中19位で、まあまあの成績だったようです。このゲームの進め方は、飲むたびに解答の札を入れていかなければいけないので、途中で間違いに気づいても訂正できないんです。もう参加者は、飲むごとに『しもたぁ!』とか、『ちごたぁ!』とか、あちこちで悲痛なうめき声をあげて闘茶を楽しんで(?)いました。 -- 2005-01-22 (土) 09:36:34
  • 点数をつけていくのですか、それは知りませんでした。でも初めてなのに19位なんて、そりゃあ・・・すごいですよ、桃さま! -- 2005-01-23 (日) 01:56:04
  • お茶はみんな同じように思うのですが・・すごい味覚ですね。 -- 2005-01-23 (日) 23:33:28
  • 闘茶は聞いた事が有ります。なかなかすてきな競技ですね。想像していると、お茶の香りや甘さが口の中に拡がって来るような気がします。ああ、一服したい -- 2005-01-25 (火) 00:22:42
  • 初めての参加なのでえらそうなことは言えないのですが、闘茶の決め手は8割が『香り』らしいです。お茶は小さいお猪口の量ほど入っていて、味見程度。でも、香りも味も湯温でガラッと変わるんですよ。まあ、途中で同じお茶でも変化するのでおもしろい遊びでした。ちなみに1位の人は満点でした。すごいなぁ! -- 2005-01-26 (水) 15:47:15

お名前:

2004-11-03 丙戌 わが家にかわいい秋の味覚到来

松茸三兄弟

やったぁ〜、やったぁ〜!

先週、県北の温泉に行く途中、八百屋の店先で奥ゆかしく並んでいるところを見つけました。

少し前から、道の駅などに立ち寄っては松茸を探していたのですが、わたしの『おめがね』(←すごく厳しくてかなり上限額が低いかも・・)に適うものがなく、いつも2万、3万と書かれている値札を見ては体を硬直させていました。

で、『今年もダメかなぁ〜』とあきらめかけていた頃、この出会いは訪れたんですねぇ。

お値段は野暮になるので申しませんが、その店でコサックダンスなら20分、阿波踊りなら40分は小躍りしても良いくらい嬉しかったと、書き添えてはおきましょう。
国産の松茸なんて何年振りかしら・・・ 
取り敢えず、たどれないくらい昔の記憶の喜びを呼び覚ます香りに鼻をくんくんさせながら、噛みしめて味わいました。

(><;) かわうそさ〜ん!!:写真がのっかりません。助けてください。

  • 桃さん、直しておきました。原因は最後の「)」が全角だったことです。2004-11-04 (木) 12:19:13なかなか気付きませんよねこれって。 --
  • かわうそさん、ありがとうございました! やっと松茸が日の目を見たという感じです・・・ -- 2004-11-04 (木) 20:46:27
  • 私にとっての松茸の思い出といえば、本宅(別荘じゃない)のある和歌山のとある山で、松茸を探したこと。2004-11-05 (金) 09:31:20見つけられた松茸は1本だけ(それも小さいやつ)でしたが、帰り際にオマケとして「マムシ」一匹をとらえてきたというものです。松茸の思い出というより、マムシの思い出ですかね? --
  • 私らの住む奥能登の山は、知る人ぞ知る松茸の産地でもあります.昔は、ちょっとキノコ取りに行って偶然松茸に巡り会う確率は結構高かったそうな.でも、せちがらい現在では、所有者のある山には赤いビニール紐がはり巡らされ、無断侵入は出来なくなっているようです.先週の「地物市」では、頑張れば買えないこともない程度の価格で売り出されていましたが、給料日前の金欠状態ではやはり高値の華でしたわ〜. -- 2004-11-06 (土) 14:57:50

お名前:

2004-10-20 壬午 嵐とともに初参上

あわてて避難した柿たち『う〜、危なかったぜぇ!』

はじめまして、倉敷のモモです。

このHPを知り、『おもしろそうだなぁ・・・』と思い、風信のお仲間に加えていただく事になりましたが、初日が台風となり少し複雑な気持ちです (^^; 私自身は晴れ女なのになぁ・・・

さて、岡山は『晴れの国おかやま』とよく紹介される通り、ほんとに災害の少ないところなんですよ。しかし今年ばかりはそうは行かず、台風が何度も上を通り被害も大きいようです。

ほとんどの農家では稲刈りがもう済んでいますが、品種によっては刈り時がまだのものもあり、今こうしている時にも、逃げるに逃げれず泣きそうになりながら風雨にさらされている稲がいるんですよね・・・ それを考えると胸がチクッと痛いです。

窓から見る外の雨角度は200度。ほぼ電線と平行に降っています。 スゴ〜いっ!!
雨量も朝から比べると増えてきたみたい・・・お向かいのウサギ小屋のPちゃんが霞んで見えにくくなっていますから。

1週間ほど前から吊るしていた干し柿も、早々に家の中へ自主避難です
今日は1日、こりゃ読書家なぁ・・・

みなさん、こんな倉敷からの風信ですが、これからもどうぞよろしく!!

P.S. ハンドルネームを何にしようか迷ったのですが、岡山名産の『桃』にしました。岡山の桃はホントおいしいんですよ〜!! 特に今年はここ5年の中で1番おいしいといわれるほどでした。 本当の『桃便り』はその時期にまたくわしくお伝えしますね。

  • New1019から、名前を「風信・桃」にかえておきました。2004-10-20 (水) 17:36:28ついでに画像の方も書き方の間違いを修正しておきました。ご覧下さい。桃さん、これから末永くお願い致します。本日は初登校のお礼のみでした。 --
  • わたしの叔母が清音におりまして。変わり者で意地悪な時もあります。でもご恩もあります。「死んだ」と知らせがあったら何はともあれ飛んで参るつもり。いつも「お天気はどお?」と聞くと「ここは瀬戸内気候だから」との返事。やはり長閑なほうなのでしょうね。でも東京よりも格段に寒い。お大事にね。 -- 2004-10-20 (水) 18:10:14
  • わ〜岡山の方ですね。瀬戸内海の土地では一番思い出が多くて好きなのが岡山です。備前にはよく行きましたし、これからも遊びに行こうと思っています。倉敷はまだ1度だけ。美しい街並が印象的で、またぜひ訪れたいものです。そうそう、桃!今年のは本当に美味しかったです!。 -- 2004-10-20 (水) 19:30:24
  • 桃さん、初めまして。今年は岡山は台風で大変ですね。吊し柿も(こちらでは、干し柿とも吊し柿ともいいます)避難中ですか。これは、乾燥させるまでが難しいですよね。雨が続くと特に。おいしくできるようにお祈りしています。同じ中国地方でも、ここは山陰、雨が多いです。 -- 2004-10-20 (水) 21:57:06
  • 桃さん、こんにちは〜.私は5年程、お隣の広島県で過ごしたことがあり、岡山はいつも新幹線で通過することが多かったです.でも、倉敷には一度「大原美術館」とアイビータウン(でしたっけ?)に行きました.落ち着きのある街並が記憶の底に残っています.うちでは義母が渋柿を木から採り、皮をむき、吊るすのを全部一人でやってしまいます.1日に五百個くらいペロリと仕上げてしまいます.今年は少しお手伝いしようかな. -- 2004-10-21 (木) 09:31:11
  • 干し柿といえば、黒ずんで、表面に白い粉を吹いたようなものが好き。2004-10-21 (木) 12:35:49最上の和菓子の甘さは、干し柿の甘さと聞いたことがありますが、ふむ、なるほど。 --

お名前:

桃の記事・総覧


添付ファイル: file.jpg [詳細] file 001.jpg [詳細] file 001.jpg [詳細] file 005.jpg [詳細]

再読   編集 トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS 投稿用 新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  
Last-modified: Sun, 23 Sep 2007 19:15:46 JST (4017d)