〜風のたより〜 十三夜 (東京都北区)


目 次        閲覧者 総数 202684 / 本日 26 昨日 65

風信十三夜総覧

2011-10-09 熱海「起雲閣」

側を通っていても知らないものです
根津嘉一郎が買ってから増築した部分が特に素晴しい

left.around

玉姫(タマヒメ)は日本の神社建築の特徴と
中国的装飾のアールデコとが彩り

left.around

テラスが美しい。床が日に焼けないようにとタイルに

left.around

玉渓(ギョッケイ)は英国のチューダー
床の間みたいなものに釈迦のレリーフを嵌め込んで
混合されたものからの独特の雰囲気がある

left.around

こちらのテラスは木に鉈あとがある。窓の桟にまで
ゆがみのある大正ガラスも雰囲気を醸して

熱海の宿としてのお風呂も素晴しいものが2つ
そして太宰治、谷崎潤一郎、尾崎紅葉、山本有三、志賀直哉
三島由紀夫、池田満寿夫他が定宿としていた展示も興味深い
庭も良い。お月さまが美しいこんな夜にはここの庭で
風流なことがしたいなぁ〜
熱海に行く時はお立ち寄りを勧めます


お名前:

2011-09-11 「あれから」と「どうなるの」

3月11日から6ヶ月。映像を見るたびに苦しい
9月11日から10年。何度見ても眼を疑う
自然災害と無差別テロ。この先に再発が無いことを願う

我が家ではあれから5回の夏がきた
池袋のサンシャインでかわいらしさに目が止まり買った
「シャムサクララン」が成長し続けて
どうなるのかと思って2年かしら

left.around

始めは4つのハートだったのが今、沢山になり
蔓を伸ばし150造砲覆辰討い

left.around

小さな蕾も出来て。今日咲きました
珍しいものなので見てくださいませ
さて、これからどうなるのでしょう。。


お名前:

2011-08-30 夏の思い出に

left.around

『文化勲章受賞作家の競演』に行きました
素晴しい作品がズラリーー。日本画が大好き
加山又造の黒い牡丹は豪華
棟方志功はきれいで上品。お茶会の絵葉書を買いました
大きな作品が多く見応えがありました
風に秋を感じられました。道端に萩の花発見

left.around

温泉に行きました。前回よりも人出は多い
鯛ご飯のお弁当。孔雀の羽。自分へのお土産です

left.around
left.around

お名前:

2011-08-05 空海

left.around

夫が夏休みを取ったので上野へ
朝早くなのに暑いし人出も多い。混んでいる
空海はどうしてこのように人気があるのだろう
18歳でこれでは物足りないと思うほど
真理を探究したのです。人心救済を希望したのです
大震災のあとのこの日本で空海は求められている
書に優れ、美意識ある書体。会場は国宝が溢れている
京都の東寺だけでなく全国からの宝物がギッシリ
絵葉書も希望したものが完売です
良い時間を過ごしました。又東寺の講堂行きたい


お名前:

2011-07-31 好物

left.around

どういう関係か。次男に北海道の友人がいる
泊まりに来るお礼なのか。毎年贈り物が届きます
彼いわく「東京のウニは良くない。本当を
食べさせたい」ということでわたしはしあわせに

left.around

こういう状態になりご飯の上に。いただきますぅーー
大好きな毛蟹もくださったので、ウフン♪
コレステロールを忘れてイッタダキマゥス〜

left.around

お名前:

2011-07-30 「ほうとう」

こちらは山梨県の食べ物です

left.around

大鍋にイッパイ作りました。舅、姑にも
汗かいて食べているかしら。野菜も多く肉も入り
富士吉田では大きな古民家に120人くらいで
メニューはこれひとつだけ。フーフーしつつ食べてました

left.around

お土産に買ったものには味付けのお味噌が入っていて
それなりの「ほうとう」になりました
これは良い!暑い時こそこれを勧めたい


お名前:

2011-07-23 富士吉田

二胡を弾いてきました。大変だった
足からだんだん西日が上がってきて「足湯」に入ったみたい
いざ演奏となった時に鼓笛隊がやってきて
指がからみました。緊張したわけではないのに良く弾けない
夜に懇親会の最後にみんなで全曲合奏。これは良い出来
こういうものね

left.around

翌日は河口湖方面に観光へ。まず「ミューズ館」
もう感激ものとしか言えません。すごい!!
そしてほうとうを食べました。「多いかな?」と思ったのに
みんなも完食です。お客さまの多いことにもビックリ

left.around

それからオルゴール館へ。箱根ガラスの森と似ている
あとで兄弟館だと書いてあった。良い雰囲気です

left.around

こちらで案内してくださった富士吉田の方々とお別れ
本当に良くして下さった。お返しが出来るのかしら?
演奏は参りましたが成果の多い2日間でした

二胡の沈先生、任先生の偉大さを認識し
練習に一層励むことを心に誓った日になりました


お名前:

2011-07-14 梅雨あけて

暑い毎日。今日は泳ぎました
若いコーチになり細かく指導されて
疲れます。平泳ぎなど息継ぎをもっと素早くと
そうすると泳ぎのピッチも速くなるのよねぇ
(ダッシュになるのですから疲れる〜)

夕方庭にベランダに水撒き。ネット付きの帽子かぶって
瀕死の盆裁がいくつかあって気が気じゃありませぬ
きれいなお月さまが登ってきた
昨日は十三夜。明日は十五夜。大好きなお月さま
でも大潮になると被災地では浸水するところも
どうぞお大事にとお月さまに託します


お名前:

2011-07-07 七夕

今夜はどうでしょうか?
どうもお天気は良くないみたい
でもささやかな楽しみを作って上を向いて
前に進んで行かないと、ね。

わたしにとって初めて人前で二胡を弾く事が
富士吉田で7月23日と決まりました
震災ソングもあります。心を込めて弾こう
富士吉田と甲府と東京の生徒が合奏します

left.around

沈桂栄先生自筆の「武田節」の楽譜
沈先生のソロがあるのだが先日練習中聞いた。すごい!
二胡が詩吟をうなっている。すばらしいです
情熱的な女性ですが二胡も迫力が半端ではない
沈先生の演奏はわたしの先生任祖泉とも違う
任先生は優しくすすり泣く二胡。光がキラキラときらめく
草原に馬が軽やかに走る。風がささやく
沈先生のは沢山の馬が競って走りぬけるようだ
ご夫婦でも違うんだなぁー
二胡の魅力を改めて噛みしめてます
いつか自分の二胡が表現できるのだろうか・・・


お名前:

2011-06-26 初競馬

初めて競馬場へ。大井のトゥインクル
お食事はおいしいし雰囲気も上々
問題は何もわからないこと。どうしようか・・・
仕方無いから馬の体重3桁の数字を足したり
夫は私の誕生日で買ったりとメチャクチャでしたーー
これでは当たるはず、無いわね。お誘い下さった方は
そこそこの良い結果でした。それが一番。でも〜
神様、一つくらい当たりにして良い気持ちにしてぇ〜
最近神様も甘くはありませぬ、ありませぬ


お名前:

2011-06-25 暑くなってきた

これからが思いやられるような急激に暑い日が
梅雨の間に入り込んできた
初めて夜中に汗で着替えた
ベランダに緑のカーテンをやってみた
それが可愛いのです。蔓の先を誘導してみると
「こんにちは 赤ちゃん」♪を口ずさみたくなるほど
2センチほどの赤ちゃんゴーヤが花のところに出来てた
日本人の知恵と努力が必要な時、わたしだって

left.around

先日軽井沢へ行きリフレッシュ
周囲のお家には山野草がズラリ
その中でも本でしか見たことが無かった「ギンラン」が

left.around

プリンスホテルでランチ。雨でなのか貸切状態
おいしくいただきました。コーヒーカップを見ていたのです
小さな声で「オオクラかフカガワセイジかしらね?」
ボーイさんが「オオクラのです。特注品で」ですって
良い色でした!こういうのが素敵なんですよね

left.around

福島県と他の被災地の方にお見舞い
軽井沢で前のお家の庭にあった「わすれなぐさ」を

left.around

お名前:

2011-04-14 福島県

顧客が郡山に。自宅が全損被害に
その家で壁土、壊れた家財に囲まれて
夜には全く眠ることができないと
毎日続く地震。それにも増して原発被害
車のナンバーでひどく嫌われていると
いつになったら夜安心して眠れるのだろう?
いつになれば原発は収束するのだろう?
先が見えないということがこれほどの不安を生むとは

青い空、白い雲、新緑の季節がやって来ている
みんなに暖かいお日さまが注ぎますように


お名前:

2011-04-03 映画

昨年の今日は長男の結婚式。明るい春の日でした
それなのに今日はなんと寒い日なのでしょう
夫が体調不良になっているわたしのために
映画「太平洋の奇跡」に連れ出してくれた
朝10時。100人くらいの池袋の映画館
ほぼ満員でした。大変真面目な良い映画
泣けました

自然災害は恐い。戦争も恐い
人類の英知を結集して同じ過ちをせず努力で乗り越え
必ず復活することを信じて生きてゆきたい

元気を出させてくれる映画です


お名前:

2011-03-15 大震災

あまりのむごさに涙が出てしまいます
原発もどうなるのでしょう
このあとの復興にこの教訓をシッカリ活かして
『未曾有』の事態にも負けない国造りをして欲しい

我が家では庭の灯篭が倒れ欠けました
盆裁鉢がいくつも割れました。生活に支障なし
被災者のご苦労を思うと申し訳ないほどです
どうぞお大切にと祈るばかりです


お名前:

2011-02-13 コトリにトリコ

小さな庭ですが小鳥がやって来ます
雪の日はさぞやお腹がすくだろうと
沢山の剥き粟と鳩餌とパンの耳を切ったものを
餌台に出して待っておりました。やってきた〜

left.around

にぎやかなスズメたち、威張ったヒヨドリ、静かなツグミ
慎重なキジバト、夫婦仲の良いムクドリ、メジロ、シジュウカラ
見飽きないから困ります。夫は写真をジャカジャカ撮ります
それを見せるのですが多い!同じようなのが多い!

left.around

洗濯の合間、部屋の片付けの合間、盆裁の手入れの合間に
わたしもベランダからヒヨへパンの耳を投げるのです
「はい」と言って投げると空中キャッチするのですルンルン♪

夕方ホームセンターへ餌を買いに行くわたしたち夫婦です
あっ、みかんを買い忘れてましたーー


お名前:

2011-01-20 満月の夜に

テレビで「アレ?」となったCM
「満月の夜にロゼを飲むと『恋が叶う』」
エェッーー。そんなー。満月の夜には狼男でしょう。。
と言いつつ、今夜息子は外食なので夫とロゼを飲むか
おつまみは何にしようか?さぁ、買い物に出かけようー

CMの画面下に「1月20日は満月です」とご丁寧なテロップが
今夜は「田村さん」のドラマ。見るために酔ってはならないのだ
二胡の練習は早めにして。次はぶつからないでね


お名前:

2011-01-14 赤福

left.around

大好きな赤福をいただいた
偽証事件から東京ではなかなか食べられない
コネのある方から12個入りをいただく
本当においしいのですから、いつか伊勢神宮へ行き
本店でいただきたいと考えております
ついでと言ってはいけないので・・・
お伊勢さまが第一目的といたしておきましょう


お名前:

2010-12-21 新聞に

left.around

今朝テーブルに新聞が置いてある
夫がわたしに見せようと折って載せている
これはー、やごろうどんさまのーー
かわうそさまが「新聞に掲載の許可を」と
書いていたのを読んだらすぐに、見っけ♪
ちなみに夫はだるま太陽の下の「かわせみ」を
見せたかったのです。でも、心からお礼を言いましたよ
見過ごさなくって良かった。これからも素敵な写真
沢山見せてねぇ、やごろうどんさまぁーー


お名前:

2010-12-20 お月さま

きれいなお月さまです
見ていらっしゃいますか?
同じお月さまをあなたがきっと見ていると
お月さまを見ています
もうじき新年
良い年になりますように

今日は夫の従弟から「ワイン好きな十三夜へ」と
なんと!赤6本、白3本、ロゼ3本が届きました。ありがとぅ
赤用グラスを用意して。さすが良いグラスで飲むと違うのね
これでワインが35本ありますから安心して飲めるぅ。ウフ
はぁ〜。お月さまがきれいな夜は素敵なんです
みんなーー、飲みましょうよぅーー


お名前:

2010-12-10 師走ねぇー

left.around

お歳暮が届いた。赤ワイン2本。
赤い猫がお月さまと星と。栓の下には赤い足跡
白いラベルのは・・うさぎーー。うさぎ好きには堪りません

left.around

お手紙には『新酒を飲むと夜中に赤い猫が鳴きながら屋根を
歩くのが見えるとの民話をもとに作られた
シーニェ・ヴィニュロン(有機栽培の厳しい基準・栽培を守るもの)
一番品質の高い葡萄だけに使用されるシャ・ルージュ』
ラ・パンは『今ブルゴーニュで最も注目の醸造家の造ったもの』
とあります。

この粋なお歳暮は六本木で最新のお店「ぶどう酒食堂さくら」の
オーナーから。さくらは「六本木は入りにくい」という
イメージをなくすため、ガラス張りの明るい店内と会計にしてます
美味しく安く楽しい気さくなお店です。本当にお勧めです
お魚もお肉も野菜もパスタもピザも美味しい調理
タパス(おつまみ)は美味しいし小皿ので500円でした
ワインは決して高価ものを勧めませんでした。ビールも美味しい
スタッフはイケメン揃いでね。アハァ〜〜

left.around

今日は買い物がてら鶯谷の宮川でランチ。
ウナギです。おいしいんです。ひとりで行きましたよ
出かけるから小物もクリスマスにしました。さてどれを
着けて出かけたと思います?決して全部ではありません


お名前:

2010-12-05 椿山荘

野間講談社記念美術館へ。村上豊さん
知らない画家ですので期待しないで(ごめんなさいね)
出かけました。駐車場が無いので椿山荘でランチして
車を置いて行く計画です。椿山荘は小さなお庭ですが
秋そのものに染まっていました。五重塔はお色直し中

アーリー クリスマス を頼みました。美味しい〜〜
ナッツ入りのパンが熱くておいしい〜〜
タマネギのスープはどうしたのか塩辛い!
煮詰まったのでしょうか?パンが無ければいただけない
牛肉は柔らかい、だけ?柔らかければ美味しいでは無いのよ
牛肉の味がしなければいけません。ケーキが美味しいので
満足しちゃいました。でも一流と言われるフォーシーズンズ
少し足りないかも。生意気を申し上げました

ところで美術館。こちらは感激ものです
絵本の挿絵を描いていたらしい。かわいい絵と迫力ある画
画家がいらっしゃいましたが、とても絵とは結びつかない「大人」

left.around

本物には手が出ないでしょうから、絵葉書(グスッ)
明るいかわいいのを差し上げちゃったので黒色系のばかり
女性の身体に月などを加えた墨絵風も大変に素敵
お伽噺の挿絵もすごーーく良いです〜
一度でファンになりました。


お名前:

2010-11-27 続きになります

箱根で鯛ご飯がおいしい「瓔珞」がマイブーム
お弁当を予約しておきお土産に配ります
一度海老名のSAで食べていたら「どこの店のかな?」と
何度も前を通って見る人もいました。(箱根のなのよン♪)
今回は帰路ランチメニューの「すみれ」を食べました
限定20食

left.around

デザートにチーズアイスも。鯛ご飯はお代わりができます

left.around

美味しいですーーー。器も美しく店員さんは優しいし
宿を素泊まりにしてここの夜メニューを食べてみたい〜〜〜


お名前:

2010-11-27 お久しぶりですが

left.around

2日は誕生日なので米沢に行きました。あら、3泊とも雨
福島県境にある白布(シラブ)温泉は素晴らしい
翌日は夫が秘湯の間欠泉に行きたいと、山道を分け入りました
出ないはずのナビが案内をするので信じて進み・・・
あやうく遭難寸前。「車中で寝るの?お菓子があるけれども
水が無いなぁー。雨を集めることになるのかしら?」
なんて考える時がありました。携帯が通じないって、アリ!
最後の日は完璧な「すみれ」のいつものお部屋。言うこと無し

left.around

今週は箱根と熱海。温泉三昧。自家源泉の掛け流し
松茸を食べるのが目的。大変に温泉が良い宿でした

left.around

紅葉がきれいです。今年は遅いです。暖かです
千条(チスジ)の滝に。小さな滝

left.around

お名前:

2010-04-03 結婚のスタート

left.around

「神さまを信じていないから神さまに誓えない」
そんな爆弾発言をした新婦の意向で人前結婚式となり
「皆さまに誓います」でスタート。良い印象を与えました
指輪、キス、フラワーシャワーと笑顔の花嫁です

left.around
left.around
left.around

桜もきれいで花を添えてくれました。お天気に恵まれ
しあわせな二人に親としてもうれしい一日です。


お名前:

2010-03-19 花

left.around

多分猪苗代スキー場の神社の石段の割れ目に生えていた草が
多分これ。姫リュウキンカ。美しい輝く花びら

left.around

椿。これは江戸時代からの大名花。岩根絞。大好きです

left.around

写真には早すぎました。百合椿。咲くと百合形ですのに

left.around

うちには珍しい肥後椿。王冠
あと加茂本阿弥と大きな大きな袖隠が咲いてます


お名前:

2010-03-02 春のお知らせ

left.around

イの一番に咲く桜。色が濃く下向き。寒緋桜
良い花ですねぇ。今が見ごろになってます
庭にはいつもの花たちが咲き始めています。ありがとう

left.around

土佐水木。日向水木も咲き出した

left.around

青い珊瑚礁。下の紺侘介との違いがわかりますか?

left.around

蕾が固いサンシュユ

left.around

お名前:

2010-02-19 淡島ホテル 

さて一番のお楽しみ。評判のイタリアンを選んだディナーです
「鮑ゼりー・しらす・さくら海老・伊勢海老のコンポジション
ルッコラと海草サラダ」はサラダのドレッシングまでおいしいーー
地元ならではの生しらす、生さくら海老は磯の香り
日本人はどうしてこうも伊勢海老が大好きなのか。堪りません

left.around

オニオンスープ
熱々でユックリと楽しみます。

次が本当に感激したパスタ。パスタで?なんて言わせない
今までには無い最高のパスタ。「四種類のチーズで仕上げた
タリアッテレパスタ(ゴルゴンゾーラ・クリーム・グラナバダーナ・タレッジオ)
上のものもチーズです。オレンジ色のも。カリカリしてます。
これがまたおいしい。タレッジオでしょうか。わからないのよ
忘れられないパスタです。また食べたいーー

left.around

「平目のソテー ヴァンブランソース ブラックオリーブの香り」
前のパスタが強烈でしたからあっさり上品な平目はおとなしい
でも平目、やはり大好きなおさかなです

メインディッシュは「牛フィレ肉のグリル 生姜風味の
マルサラソース茸添え」さすがメイン料理です
焼いたお肉の良い香。肉はもうこの味でなくっちゃ、ダメ!
という最高の肉料理です。

そして楽しいデザートになりました。可愛いチョコです
生チョコが3つ。トッピングがお塩・トウガラシ・ピンクペッパー
とうがらし?白のチョコになんとトウガラシ。きれいです
「甘くはないのよ」とチョコが言っていたわ。ハハハ・・・
家でも真似てみよう。おしゃれになりますねー

left.around

これで満腹。階段周りが美術館のようなのです
食後の運動がてら見て廻ります。すごいコレクションです
ところがお部屋に戻りみんなで集まりましたら
三島の「村の駅」で買ってきた『いちご大福』を食べることに
朝摘んだ大きな甘い苺。香りも素敵。皮は薄く柔らかで
ペロリと食べるところが・・・・

きっといつまでも忘れない素敵な旅行
極上な宿 淡島ホテル


お名前:

2010-02-19 淡島ホテル

ここは足りないものが無いのではないのか
非日常がこんなにもうれしいものなのだと教わる
極上な宿。淡島ホテル。

小さな無人島に船で渡り、降りたところは小さなホテル
大理石の冷たい美しいアプローチ。入ると暖炉が暖かな空気を作る

left.around

お部屋へ入り素敵なキーを受け取る。ベランダからは済んだ青い海
ブルー系の色で作られた世界

left.around

海と富士山を眺めながらお風呂へ入る。これって最高!

left.around

2010-01-30 太陽と十六夜

今日は地元のビルの17階におりました
大変に暑いのに暖房が入ってます。窓際は堪りません
スクリーンを下ろして談話してました。しばらくして
スクリーンを上げた時、燃えるような夕日が沈みかけていた
すると先ほどは見えていなかった富士山が夕日の隣に浮かび上がり
その美しい大きな山の形を見事に自慢げに現したのです。

太陽が沈むのは思いのほか速く西の山へドンドン沈みました

それから寄りましたビルの駐車場から今度はなんと!十六夜です
オレンジ色したお月さま。上部に靄のような薄いグレーの雲がかかって
美しさは飛びぬけています。しかもとても大きいのです
月は東に低く堂々と存在を主張してました
今日は良い日です(あまりに美しすぎて写真を忘れました)


お名前:

2010-01-22 開東閣にて

left.around

今日は高輪にある三菱グループの迎賓館「開東閣」へ
この建物の2階でお食事です。すごい、でしょ。ワクワク

left.around

軽く炙ったマグロ 茄子のマリネ。これは最初にガツンです

 開東閣 

left.around

キノコの香るコンソメスープ カプチーノ風。とても熱く出されて

left.around

完熟トマトと蟹肉を詰めた真鯛のパイ。ギュゥッと中身が入っている

left.around

和牛フィレの網焼きと温野菜。タラゴン風味のマスタードが個性的

left.around

温かく柔らかな林檎とレトロなミルクアイス。10時間も煮た
熱々がそのまま出されたみたいな感じ
これにコーヒーと「可愛いフランス小菓子」
全部が美味しいーー。シャンパンと赤白ワインで良い気分ーー
ひとときだけの財閥気分でした。こんな世界もあったのですねー


お名前:

トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS