FAQ 総目次へ


FAQ 暦に関係する言葉と読み

目 次


よく使われる言葉集

こよみのページないで、ごく当たり前に使っていることばをピックアップ。
暦に興味のあるものの中では、常識と思ってしまって読みや解説が無い言葉がありますので、そうしたものをまとめてみました。

言葉 読み 内容
二十四節気 にじゅうしせっき 太陽の運行を元に1年を24に分割したもの。
それぞれに立春、春分、大暑、霜降等々の名前がついている
二十四気 にじゅうしき 二十四節気のこと。昔は二十四気と言うのが一般的だった。
太陰 たいいん 月のこと。お日様を「太陽」というのに対してお月様は「太陰」
太陰暦といえば、「お月様の動き(満ち欠け)」に基づいた暦と言うことになる
雑節 ざっせつ その多くは気候の目安として、暦の上に書き込まれた季節点。
彼岸や八十八夜、土用、入梅などなど。
その多くは日本生まれである。
干支 かんし (じっかん)十二(じゅうにし)を組み合わせたもの。60あることから六十干支(ろくじっかんし)ともいう。甲子、庚申などなど
干支で「えと」と読むこともある。
五行 ごぎょう 森羅万象全てを、「木・火・土・金・水」の5つが混ざり合って出来ているとする古代中国の科学的仮説。
現在はすっかり占いと迷信の世界の住人である。

FAQ 総目次へ


トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS