シケルの風のたより・・・東京都(多摩)

〜中央フリーウェイ−競馬場とビール工場の隣の市から〜
  • 目 次

風信シケル総覧


2004-05-31 梅雨の前に

しばらく前からやらなくてはいけないと思いつつも
面倒が先に立ってどうしても行動に移せなかったもの。
本当は見て見ぬ振りをしたかった・・・ああでもでも。

とうとう年貢の納めどき。
やりましたよ 草むしり

本当にキライなんです。
姿勢が辛いし、虫に刺されるし、手は汚れるし。良いことない。
強いて言えば、すっきり見栄えが良くなって清々しい気分になれる事(?)

我が家は人が一人通れるほどの細い道の突き当たり。
この小道15mが今日の私の担当です(夫は庭を担当)。
15m×両サイドで30mか・・・ はぁ〜めんどくさ。
本当にやる気なしの自分。

でもね、やりだしてしまえばどんどん気分が乗ってきて
いつの間にか没頭してしまうのが庭仕事ってものなんですねー

この小道、ただ今 十薬の花盛り
(十薬:別名ドクダミ。十薬って言う方が風情があるでしょ)。
匂いはくせがありますが、花は清楚で可憐。好きな花です。
でも好きだからって甘い顔をしている訳にはいきません。
この植物は勢いがすごくて、放っておくと後が大変(経験済み)。

花を少しだけ残して、あとは思い切りよく抜く。あるいは切る。
ずぼっ ずぼっ ばっさばっさ
所々に笹が生えているので、これも切る。チョキーン シャキーン
抜いた跡穴にはダンゴ虫達が右往左往しています。
ミミズ様は出てこないで下さい〜と心の中で念じてみる。

−−2時間経過−− 

やっとこ終わりました。
文字にすると全然大変さが伝わらないのが悔しいですが。
ま、兎にも角にも終わり。

あ〜 これでしばらくはやらなくて済む。
しばらくって? 2ヶ月くらいかな〜?
嗚呼 むなしい。

*次回はできれば新しいページにする予定。できるのだろうか・・・

  • ページ分離の話、連絡が遅くなって済みません・・・(内輪ネタ)2004-06-01 (火) 12:58:19十薬の花、私も昨日映しておりました。花の形からか、十種の薬に相当する程の薬草だからか、いずれにせよ言い名前ですね。 --
  • うちも十薬、つまりドクダミが山盛りです。地下茎で広がるから、雨上がりなどに抜くと、どんどん繋がって抜けるので楽しい(笑)。しかし、よく洗って干して煎じると、お風呂に入れるとアトピーに効果があるし、飲むと利尿効果もあり、すごく身体の調子がよくなります。わたくし個人的には健康体なのですが、もっと、すこぶる健康になるっていうか・・。もちろん癖のある味だけど、この効果は大きい! -- 2004-06-09 (水) 11:22:58
  • そうそう、ページの分離って、どうやるのでしょう?私はそれがわからなくて更新しづらいような…(内輪ネタ) ところで、ドクダミは庭にも有ります。他の植物の勢いも凄いので、それほど広がりません〜ってウチは庭と言うより、もはやただの薮ですが。花はけっこう可愛いですね。 -- 2004-06-14 (月) 22:44:27
  • 子鹿さんこんにちは。そうそう。ドクダミは芋蔓式にずずずーっと。ちょっと快感ですよね♪  うさぎさん。ページの分離は簡単です。誰でも出来ます。かわうそさんに「分離したい」と言えばいいのです(本当は自分でやりたかったのですが私には無理でした・・・く〜っ)。 -- 2004-06-15 (火) 15:07:35

お名前:

2004-05-27 ぶらパチ3

そのまま上野公園を突っ切って、芸大前をすぎるとすぐ
谷中霊園です。

一昔前の建物がちらほら残っていて、懐かしい気持ちになります。
「徳川慶喜→」とか「↑長谷川一夫」なんて案内があったりして。
「墓地管理費を未納の方は速やかにお支払い下さい」なんていうのも。
ふふっなんだか笑っちゃう。

で、霊園も終わり目の前には日暮里の駅。
でも、まだまだ。これで終わりではありません。
これから私たちの真の目的地へと向かいます。

まずは駅前の韓国食材店です。
私は「韓国カボチャ」、夫は「マッコリ」を手にレジへ。
思い思いの好きなものを買うのでした。

お次はちょっと歩いて坂の上の佃煮屋さん。
ここのね〜煮豆。とってもとっても美味しいのよぉ。
今日は富貴豆とお多福豆。

ま、今日の買い物はこれくらいで打ち止めにしときましょう。
この日も楽しく美味しくぶらパチしましたとさ。 (おしまい)


お名前:

2004-05-25 ぶらパチ2

湯島天神のワンダーランドを堪能したあとは一路、不忍池へ。
いや、その途中でまた見どころがありました。
お祭り行列のその中に、装束を着けた神官(でいいのかな?)
がお馬でぱっかぱっか。 かなり絵になるお姿です。

でもお馬さんは何やらご機嫌斜めのご様子。
人が2人、暴れる馬を両脇から無理矢理押さえつけています。
神官、危うしっ 落ちたら痛いぞ〜 身体も心も。

そんないらん事を考えながら行列見物している角には、
なんだか美味しそうな和菓子屋さん。
どうしても食べてみたくなって買ってしまったのは「豆もち」。
正方形の、豆大福のあんこが無いやつと思って下さい。

買ってすぐに歩きながらかぶりついてしまいました。
だってーこいういうのは時間が経つと硬くなっちゃうんだもん。
もっちりしたお餅の柔らかいことったらっ。
お豆の塩味ともばっちり合ってます。
口の周りを白くしてごちそうさまでした〜

不忍池
「えーっと三四郎が美禰子さんと出会ったのって不忍池だっけ?」
「それは三四郎池だろ」
「あっそうか」
などと他愛のない会話をしながら池の周りをぶらぶらパチパチ。

睡蓮が咲いているかも・・・と期待していましたが、
まだちょっと(かなり)早かったみたいです。

(まだつづく)

  • 神田も湯島も、私の知らない世界です。私の人生で東京に行ったのは過去2回。1度目は就職してすぐに研修で。正統派お上りさんですので、東京タワーに行きました。2度目は、子どもたちを連れTDLと東京ドームに行きました。もちろん、東京タワーと上野動物園と皇居前で記念写真、という、正統派お上りさん家族です。小説の中やテレビの中だけで読んだり観たりする場所ばかりですが、そうか、おいしいものもあったのですね。 -- 2004-05-25 (火) 23:07:45

お名前:

2004-05-24 ぶらパチ

ぶらパチ って何かご存じですか?
写真好きの人なら知っていると思いますが、
ぶらぶら散歩をしながら、写真を撮ることです。

最近、このぶらパチで東京の雰囲気の良い場所を巡っています。
先日はお茶の水から日暮里まで行って参りました。

湯島聖堂→神田明神→湯島天神→不忍池→谷中霊園てな感じ。

湯島聖堂
お茶の水の駅のほとんどお隣。毎日通勤電車から見ていた立派な塀。
「あの塀の中にはどんなお金持ちが住んでいるんだろう」
と、思っていたら実は湯島聖堂でありました。
知らないって恐い。
中は都心とは思えない鬱蒼とした感じ。夏はさぞ涼しいことでしょう。

神田明神
湯島聖堂の北側、道路を挟んですぐです。
参道の入口脇には、なんとも風情のあるお茶屋さん。
戦前からある建物らしい。
店の奥(地下?)には室があって、そこで麹を発酵させて
甘酒をつくっているのだそうです。
もちろん入って飲んでみました。

なんだかとっても香りが良くて美味しいわぁ。
ちょこっと付いてきたもろみ味噌の美味しさにもびっくり。
おみやげに買って帰りました。ふっふっ

神田明神では、神前挙式の真っ最中。
角隠しの花嫁と紋付き袴の新郎が向かい合って神妙な顔。
三三九度まで見てしまいました。
いいですね〜こういうの。
関係のない参詣の人も皆、祝福の顔です。

湯島天神
なんとラッキーなことに、この日はお祭りでした。
天神周辺には縁日が。 わ〜いっ 縁日大好き。

実を言えば、縁日なんてどこも同じだと思っていたのです。
が、しかし。 地域によって出るお店って違うんですねぇ。
私の地元では見たこともないお店が沢山ありました。

「鳥ステーキ焼き」「本場中国!水餃子」「トルコの味 ケバブ」
(食べ物ばっかり書いてる)
あっ韓国のチャプチェもあったなぁ。
なんて、なんてワンダーランドなんでしょ。

(つづく)

  • シケルさま。わたしのうちでは毎年一月二日は神田明神へ初詣です。だから湯島聖堂も行きます。お参りするのよ。孔子さまの像があったりね。中国人がハンコや筆も売っているの。子供に良い色の石で彫ってもらったの。とても素敵なハンコが届きました。朱肉も良い色でね。オススメですよ。 -- 2004-05-24 (月) 22:13:47

お名前:

2004-05-13 記念日

きのうは我ら夫婦の結婚記念日。
・・・そう。 美味しい物を食べる(べき)日です。
なにしろ一年に一回しか来ないのですから、大手を振って食べられます。

過去には、二人ともすっかり忘れていて、
せっかくのチャンスを棒に振った年もありました。
でも、今年は大丈夫。忘れてなるものか。

で、今年の選択は「お寿司」。
こう言っちゃあなんですが、私の一番好きな食べ物はお寿司です。
しかしいくら好きだと言っても、そうそう食べられるものでもない。
美味しいのはやっぱりお値段もいいですからね。
記念日というのはこういう、「好きだけど滅多に食べられない」ものを
食べる為にあるのです!(力説)

行ったのは、しばらく前から通いだした銀座近くのお寿司やさん。
ここ私は大好き。
お店の人も、佇まいも、味も。
私がお金持ちだったら、毎日でも通いたい。

コハダ 鯵 穴子 鯵(酢締め) 烏賊 蛤
玉子 鯖 わらさ ウニ 葱とろ 紫蘇巻き

う〜 食べ過ぎでしょうか・・・ たぶんそうです。 いやきっとそう。
でも、今度はいつ食べられるかと思うとついつい。

コハダの、銀色に輝くぴかぴかした背中。
鯵の上にちんまりのっている香り高い晒し葱。
ほんの少し炙って香ばしい香りの穴子。
酢締めとは思えない、ねっとりとした舌触りの〆鯵。
最後の〆にふさわしい、すっきりさっぱりの紫蘇巻き。

ああ、ほんとうにほんとうに、本当に幸せでした。
この幸せはサッカーでワールドカップ出場を決めた時と同じかな〜

次の記念日は・・・来月の私の誕生日。

  • おいしいものって、いいですね。私はおいしいものをいただくと、ずっとにこにこへらへら笑っています。昔から「アンタは本当においしそうにものを食べるね」と感心されます。これはきっと、美点ですよね?おかげで体重計はプラス方向にしか動きませんが、おいしいものを食べなくては笑顔も明日への活力も湧いてきません。シケルさん、来月もおいしいものをお召し上がりください。そして、ここで、私たちに言葉で幸せのおすそわけをしてくださいね。 -- 2004-05-16 (日) 21:32:25
  • 来月の記念日、誕生日が何時だか「教えてくれなくてもいいからね」。2004-05-17 (月) 09:14:07あ、でもこの間お菓子もらったからな・・・ --
  • 朧月夜さん。そう、それは誰が何と言おうとも美点です。これからもずーっとそのままでいてくださいね♪体重計に関しては・・・う〜む、何も言えないわたしであった。
    かわうそさん。もうちゃんと教えたからねっ -- 2004-05-24 (月) 17:07:13

お名前:

2004-04-22 ねこを洗う

そろそろ暖かくなってきたので我が家のねこのシャンプーの季節。
寒い間はいいのですが、暖かくなると蚤予防のため洗うのです。
ねこにとっては迷惑な話しでしょうが、しょうがありません。
人間の都合につきあって貰います。

洗うのは夫の役目。
私はお風呂場の戸の外でうろうろするだけ。
みゃぁぁ〜 みゃぁぁ〜 みゃぁぁ〜〜
なんて切ない声で鳴くんでしょう。
こっちまで悲しくなります。

やっと洗い終えて、ずぶ濡れのよれよれになって出てきました。
毛が濡れているせいでいつもよりふたまわりくらい小さくなって。
それがまたよけい哀れに見えてしまいます。

外に出たとたん、ストーブの近くで毛繕いを始めました。
お前、それ全部舐めて乾かすつもり?
ううっ 不憫なやつ。

舐めることに集中しているので、ほっといてやるのが親切というもの。
一時間近くかかってやっと一段落したようです。
乾いた毛は、ふっさふっさして触るのが嬉しい
(・・・と思っているのは人間だけですが)。

またもう少ししたら洗わなくちゃね。
今度も我慢してね。

  • 猫って私の生活に今までいたことがありませんが、猫好きの方に言わせると、もう、あなたがいない生活なんて、っていう感じだそうですね。子どもの頃は犬と暮らしていたので、猫のいるくらしが分からないのですが。あの我が儘なところがたまらなくかわいいそうですが、本当ですか?いつか猫と暮らす日がきたら、ピートって名付けようと思っています。夏への扉を開けてくれそうでしょう? -- 2004-04-24 (土) 17:47:05
  • その昔、猫がいました。ピートではなくピーターというなの雌でした。私の家周辺を縄張りとする野良猫でしたが、賢かったので悪さもしなかったので仲良くしていたら、夜間は我が家を「ねぐら」にするようになり、3年ほど同居(?)しました。今でもかつて住んでいたあたりにピーターの孫や曾孫が住んでいるらしいです。2004-04-24 (土) 23:47:09護民官ピーターも永遠の夏への扉を見つけられたかな。 --
  • 家には元捨て猫ばかり3匹が暮らしています。寒い地方なのが幸いして、犬も猫も近隣のはノミはいません(ゴキちゃんも居ません!)。時々熱湯で絞ったタオルで拭うくらいで済ませています。でもこれから観光シーズンで、連れて来られるペットのノミがうつることは、時々有ります。まあ寒い日に1日外で遊べば居なくなるようです。問題は笹薮にいるササダニ!いったん食らい付いたら、ダニの頭部が皮膚にめり込んで、なかなかとれません。暗い病気も媒介するようです。このダニは人間の小さい子供にも何故かタカるので、ペットと幼児は笹薮に近付かないように! -- 2004-04-25 (日) 00:12:24
  • 猫シャンプー、うらやましお話です.昔東京で一人暮らしをしていた時、大家さんに内緒で飼っていた猫の名前が「いわし」でした.その猫にシャンプー等してあげたことはありませんが、大島弓子の漫画を読んでは毛づくろいする猫の姿を想像していました.今の住まいには、猫をあまり好まない人がいるため、飼えないのです(しくしく).シゲル様、また猫話を聞かせて下さいね! -- 2004-04-27 (火) 10:04:18
  • ごめんなさい、「シゲル」さまではなくて、「シケル」さまでした.お名前間違えまして、本当にごめんなさい. -- 2004-04-27 (火) 10:13:15
  • 朧月夜さん。「夏への扉」今、ぴったりの言葉ですね。お恥ずかしながら私は読んだことがないのです・・・今度挑戦してみよう。ちなみに我が家のネコはあんまり我が儘ではないかも。従順です。犬みたい。飼い易い奴でとても助かってます。かわうそさん、なんで雌なのにピーターなの?うさぎさん、ゴキがいない?あんなしぶとい奴も寒さは苦手なんですね〜ちょっと羨ましいです。いわし猫さん、私もサバの話し読みました。「うんうん、そうなんだよね〜」と頷きながら。遊び道具を真似して遊んでやったらすごく興奮してしまって鼻を鳴らしてました。点が付くと付かないではなんだか全然違っちゃいますね〜私のイメージのシゲルは、坊主頭の少年だぁ。 -- 2004-04-27 (火) 16:36:13

お名前:

2004-04-08 いただきもの三品

先日春らしい品(もちろん食べ物)を頂いたのでその話題を。

桜のジャム
これぞ春っという感じですね。 花びらのジャムです。
色は透明感のあるうす〜い桃色。 とっても可愛らしい色です。
食べちゃいたいくらい(もちろん食べるんです)。

桜の香りってどういうのだろうと思っていたら
まさしく「桜餅」の匂いでした。

ジャムの為にパンを買ってきて、今日の朝食はこれ。
トースターで軽く焼いて、バターを塗り、いざ。
とろ〜りとしたジャムをパンに載せて、
口を大きくあけます(沢山入るようにね)。
はぐっっ もぐもぐもぐ・・・
はぐっ もぐもぐ・・・ 「おいし〜 春だ〜」

蕗味噌
これ大好きなんです。 春のほんの一時味わえるお味です。
それに今年は売られているパックの蕗の薹のお高いことったら。
私は結局一回しかつくりませんでした。
また、各家庭でそれぞれのお味があるので、
「あっうちと違う」なんて言いながら食べるのも楽しみ。

今回頂いたのは、ねっとりなめらかな舌触り。
きっといろいろ手間暇掛けた一品でしょう。美味。

因みに今年の我が家の蕗味噌は、摺った胡桃を入れてみました。
なにかの本で読んで美味しそうだったのでチャレンジ。
かなりいけます。

セリ
只の芹ではありません。 友人が田圃で手ずから摘んできた田芹。
うれしいなぁ。 こういうのは本当に嬉しい。

くれた彼女のおうちではいつも胡麻和えか芥子醤油とのこと。
私は芥子醤油では食べたことがなかったので今回はそうしてみました。
ちょっぴりお出しも入れて、芹と芥子のとがったところを緩和。
いや〜美味しかった。
ありがとうっ ○○ちゃん。

君がため はるの野に出でて若菜つむ わが衣手に ゆきはふりつつ〜

  • おおっ、粋なお友達ですね〜。桜のジャムも蕗味噌も美味しそう。田芹、食べてみたい〜。シケルさん、本当に食べ物ネタが多いですね…(^^; -- 2004-04-08 (木) 17:15:24
  • うちの庭には蕗が出来ます。でも、秋に植木屋さんが歩くから、ここ何年かはふきのとうは少なくって。今年は2回、てんぷらでした。でもやわらかい蕗が伸びだして。今は食べ時。茹でて筋を取り、ごま油できんぴらに。胡麻油は会津若松の満田屋さんのです。かなり美味しくいただけてます。明日は多めに収穫してお知り合いに分けます。ルンルン。。。 -- 2004-04-08 (木) 21:53:08
  • 六条さん、私もう食べ物の事しか書けないかもぉ〜他のネタが思い浮かばない今日この頃。十三夜さんお知り合いに私もなりたい・・・ -- 2004-04-09 (金) 16:02:45
  • アボガドはダメだけど、蕗の薹は大好きです。これを食べると、冬眠から醒めた熊になった気分です。胃袋がしゃきっとします。わが家は酢味噌あえです。子どもたちは苦いからあまり好みませんが、「春の食べ物だから、一口たべなさい」と言っています。私も子どもの頃は嫌いだったかも・・・大人になってから食べられるようになったものは、ミョウガとラッキョウ。匂いのきついものは子供に向かないかもしれませんね。昨日、子どもが筍を掘り出してきて、台所に転がしていました。ああ、どうしよう。米糠をとってくるのは面倒だし・・・でも、食べなくては、と思いながら泥だらけの彼の服を洗いました。シケルさん、筍はお好きでしょうか? -- 2004-04-11 (日) 10:01:51
  • まー。うちで出てくるのは蕗と茗荷。匂いがきついけれども、かなり沢山取れるのよ。前はやはり食べなかったの。今は取れすぎると甘酢につけます。あおうだ。あとね、三つ葉としその葉が少し取れるかなー? -- 2004-04-11 (日) 22:41:02

お名前:

 

2004-04-01 春のサンドイッチ

なにも春限定という訳ではありませんが、
わたしの中ではなんとなく春のサンドイッチをば。
何と言っても「風のたより」なんですし。

まず具の用意。
ハムと。
それと塩とマヨネーズ。あれば粒マスタード。

アボカドは1センチ弱にスライスします。
ケチって薄く切ろうなんて魂胆では美味しいサンドイッチは出来ません。
厚めのアボカドの食感が是非とも必要です。
ハムもパッケージから出してすぐはさめる様にスタンバイ。
マヨネーズの蓋もはずしておきましょう。

具の用意が出来たらパンです。
食パンの8枚切りあるいは10枚切りをトースターで焼きます。
きつね色になるくらい。
因みに必ず温めたトースターにパンを入れること。
パンを入れてから温めたんじゃぁ只の乾燥したパンになっちゃいます。
厳格につくらねば、美味しいサンドイッチは望めません。
食の道は厳しいのです。

焼けたら取り出して、マヨネーズを塗ります。
次にアボカド。またマヨネーズを塗ってハム、マヨネーズ。
アボカドとハムの順番はどっちが先でも構いません(ここら辺はアバウト)。
いちいちマヨネーズを塗るのは、接着剤代わりです。
お好みで塩をぱらぱら振ります。マスタードも。
そうしたらもう一枚のパンを合わせて、楊枝2本で留め、包丁で切ります。
まあ切らなくてもいいんですが、切った方が食べやすいので。

さっ出来上がり。 即食べましょう。
のろのろしている間に、味がどんどん落ちてきます。
食の道は時間との戦いでもあるのです。

いかがですか?
今度のお休みの日にでも是非お試しあれ。

  • アボガド、大好きです。我が家では月並みによくサラダに使います。シケルさんも包丁を持つんですか?だとしたら、嫁サンに欲しい…。(冗談です。当たり前だー) -- 2004-04-02 (金) 08:33:02
  • 六条さんこんにちは♪ アボカドのサラダわたしも大好きです〜我が家ではアボカドと海老のサラダが定番。この組み合わせはgoodです。もしまだでしたら試す価値アリです。ドレッシングはマヨネーズ系がお薦め。六条さんのお嫁さんも悪くないかも・・・ほほっ-- 2004-04-02 (金) 14:54:35
  • アボガドっておいしいんですか?私はかつて「アボガドベィビー」という絵本を読んで、「こんなにパワーが出るんなら食べてみよう」と思って子どもたちと買いに行きました。食べたとたん、「うわぁ、こりゃなんだぁ・・・!」と思いました。それ以来食べたことがありません。人の話によるとおいしいそうですし、この春のサンドイッチは見た目も春らしくていいと思いますが、とてもトライできません。私はお二人のお婿さんになれそうにありません。 -- 2004-04-02 (金) 22:53:15
  • 朧月夜さん、アボカドきらいなんてもったいないよ〜美味しいんですよ。食べ方で味がかなり左右される食べ物だと思います。もしかして只アボカドだけ食べたとか・・・?それだときっと私も食べたくなくなるかも。いつか挑戦してみてもいいかなと思ったら、サンドイッチ試してみてください♪ 美味しいと思ったらお婿さん?-- 2004-04-08 (木) 15:02:06

お名前:

2004-03-29 最近のヒット

胡桃の黒糖衣 読んで字のごとく
剥き胡桃のまわりを黒砂糖でコーティングしたお菓子。
見た目はただの黒い塊。
そう、たとえて言うなら動物のふ○。
でも見た目とは裏腹にこれが美味い。

あまり期待もしないで買ったのに(お土産用にお煎餅を何種類か
買った中に甘い味も入れようと思いなんとなく)、
食べてみたらこれがまたなんとも絶妙の組み合わせ。
初めに考えた人はエライぞ。

オレンジピールのチョコレート
えーっと、これはオレンジピールの細切りに
チョコレートをコーティングしたお菓子。
あれ? なんだかコーティングものが重なってしまった。
(私がコーティング好きというわ訳ではありません。たまたまです)

見た目は小指くらいの太めの小枝。
オレンジの皮の風味とチョコレートの取り合わせは一押しです。
まだ幼稚園に通っている頃から、
この組み合わせは最高だと思っていたワタクシです。年季入ってます。

で、このお菓子はお店によってかなりお味が違うのです。
オレンジピールの苦みを全面に出しているところ、
甘さだけ出しているところ、はたまた柔らかさ重視のところ。
それとチョコレートのコーティングの厚さや甘さと相まって
味&食感は千差万別。

先日、無性にこのお菓子が食べたくなってデパ地下へ。
どの店のを買おうか迷い迷って、違う店のを一つずつ買いました。
こういう食べ比べって大好きです。
家に帰り着くまでずーっと顔がにやけてしまいました。

  • たしか、神戸の方にリンゴの甘煮にチョコをコーティングしたお菓子があって、それが思いのほかおいしかったのを思い出しちゃいました。買いたいのに名前が思い出せないです〜。 -- 2004-03-29 (月) 17:57:28
  • 初めまして。昔、ケーキ屋でバイトをしていました。ショコラオレンジですね。あれは、とーーーっても手間と力と時間がかかるのですよ。でも、おいしいですよね。…始めての書き込み、緊張しました。 -- 2004-03-29 (月) 21:21:59
  • シケルさんは歩く食の文化ですねー。甘党なのでどちらも美味しそうです。でも残念ながら、こちらのデパ地下には売っていなさそう…。胡桃も食べてみたいのですが、オレンジビールの苦味が利いた何がし、う〜〜〜ん。食べてみたい…。 -- 2004-03-29 (月) 23:18:09
  • うちはデパ地下があるような場所すらないのでシケルさんのお話はとても羨ましい限りです^^ -- 2004-03-30 (火) 09:52:15
  • うさぎさん、めえめえさん、六条さん、むらさきさん、やっぱりみんな甘いもの好きなんですね〜♪お会いできる機会があれば是非皆さまにお裾分けして上げたいなぁ。 -- 2004-04-01 (木) 17:24:21

お名前:

2004-03-18 一分咲き

きのう桜が咲き始めました。

通勤に使う駅前には、桜並木がずーっと延びていて
満開の頃は壮観です。
朝に晩に上を見上げては、息を深く吸い込んで
きれいなきれいな花と一緒の空気を味わいます。

春、ほんのひとときのしあわせです。

2004-03-15 ふぐ

本日のお魚。天然の虎河豚二本(築地の単位は本らしい)。

まずはじめ刺身。 皿の模様が透けていない身。薄すぎず厚すぎず。
ぷるんっとした皮の細切り。
紅葉おろしとポン酢で。お好みでアサツキ。
私の唯一のお仕事は、この大根をおろす事でした。
でもでもっ 丁寧な仕事を心がけ、20分は掛かったんですよ〜

次、白子 。 去年までは人数の関係で白子まで調達出来なかったのが
今年は参加者が増えたので、白子の予算確保とのこと。
(増えた中に私もいます)
火鉢の炭でこんがり焼きます。 う〜〜いい匂い。
お煎餅を焼くように香ばしい。思わずよだれが・・・

焼けたら熱いうちに頬張りましょう。
はふっ 「・・・・・・・・」
もう言葉は必要ありませんねぇ。 皆さまのご想像にお任せ。

続いてガラ焼き
骨の付いている身の部分を、炭火で焼きます。
本日のシェフあべちゃんの心づもりでは
この部分も鍋に入れる予定だったらしい。
が、「え〜 がら焼きしないの〜?」のある一人の一言で
あっさり変更されるあべちゃんの予定。

これも白子同様、焼くと香しい良い香り。
焼けたら、さっさと食べます。一人一つ厳守!
両手で持ってしゃぶり食い。
身が・・・身がねぇ・・・違うんだよぉ・・・さぁ想像タイムです。皆さまよろしく。

ここで小休止。
ひれを炭火で炙ってひれ酒を。
あべちゃん曰く。
ひれ酒は酒じゃない。スープだっ
だからじっくり炙ってじっくり浸してエキスを滲み出させるんだっ
(なんだか人が変わったような入れ込みようです。
ひれ酒が大好きなのねあべちゃん)

飲んでみると確かに、良いダシの出たお吸い物のよう。
アルコールもかなり飛んでいるので、私には嬉しいかぎり。

さあ、お次は
まず入れるのは河豚の身、白子、豆腐。
静かにふつふつと湯気の立つ鍋。 しみじみ。 幸せなだなぁ。

しかし、これだけの人数が集まるとそれぞれ好みが違うのが道理。
アルコールで口も滑らかになって来て
「来年は白子はいいからガラ焼きがもっと食べたい」「私はヒレ酒より身がもっとの方がいいな〜」「ねぇねぇ 白子は焼きより鍋だよね」「鍋さぁ早く白菜も入れない?」
自分の希望を口々に言い始める面々。
小さくなって縮こまっているあべちゃん。
そうこうするうち鍋も煮え、口は食べる方に忙しい。 あべちゃん 「ほっ」

〆はもちろんふぐ雑炊
なんとも言えず良いお出しが出てまんなぁ。あ〜満足満足。

・・・とまあ、こんな感じの一夜でありました。
来年はさて、一体どうなることでしょう。   (完)

  • く〜〜〜っ。待っていました、ふぐフグ河豚。いいですねぇ…、ふぐ。ふぐ三昧ですねぇ…。あっ、思わずヨダレが…。ああ〜、食べたいッス。 -- 2004-03-15 (月) 18:12:57
  • いいなああああああ! 河豚は若い時はあっさりしすぎてもの足らなかったけど、今は好きです。「ひれ酒は酒じゃない。スープだっ」と言うのに賛成。美味しいです、あれ。 -- 2004-03-15 (月) 18:38:08
  • 私も14日 『お水取り』の帰りに 河豚をいただきました。 もちろん ひれ酒も 笑。飲んでるときの お雑炊・・美味しいですねぇ -- 2004-03-15 (月) 23:09:36
  • 皆さん、日常的にフグを食べてらっしゃるんですね。羨ましいですぅぅ…。ああ、私もあべちゃんとお友達になりたいっ! -- 2004-03-16 (火) 08:29:53
  • そんな六条さん〜日常的には食べられまへん。私は長い人生の中で2回目です。あまりに嬉しかったので季節に関係ないのに風信に書いてしまいましたよ〜  うさぎさん、初めまして♪スープに賛成と聞いたらあべちゃんが喜びます。他の人は身の方ばかりにご執心だったから・・・  水月さん、こんにちは♪そうっ鍋の後の雑炊は美味しい。特にふぐだとふっくっらした味とでも言いましょうか。ああ又食べたくなって来た・・・ -- 2004-03-16 (火) 14:02:37

お名前:

2004-03-11 春っ!

今日は 春!(びっくリマーク10個くらい付けたい気分)。
誰が何と言おうと正真正銘の春。
コートの要らない季節がやって来ました。
しばらく寒い日が続いたので、「待ってましたっ」の大向こうの声。

私は春になると活動的になります。 でも人によると「なんとな〜く落ち込む」という方もいますね〜
私は秋口、もうすぐ冬がやって来ると思うとどんよりした気分になりますが。

ああ本当に春、待ってましたよ。

  • そういえば昔読んだ本、「自殺となんたら(忘れた)」によれば、自殺の比率が高まるのは秋ではなく、春だとか・・・2004-03-11 (木) 18:03:11季節の話題でした? --
  • 最新の20件、上位に上がってたので、すぐに「あっ。ふぐ! -- 2004-03-11 (木) 19:34:18
  • ふふふふ。またつい習慣でEnter押してしまいました(^^; 続きです。「あっ。ふぐ!」と思ったら、明後日でしたね(^^; こちらも今日は暖かでした。かわうそさん、そんな物騒な話…(^^; -- 2004-03-11 (木) 19:36:40
  • 「春!」をカラーにするのに何度やり直したことか・・・写真を載せる事ができるのは一体いつになることやら。
    六条さんこんにちは♪そう。いよいよ明日河豚です。刺身、付け焼き、鍋らしい。それとひれ酒も。ふっふっふっ 生きていれば月曜ご報告します。(^〜^)   -- 2004-03-12 (金) 14:01:56
  • もしかしたら、シケルさんはご近所でしょうか。 -- 2004-03-12 (金) 14:38:38
  • ごめんなさい。改行しようとしたら、送信されてしまいました。ところで今日は嬉しいことが一つ。早朝の会議に飽きて、ふと外を見ると電柱になんとヒレンジャクが。渡りの途中で姿を見せに立ち寄ってくれたのでしょうか。なんだか、朝から気分がいいです。 -- 2004-03-12 (金) 14:41:47
  • 調布在住さんこんにちは♪私の住んでいるのは、競馬場の調布側ではなく、反対側のお隣です(分かるかな?)。 ヒレンジャクって見たことなくて、どんな鳥なのか検索して写真を見てみました。 いいな〜これの実物を見たのかぁ。因みに最近の私のヒットはジョウビタキの雌を見たことかな。雄も派手で良いですが雌もなかなか。これからもご近所さんで宜しくお願いしますね。-- 2004-03-15 (月) 15:13:13

お名前:

2004-03-09 ハンガー

銀座近くの某所、わたしの仕事場近くの大きな木。
下に針金のハンガーが散らばっています。
一つ、二つ、三つ、四つ・・・

風で飛ばされた洗濯物のハンガー・・・?
いやいや。
上を見上げると、ハンガーをくわえたカラスが。

ニュースの映像では見たことがありますが、本当に針金で
巣作りをするんですねぇ。 ちょっと感動しました。

昔昔、木造だった日本の家も、今はコンクリートで造るのと同じか?

またもや季節に関係ない話題になってしまいました。 嗚呼。
その木の下の植え込みの沈丁花が良い香りを漂わせています
・・・とでも書いておこう。

  • 無理矢理、とってつけた「沈丁花」の話題ですが、そういえば本日「真っ白な沈丁花」を見ました。あんなのもあるんだな。 -- 2004-03-11 (木) 18:01:57

お名前:

2004-02-23 予告

来る3月13日土曜、友人何人かの会費制で「河豚」を食す予定。
早朝築地に赴き、河豚を買う。
こう書くと私が行くように聞こえるかな?
いやいや、そんな。私ごときが河豚なんて買えまへん(免許持ってないもん)。
早起きして行くのは免許持ちのアベちゃん。

あまりにも楽しみなもので、誰かに言いたかったのです。
食べたらまたご報告いたします。

・・・って「風のたより」になってないかも。

  • あっと、「食を通して季節が見える」ってことにしておきましょうね。 -- 2004-02-23 (月) 18:15:02
  • こちらでも、はじめまして。先日の牡蠣と言い、予告のふぐと言い、毎回喉が鳴るおたよりですね。ふぐはやっぱりふぐ刺しでしょうか?(いいなぁ…、食べたい。でも一昨日鰻を食べました♪食べ物自慢大会みたいですね(笑)) リアルな食感のご報告が楽しみです。 -- 2004-02-23 (月) 23:17:23
  • 六条さんこんにちは。本当は私も純然たる季節の話題(お花とか天気とか)を書きたいのですが、どういう訳か思い浮かぶのは食べ物の事ばかり・・・自分という人間を実感するこの頃です。六条さんの風のたよりも待ってますよ♪ -- 2004-02-27 (金) 14:58:14
  • シケルさんも楽しみにしていると言うことで、「六条さん、よろしく」。2004-02-27 (金) 18:11:27投稿者募集中のかわうそでした。 --

お名前:

2004-02-09 食べ方いろいろ

【牡蠣】
外国では、Rの付かない月には食べるな。
日本では、桜が散ったら食べるな。

この季節、グリコーゲンをたっぷりたくわえた牡蠣は正に旬。
・・・と言う訳で、食べました牡蠣。
友人の家で、一斗缶にぎっしり詰まった殻付きの牡蠣食べ放題。

まずはやっぱり、生。
最初の一つは海水の塩味のみ。 ぱくっ
お次はレモンをギュッと絞って つるんっ
ギュッ つるんっ   ギュッ つるんっ  くーーーーーっ うまいぜっ

第二段、殻は開けないで電子レンジへ。
(爆発はしませんのでご安心を)
口が僅かに開くくらいまで加熱します。
同じくレモンで。

これ、私は初めての食べ方でしたがとっても美味でした。
一番好きな食べ方かも。
半生の美味しさが引き立ちます。

最後はお馴染みの牡蠣フライ。
個人的な好みでは、タルタルソースが欲しいところでしたが
あまり我が儘を言うと、次回呼んで貰えなくなるやもしれず。
しかしレモンでも充分美味しゅうございました。

大満足の一夜。
折しも 如月の望月の夜。
西行の有名な歌がありますね。
牡蠣と一緒にするのは申し訳ないので書くのはやめておきますが、
わたしの大好きな歌です。

  • 西行の頃の如月とはちょいと季節が違いますがね。ま、いいか?2004-02-14 (土) 21:11:42ちなみに、かわうそは牡蠣を食べません。嫌いなの。 --
  • こういう旧暦との誤差がある時は、言葉の一致より季節の一致の方を優先させるのが一般的なの?私も書きながら「時期的には全然違うよな」と思いながらも、言葉としては一致していたので書いたのです。こういう時はいつ書くのがいいのだろう? -- 2004-02-16 (月) 16:36:54
  • 揚げ足取りになってしまいました。ご免なさいね。2004-02-18 (水) 06:58:08季節か月の名前かについてですが、この辺は扱いがいろいろになって混乱していますね。いつか、自分の考えを書いてみようとは思います。そのときはよろしく。 --
  • 初めまして、たけまんです。暦を調べていたら目に入ったのでつい書き込んでしまいました。 -- 2004-02-19 (木) 02:38:43
  • 西行の歌「願はくば花のもとにて春死なむその如月の望月の頃」浅学な頭での受け売りでございますが、やはり旧暦の如月ですから今年ならば太陽暦3月6日の望月の没する瞬間を西行は詠んでいます。望月が西に没するその瞬間にひむがしの空にまさに太陽が生まれいづるのです。調べましたら望月は6:10分に没し、太陽は6:05分に日の出です。その瞬間の季節に桜が咲いている。西行の心根の全てがいのち果てるこの瞬間と重なっている。 -- 2004-02-19 (木) 03:05:48

お名前:

2004-02-06 季節感溢れるお食事

「ご報告は後日」 などと書いてしまったので、
悩みに悩んでしまいましたその日のメニュー。
ところが、グッドタイミングで天からの助けが降って参りました。
(日頃の行いは大事ですね)

「今日は、きよ○ に行こう」との有り難い夫のお言葉。
きよ○とは、行きつけの飲み屋であります。

(これで献立に悩まないで済む。注文した品を書けばいいんだ)
悪魔がそっと囁きます。
悪魔さまの言うことは素直に聞くことにしている私であります。

『ある日の献立』
・菜の花のおひたし
・ホタルイカの酢味噌和え
・芋煮汁
・小柱のかき揚げ
・たらの芽の天ぷら
・生ハムサラダ

う〜ん・・・春のはじめにふさわしい献立だなあ(自画自賛)

  • お、良く書いてくれましたね。でも新しい方を上にしたほうが多分読みやすい? -- 2004-02-07 (土) 01:10:03
  • そうだ、上に書くべきだった・・・直してみた。 -- 2004-02-09 (月) 14:58:12

お名前:

2004-02-03 初登校!・・じゃない、初投稿だ!

なんか緊張するなぁ。 他の投稿者の方々の文章は詩の香りがしますね。
私は花より団子のくちなので、内容もその路線で。

「今日の晩ご飯は何にするか?」
日々のわたしにとっての重要決定事項です。

学校給食のように予め献立を決め、それに沿って材料を使い廻す、
或いは「今日は豚肉が安いから肉野菜炒めにしよう」という事はほとんどしない我が 家。
その日、その時食べたいものを食べます。

こう書くと、なんだかすごく堅物みたいですが(美味しんぼうの海原雄山みたいな)、そこはそれ、完璧にそんなことをしていたら家計がもたないので臨機応変変幻自在(?)。

そうこうして供された「その日の夕飯のおかず」それこそが我が家の季節の表れです。
ちなみに昨日の夕飯は・・・う〜ん。 私が出かけてしまったので個々に外食。
それでは一昨日は・・・う〜ん。 その日も私が出かけてしまったので別々。

ま、まずい。 今日こそは季節にも気分にも体調にもぴったり合った夕飯をつくるぞ。
さぁ何にしよう。

ご報告は後日。

  • えーと、その何というか・・・一応知人です。 -- 2004-02-03 (火) 19:37:26
  • 知人? 痴人じゃなくて? ああいけない、笑いをとる場ではないのだここは。 -- 2004-02-06 (金) 14:03:36

お名前:

再読   編集 トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS 投稿用 新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  
Last-modified: Tue, 15 Jun 2004 15:07:35 JST (5514d)