紫式部の風のたより・・・

〜尾張名古屋からの、風のたより〜

風信紫式部総覧


2007-5-22 お茶でまったり

 いつも紅茶を買っているお店が緑茶も扱うようになり「新茶を味わう」
 というテーマでお茶教室を開いたので、参加してきました。

 煎茶を二杯(二煎まで)いただき、最後にほうじ茶をいただきました。
 このほうじ茶は、古くなった煎茶を炒った手作りのもの。
 色が澄んでいて、「香りが立つ」という言葉がぴったりの、何とも言え
 ないいい香りがしました。
 お茶受けは「茶葉の佃煮」。ちょっと不思議な味で、おにぎりにお薦め
 だそうです。レシピは
 お茶がら:60g
 酒   :大さじ2
 醤油  :大さじ2
 砂糖  :大さじ1
 この分量が作りやすいそうです。

 普段は紅茶派の私ですが、こうして日本茶をいただくと、まったりとした
 気分になり、日本人を実感します。

  • 茶葉の佃煮・・なんか体によさそうな気がします。お茶でまったり・・っていいですよねー! -- 2007-05-26 (土) 14:00:31
  • 本当にそう思います。 -- 2007-05-26 (土) 22:30:12

お名前:

2007-5-10 母の句集

 母が俳句を作り始めてからから、40年近くが経ちました。
 80歳になった今も「ボケ防止の為に」と言いながら、同人誌への投稿
 を続けています。

 そんな母が「これまで作ってきた句を形に残しておきたい」と言った
 ことがありました。
 毎年の作句の中から月毎に気に入った句を2,3句選び、その当時の様
 子などを書き添える。
 言うなれば「私家句集」です。私も大賛成しました。

 兄とも相談して、何とか実現させたいと思っています。

  • それは素晴らしいですね。以前姉がタイプの仕事をしていた時にやはり高齢の女性の句集の仕事があり、その素晴らしさに感激していたものです。是非本にしてくださいませ。40年!!こちらもやはり「継続は力」と一言では言えない努力に頭が下がります。見習わないと、ねぇ。 -- 2007-05-10 (木) 16:35:51
  • 我が母ながら、すごいな、と思います。 -- 2007-05-10 (木) 20:41:40
  • 私もへたな俳句を毎日一句と心がけています。ご本になされんことを。 -- 2007-05-11 (金) 20:32:47

お名前:

2007-4-24 新人さん

 4月は「新入生」や「新入社員」を見かける時期ですが、昨日
 私も「新人さん」を見ました。

 場所は名古屋駅の地下街にある喫茶店。
 本屋さんに併設されていることもあって、静かで落ち着いた雰囲
 気が気に入っていて、時々行くお店です。
 そこの店員さんはいつもきびきびしていて、気持ちが良いのですが
 昨日は何となく雰囲気が違っていました。
 4人ぐらいが固まって、話をしているのです。

 どうしたんだろうと思って見ていたら、その中の2人(男の子と女
 の子)は初めて見る顔。入って間もないバイトさんのようでした。
 見るからに緊張した顔で、先輩の指示や注意を一生懸命聞いている
 様子は、「初々しい」という言葉がぴったり。
 特に男の子の方は、コチコチになっているのがよく分かり、微笑ま
 しいほどでした。

 「新人さん」っていつの時代も同じだなと思いながら、ランチを食
 べて帰ってきました。

  • まさにフレッシュマンですものね。 -- 2007-04-25 (水) 10:52:15
  • うちも新入社員を迎えました。23歳。4月2日から仕事でしたが1日に郷里から風邪ひきで帰京。で、病院への送迎。食事の差し入れ、ヒエピタ、ホッカイロ。もう三男が出来たみたいなスタートの日々でした。電話番くらいしかまだ出来ないのですがそれが怖いのねー。事務の雑用を頼むと午後は目が〜〜。かわいいのと厳しくしなければの揺れる気持ちでおります。ハイ。 -- 2007-04-25 (水) 19:16:37
  • 今日、近くのコンビニで、また1人新人さんを見ました。仕事を教える先輩は大変ですよね。 -- 2007-04-25 (水) 19:47:37

お名前:

 

2007-4-15 草取り

 久しぶりに草取りをしました。

   花粉症を口実に草取りをサボっていた間に「敵」は着々と勢力を
 伸ばし、我が家の庭はさながら「雑草園」に成りつつありました。
 このままでは厄介なことになると思い「一念発起」して草取り開始。
 とりあえず、大きく目立つ草だけを抜くことにして、30分程作業を
 しました。

 大きな草を抜くと、当然、それまで目立たなかった小さな草が気に
 なってきます。
 しばらくは草と格闘することになりそうです。

  • うちではハコベがすごいのよ。林状態です。ホトケノザとかヒメオドリコソウとかに混じるんですよね。抜きにくいのです。すごいことになってます。もうウンザリしてます。はじから始めて終わる頃には最初のところにしっかりと雑草が林になってますものね。お互いにがんばりましょう。。。 -- 2007-04-15 (日) 22:06:11
  • 10年前田舎家を買ったときは砂地だった部分も、なぜか緑に・・・。 -- 2007-04-17 (火) 09:06:33
  • 私はドクダミに手こずっています。根の張り方が尋常ではなく、まさに「切がない」という表現がぴったりです。 -- 2007-04-17 (火) 10:24:03

お名前:

2007-3-27 芽吹きの色は赤

 我が家の庭には垣根として「レッドロビン」という木が植えてあり
 ます。この木の新芽は、その名のとおり真っ赤。
 その新芽が充分に伸びた今、21本のレッドロビンの枝先は、赤一色。
 なかなか見ごたえのある風景になっています。

PICT0528_320.jpg

 しかし、こんな状態が見られるのも後僅か。
 新芽の色は徐々に薄れ、すっかり緑に変わる頃、新緑の季節がやって
 来ます。

  • べにかなめと呼んでいるものとおなじかな? -- 2007-03-28 (水) 22:03:19
  • インターネットで調べてみたところ、レッドロビンは「オオカナメモチとカナメモチの交雑種で、西洋紅カナメモチとも言う」と書いてありました。 -- 2007-03-29 (木) 14:16:20
  • ベニカナメモチと同じ(仲間)ですが、見分けはつかないけれども別のものらしい。難しいところですね。 -- 2007-03-29 (木) 14:17:22

お名前:

2007-3-16 包丁を研ぐ

 10日ほど前から包丁の切れが悪くなり始め、そろそろ研がなくちゃ
 と思いながら、面倒くさいのが先に立ってそのままにしていました。
 しかし、ねぎの小口切りがつながってしまうという事態になり、よ
 うやく研ぐ決心(大げさな)がつきました。

 20分ほど研いだ後、ねぎを試し切り(もちろん小口切り)。つながる
 ことなく切れたことを確認して、包丁研ぎ終了。
 準備と後片付けを含めると、40分弱かかりました。

  母にこの話をしたところ、「私は週に一度研いでいる」という返事が
 返ってきました。所要時間は20分ぐらい。
 このくらいの頻度で研いでいれば、切れ味をほぼ一定に保てるように
 思うとも言っていました。

 母を見習って、出来れば週に一度、せめて10日に一度は研ぐようにし
 たいと思った私でした。

  • 私は研ぐ時はいつも茶碗の底で研いでました。(いつも応急処置・・)。中国の包丁は、でかくて上手くできないので人任せ。場数でしょうか。 -- 2007-03-16 (金) 15:13:56
  • あの大きな包丁は、女性の手に余ると思いますが、中国の女性は自分で研いでいるのでしょうか? -- 2007-03-16 (金) 16:47:58
  • 時々道端に包丁砥ぎの人がいて、研いでもらっている人もいますが、自分で研いでいるhito たいです -- 2007-03-16 (金) 20:13:49
  • あれれ・・。自分で研いでいる人のほうが多いみたいです。(失礼しました) -- 2007-03-16 (金) 20:17:21
  • 大昔のことです。末っ子のわたしは母が出かけて留守の間に何故だか「包丁を研ごう」と思い立ったんです。砥石を使う母に大人を見たのかもしれない。そしてみごとに指を切りました。母に叱られ記憶はないのですがどう言われたのかな?と必死に思い出そうとしましたが全くダメです。痛いことと血に驚いて懲りたことのみ。今でも怪我をしない研ぎ器を使います。もしかも錆びにくい包丁です。 -- 2007-03-17 (土) 22:15:03
  • 私は父に研ぎ方を教えてもらいました。30年近く使っている鋼の包丁は、刃が随分細くなりました。 -- 2007-03-18 (日) 10:13:30

お名前:

2007-2-27 雛人形(2)

雛人形

 お雛様の写真です。
 表情はハッキリしませんが、装束の様子は分かると思います。

  • 写真見れてよかった。お書きになってたとおり。30年前とは思えない。装束すばらしい。 -- 2007-02-27 (火) 09:33:54
  • 褒めていただいて嬉しいです。 -- 2007-02-27 (火) 12:02:37
  • ホント30年前とは思えない。ふっくらした顔がかわいらしくて、でもどこか落ち着いた感じのお雛様。いいですね。 -- 2007-02-27 (火) 16:35:41
  • 写真の彩度をほんの少し上げてありますので、実際の色合いより若干明るく映っています。 -- 2007-02-27 (火) 16:51:50
  • あなたのも木目込みなのですね。なんと味わいのあるかわいらしい上品なお雛さまですこと!大切になさってね。 -- 2007-03-02 (金) 17:23:15
  • ずっと大事にしていこうと思っています。 -- 2007-03-02 (金) 18:24:52
    お名前:

2007-2-21 雛人形

 今日、ようやくお雛様を飾りました。
 ここ2,3年、何とはなしに飾りそびれていたので(我が家には女の
 子がいません)、今年こそはちゃんと飾ろうと思いながら、今日ま
 で来てしまいました。
 このお雛様は、結婚する時に両親が持たせてくれた立ち雛で、30年
 近く前のものですが、とても気に入っています。

 平安貴族風の「引き目」に、男雛には横一文字のキリットした唇が
 女雛にはおちょぼ口が描かれた、ふっくらとした顔立ちや、ややず
 んぐり体つきも好きですが、何と言っても心惹かれるのがその装束。
 古い着物の生地が使われていて、そのくすんだ色合いが落ち着いた
 雰囲気を漂わせ、気品のようなものを感じます。

 桃の花の代わりに椿の花を添えて飾りました。

  • まぁー。写真が見たい。わたしも女の子がいません。が、二子の妊娠中、希望を込めてお雛様を思い切って買いました。デパートで一番だった木目込みのもの、の材料を。作ったことが無いのに。それから放っておかれて、木目込みの先生に頼んで、嫌がられて。。。完成したのが買ってから12年目でしたね。お雛様大好きです。うちも飾ろうっと。 -- 2007-02-21 (水) 22:39:40
  • 私は自分のお雛様は無いのですが、娘の初節句に両親が孫の為にと贈ってくれました。ごく一般的なお雛様とお内裏様だけの座り雛ですが、まだ何回も飾る機会がないまま中国に行くことになり、残念ながらお雛様は実家に置いてきました。 -- 2007-02-22 (木) 00:02:26
  • 続きです。・・皆さん是非飾ってください。 -- 2007-02-22 (木) 00:12:36
  • 結婚の時ご両親様が持たせてくださったなんて、すてきなお話です。紫式部さんにも、お母様にも、お会いして、抹茶をいただきたい気分です。 -- 2007-02-22 (木) 10:02:01
  • 実は私、写真のアップをしたことがありません。他の方の風信を見るにつけ、写真を添えてみようかなと思い始めています。 -- 2007-02-22 (木) 10:06:40
  • それでは良い機会ですから。心よりお待ちいたしております。わたしも飾って写真をお見せしたいですー。 -- 2007-02-22 (木) 12:50:00
  • お節介ですが、画像はめ込みのサンプル代わり、一行入れてみました。2007-02-26 (月) 22:34:52場所を変えるなりして、次回からの参考にしてください。 --
  • かわうそ様、ありがとうございました。おかげさまで画像をはめ込んで記事が書けました。 -- 2007-02-27 (火) 09:22:22

お名前:

2007-2-13 口紅

 久しぶりに口紅を買いました。

 週に一度お花のお稽古に出かける以外、あまり外出しないうえに
 家にいるときはリップクリームを使うので、口紅がなかなか減り
 ません。
 今使っている口紅も、いつ買ったのか定かではないほど前のもの。
 さすがに使いづらくなってきました。

 たまには色を変えようかと思ったのですが、結局いままでと同じよ
 うな色に落ち着きました。
 長年使い慣れた色は、なかなか変えられないものですね。

  • うわっ〜、なんかちょっとドキッとしましたよね。お花は何流?義理の母が小原流ですので、若い頃一時期小原流を習ったことがあります。 -- 2007-02-13 (火) 21:58:45
  • 堅実な紫式部さんって感じです。色を変えられないのは私も同じで、気に入っているからということもありますが(大きな声では言えませんが)今では夏も冬も同じ色です! -- 2007-02-13 (火) 22:25:43
  • 流派は小原流。口紅の色は四季を通して同じです。 -- 2007-02-13 (火) 23:17:06

お名前:

2007-2-5  黄電(きいでん)

 「黄電」とは、名古屋で最初に開通した地下鉄の路線(東山線)を
 走っていた車両に付けられた愛称です。
 車両の色が黄一色だったことから付けられました。単純明快です。

 この色を決めたのは、名古屋出身の故杉本健吉画伯。
 暗い地下でも明るく映えるよう「ウィンザーイエロー(菜種色)」
 になったそうです。
 当初は「エメラルドグリーン」も候補に挙がっていたのですが、
 地下鉄が外を走るかもしれないという構想があったため、外の
 景色に溶け込んでかすんでしまう「グリーン」ではなく「菜種
 色」になったのだとか。

 私は高校時代、この地下鉄に乗って通学していましたが、車両
 の色にこんないきさつがあったなんて、まったく知らずに乗って
 いました。

  • 菜種色は黄色でもやさしげですね。健康な卵の黄身は菜種色ですというキャッチフレーズをご近所のたまご屋さんがしてあるんですが、わかりやすい表現です。福岡市の地下鉄は姪浜というところからJRの筑肥線にでるので、地下から外にでてきます。 -- 2007-02-05 (月) 18:43:03
  • 東山線も外を走る区間があります。 -- 2007-02-05 (月) 20:53:04
  • 色のいきさつも、「黄電」という愛称も知りませんでしたー。東山線に乗って初めて地上に出た時は、驚いたと言うかなんか感動したことを覚えています。昔々の話ですが。 -- 2007-02-06 (火) 00:08:26
  • はじめまして。いつも楽しくに読ませて頂いてます。学生時代は東山線で通学していましたが、黄色い電車が来ると「ハズレだ」と思ってました。(車両が古く夏は暑くて騒音が大きいから)こんな素敵ないきさつを知っていたら、きっと「当たり」だと思った事でしょうね。 -- 2007-02-12 (月) 22:17:48
  • ナゴミさん、いつも読んでいただいているとのこと、嬉しいです。「黄電」の話には、この車両にかけた人々の思いが詰まっている気がします。 -- 2007-02-13 (火) 09:26:07

お名前:

2007-1-25 あかね雲

 朝、雨戸を開けた時のことです。

 いつものように空を見たら、そこに「あかね雲」がありました。
 薄い灰色の雲の後ろにオレンジ色に近い赤い雲が重なり、そ
 の背後から光が漏れていて、とても綺麗な光景でした。
 夕焼けに染まる空は何度も見ていますが、朝のあかね雲は初
 めて見たような気がします。

 慌しい朝の時間に、天からの贈り物をもらったような、心に残
 るひと時でした。

  • 空にはいろんな表情があり、あきませんよね。さぞ美しい光だったことでしょう。 -- 2007-01-26 (金) 15:26:50
  • 言葉ではうまく言えない美しさでした。 -- 2007-01-26 (金) 21:15:28

お名前:

2007-1-15 紅茶の時間

 あなたはコーヒー派?それとも紅茶派?
 私は紅茶派です。コーヒーはまったくと言っていい程飲みま
 せん。
 コーヒーの香りは好きなのですが、美味しいと感じたことは
 なく、なにより、コーヒーを飲むと何故か必ず胃の具合がお
 かしくなるのです。一種のアレルギーなのでしょうか?

 朝、一通りの家事を済ませると、私の「紅茶の時間」が始ま
 ります。
 クッキーなどをつまみながら紅茶を飲むその時間は、1日の
 中で一番好きな時間です。

  • よくばりのコーヒー&紅茶派。 紅茶はアールグレイ、オレンジティーが好きです。 -- 2007-01-15 (月) 16:54:06
  • フレーバーティーは苦手です。ダージリンやセイロン等の軽いものが好きです。 -- 2007-01-15 (月) 18:03:23
  • わたしはもっと欲張りで紅茶・コーヒー・日本茶・抹茶そして中国茶が大好きです。このところ健康のためにと毎朝夫が黒豆茶を寝床へカップ一杯。そしてボトルに一日分、作ってくれるのです。だから中国茶が飲めない!!今日は抹茶の初釜でした。お茶の時間は本当にお勧めですよねー。チョコをつまみながらが好きです。 -- 2007-01-17 (水) 18:10:56
  • 抹茶は私も好きです。以前は毎日のように飲んでいましたが、最近はご無沙汰です。 -- 2007-01-17 (水) 21:24:34
  • 抹茶を毎日飲んでいた・・?羨ましい〜!私も昔お茶を習っていた友人に抹茶をたててもらって以来抹茶大好き。アイスクリームも必ず抹茶ってぐらい!でもローズティーも好きで、一番はコーヒーて言ったら怒られる? -- 2007-01-18 (木) 02:24:18
  • 私の母は抹茶を飲むのを日課にしていて、そんな母に育てられた私は、いつの間にか抹茶を飲むようになりました。母は今も毎日、父と二人で抹茶を飲んでいるので、実家へ行くと私もお相伴にあずかります。そして母はコ−ヒー派です。 -- 2007-01-18 (木) 10:36:35
  • 最近はどっぷり和風三昧と、余生(まだちょっと早めだけど)を決め込んでます。お茶にお香に、奥の細道の歌枕を訪ねて、と日本の名所旧跡を楽しみ、句も浮かばない苦しみも味わいながら、今年もまた忙しくなりそうです。5月に松島でお香の集いが開かれます。松島の月を眺めて、お茶を戴くのも、まず心にかけております。なんだか江戸時代にトリップしている気分です。 -- 2007-02-12 (月) 17:23:30
  • 卒論は「小林一茶」でした(はるか昔のことです)。ちなみに母は俳句を趣味にしています。 -- 2007-02-12 (月) 21:38:46

お名前:

2007-1-10 寒の内

 寒に入って今日で5日。冷え込む日が続いています。

 「夏と冬とどちらが好きですか?」と訊かれたら、私は迷わず
 「冬」と答えます。
 北風や氷雨は願い下げですが、晴れた冬の日のキリッとした寒
 さはけっこう好きなんです。
 朝、雨戸を開けた時に流れ込んでくる、冴えた空気の冷たさに
 何か「凛とした」ものを感じて「いいな」と思うのです。

 とは言うものの、暖房の効いた部屋からなかなか離れられない
 私です。

  • DNAルーツ北方系かな?私はロシア系、インド系といわれるこい顔なんです。夏が強いから南方系かも。 -- 2007-01-11 (木) 10:05:00
  • 私は、夏は「青菜に塩」状態になります。そして、クーラーが苦手です。 -- 2007-01-11 (木) 13:18:15

お名前:

2007-1-4 お正月の過ごし方 

 明けましておめでとうございます。
 今年は三賀日とも穏やかな日和に恵まれましたが、どんなお正
 月を過ごされたでしょうか。
 ちなみに、我が家のお正月はこんな具合でした。

 元日:お墓参りに行き、帰りに家の近くの「浅間神社」に初詣
 二日:実家に年賀の挨拶。「金毘羅宮尾張分社」で車のお払い
 三日:夫の母の誕生日を祝う

 これが、十数年来変わらぬ我が家のお正月の過ごし方です。

  • 紫式部さんのお人柄がしのばれます。当方毎年七変化。 -- 2007-01-04 (木) 15:02:08
  • 人込みが苦手で出不精なだけです。 -- 2007-01-04 (木) 20:06:14

お名前:

風信-地域一覧 / 風信-投稿者一覧 へ戻る


再読   編集 トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS 投稿用 新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  
Last-modified: Sun, 30 Sep 2007 01:43:14 JST (4370d)