暦の雑節
 暦には、二十四節気や五節句と言った暦日以外に、生活の中から自然発生的に生まれた民俗行事・年中行事が古くから記されるようになり、これを総称して「雑節」と呼んでいます。
 ここでは主な雑節として
   土用(入)、節分、彼岸(入・中日・明)、社日、
   八十八夜、入梅、半夏生、二百十日、二百二十日
の8種類17日について表示しています。
西暦 2014 年(平成 26 年)の雑節
ご覧になりたい年をどうぞ 西暦 年 (書き換わらない時クリック → )
名称月日内容の解説
冬土用入01 / 17この日から次の立春の直前までが「土用」の期間。 (* 297)
節分02 / 03節分 「季節を分ける」ことから節分という。本来は春夏秋冬全てに節分があるが、現在は春の節分だけを「節分」と呼ぶようになった。かつては大晦日的な意味合いもあり、「鬼やらい」の行事が行われ、「節分の豆まき」として現在にも伝わっている。 (**)
彼岸入03 / 18この日を含めた7日間が彼岸の期間。 (***)
社日(春)03 / 18春分・秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日。生まれた土地の産土神(うぶすながみ)に参拝する日。 (***)
彼岸03 / 21「彼岸の中日」と呼ばれる。古くから「彼岸会」と呼ばれる仏教行事が行われるが、他の仏教国には無い日本独特の行事。
先祖の供養、墓参りを行う慣習がある。 (***)
彼岸明03 / 24彼岸の期間の最後の日 (***)
春土用入04 / 17この日から次の立夏の直前までが「土用」の期間。 (* 27)
八十八夜05 / 02立春から88日目。「八十八夜の別れ霜」等と言われ、遅霜の時期と言われる。また、唄で知られる一番茶摘みの頃でもある。 (**)
入梅06 / 11暦の上での梅雨入り。 (* 80)
半夏生07 / 02梅雨の末期、天地に毒気が満ち、半夏(ハンゲ)という毒草が生ずると考えられた。なお、「ハンゲ」はサトイモ科カラスビシャクとされる。 (* 100)
夏土用入07 / 20この日から次の立秋の直前までが「土用」の期間。酷暑の時期。「土用丑の日」とはこの夏の土用期間中の「丑の日」を指す。 (* 117)
二百十日09 / 01立春から210日目。嵐の襲来する時期として恐れられた。 (**)
二百二十日09 / 11立春から220日目。二百十日同様、嵐の襲来する時期として恐れられた。 (**)
秋彼岸入09 / 20この日を含めた7日間が彼岸の期間。 (***)
秋の彼岸09 / 23「彼岸の中日」。行事は春の彼岸と同様であるが、春の彼岸と区別するため、秋の彼岸と呼ばれる。 (***)
社日(秋)09 / 24春分・秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日。生まれた土地の産土神(うぶすながみ)に参拝する日。 (***)
秋彼岸明09 / 26彼岸の期間の最後の日 (***)
秋土用入10 / 20この日から次の立冬の直前までが「土用」の期間。 (* 207)
表中の注意事項
*
太陽の視黄経によって日付が決まるもの(並記された数字が定義された太陽黄経(度)を表しています)。
**
立春の日からの日数で決まるもの。
***
春分・秋分日付によって決まるもの。
その他の注意
「社日」は、春分・秋分の直近の「戊の日」ですが、戊と戊の中間に春分・秋分が来る場合は直前の戊の日としています(貞享改暦の規定に従って)。

関連するページ

PV ( ) since 2008.7.8